エポックメイキングな大ヒットドラマ「トッケビ(原題)」 日本初放送スタート。面白くて贅沢すぎる傑作!!!

【ライター桂まりの「すきあらば韓流」】

2017年3月22日
1月に韓国での放送が終わり、爆発的人気で視聴率の記録を塗り替えた「トッケビ(原題)」が日本でも放映スタートです!
展開が早く、目の離せない脚本の秀逸さ、俳優たちの演技にもうならされる韓ドラ。続々登場するライジングスターたちからも目が離せなく、蟻地獄のごとくはまってしまう、ヒーリング効果も抜群(?)の韓ドラ作品やスターを、ライター桂まりが、不定期でご紹介いたします!

© STUDIO DRAGON CORPORATION
4年ぶりにドラマ出演を決めた映画で人気の俳優コン・ユが主演。若手の映画女優キム・ゴウンがヒロインというだけでも贅沢なのに、映画のワンシーンのような美しいケベックロケがあったり、映像が終始美しいうえ、台詞もウィットに富んでいて笑って泣ける壮大なスケールのファンタジーラブロマンスものです。
  
  ドラマは、高麗最強の武士だったキム・シン(コン・ユ)が、幼い王の嫉妬から逆賊とされ命を落とす。彼は呪いをかけられ、不死のトッケビ(鬼のような存在)となり、約900年生きて来た。不滅の命を終わらせるために、人間の新婦が必要なトッケビと、自分がその、トッケビの新婦だ、と主張する、キム・シンの正体を見破る少女(キム・ゴウン)の物語です。
  
  このドラマのスポンサーのひとつが、日本の化粧品ADDICTIONで、お馴染みの化粧品がちょいちょい登場するのもうれしい。新世界百貨店のローンチで、ソウルに来ていたメイクアップアーティストAYAKOさんが、偶然マリソルで俳優パク・ボゴムさんを取材するためソウルを訪れていた私を、ローンチイベントに誘ってくれたのですが、なんと、この作品でも魅力を発揮する女優のユ・インナさんも参加。ドラマの大ヒットで、 ADDICTIONの人気にも火がついたそうです。そしてさらに、このイベントに一緒に参加した女優の友人も、小さな役(急に決まったのだそう)で出演していて、トッケビ愛は深まるばかりです。良くできたすばらしい作品なので、絶対に見逃さないで欲しいです!!!
「トッケビ(原題)」
Mnetにて2017年3月17日(金)スタート!
毎週(金)(土)22:00~23:30オンエア
HD / 日本初放送
2016年~2017年 tvN / 全16話 / 各75~90分 / 字幕放送
© STUDIO DRAGON CORPORATION
© STUDIO DRAGON CORPORATION



桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 「病院船」の注目若手俳優、イ・ソウォンさんインタビュー

    音楽番組のMCも務めるなど、若手俳優のなかでも目立った存在のイ・ソウォンさん。「むやみに切なく」などでブレイク。ベテラン、ハ・ジウォンさんや、カン・ミンヒョクさんとの最新作ドラマ「病院船(原題)」では、漢方医を演じ、ドラマの人気とともに、さらに人気急上昇、20歳とは思えない大物注目株です!

    韓流NEWS

    2017年12月9日

  • 「病院船」のヒロイン、ハ・ジウォンさんインタビュー

    アクションものからラブコメまで、幅広く活躍する女優ハ・ジウォンさん。私の韓流ドラマの入り口は、彼女の時代劇「ファン・ジニ」からだったので、どの作品も注目しています。高視聴率、人気ドラマとなった最新作「病院船(原題)」では、初めてのドクター役に挑戦!ハ・ジウォンさんの素顔とは?「病院船」は、早くも日本放映スタートです!

    韓流NEWS

    2017年12月8日

  • 「病院船」で初W主演、カン・ミンヒョクさん(CNBLUE)インタビュー

    「病院船(原題)」最終話の撮影を終え、釜山からCNBLUEの大阪公演に直行、という演技でも、バンドでも大活躍のカン・ミンヒョクさん。ドラマでは、心優しいドクター役がぴったりで好演、ますますファンが増えたのでは?「病院船」は映像も美しく、心温まるストーリー。早くも日本放映が始まるので、見逃さないで!

    韓流NEWS

    2017年12月7日

  • アジア最大級の音楽授賞式2017 MAMA in Japan をレポート!

     なにやら、すごいミュージックアワードがあるというのは、聞いていました。MAMA(Mnet Asia Music Award)が、それです。アジア最大級のK-POP音楽授賞式で、毎年、マカオやシンガポール、香港などで開催されてきました。今年は、ベトナム、横浜アリーナ、香港で開催され話題に。初めてとなる日本での「2017 MAMA in Japan」をレポート!K-POPが国境を超えて支持される、その勢いを体験する華やかなショーでした。

    韓流NEWS

    2017年12月4日

  • 最旬俳優パク・ソジュンさんから目が離せない!

    2012年「ドリームハイ2」でドラマデビュー後、「金よ出てこいコンコン」、「温かい一言」、「魔女の恋愛」、「キルミー・ヒールミー」などで注目され、「彼女はキレイだった」、「花郎<ファラン>」、最新作ドラマ「サム、マイウェイ(原題)」、映画『青年警察(原題)』(この作品で、大鐘賞映画祭と韓国映画評論家賞の新人賞受賞)まで、主演作が大ヒットし、波に乗りまくっている”最旬俳優””プロ胸キュン男”演技派俳優パク・ソジュンさんの抗えない魅力に迫る!

    韓流NEWS

    2017年11月30日

  • 日本デビューした、才能溢れるI'll(アイル)さんインタビュー

    バークリー音楽大学ピアノ科、ソングライティング科で学んだI'llさんが、日本デビュー。デビューシングル「MAYBE WE ARE」は、ミュージシャン、俳優などマルチなタレントとして知られる、兄のMINUEさんによる初のプロデュース作品でもある。心震わす、ボーダーレスなシンガーソングライターに注目!

    韓流NEWS

    2017年11月22日

  • カン・ドンウォンさん、映画『MASTER/マスター』で7年ぶりの舞台挨拶&来日インタビュー!

    9頭身、奇跡のイケメン、世紀の美男といえば、名前があがるカン・ドンウォンさん。韓国映画界のスターとしてトップを走り続けて久しい、別格の存在だ。そんな彼が、『MASTER/マスター』で、『義兄弟 SECRET REUNION』以来、7年ぶりの舞台挨拶でファンの前に姿を現し、ファンにとっては大事件に!舞台挨拶まえに、インタビューにもこたえてくれた。

    韓流NEWS

    2017年11月10日

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords