2020年秋・新鮮でおしゃれ見えするデニムの着こなし方【40代レディース・コーデ】

定番アイテムだからこそ、デニムは選び方や着こなしにアップデートが必要! 今秋アラフォーが狙うべきデニムは? 今季らしい着こなしは? 

①今秋アラフォーが買うべきは「ブルーのダメージデニムパンツ」

【ブルーのダメージデニム】

ウォッシュのきいたデニムのライトブルーは、全身の印象をパッと明るく見せてくれる効果が。合わせるのは例えば、黒のシャツと黒のパンプス。これくらいミニマムな着こなしのほうが、デニム自体のもつ個性が生きてくる。

カジュアル好きの買うべきデニム_1
足首がちらっとのぞくやや短めの丈感も、最近のデニムの特徴。そして注目すべきはタイツとのレイヤード! 膝が破れていもこのテクニックを使えば安心、秋が深まっても寒さ知らず(笑)。おすすめはなじみのいいグレーかブラウン。

デニムパンツ/下と同じ シャツ¥74,000/マディソンブルー ネックレス¥240,000/ヒロタカ 玉川髙島屋S・C店(ヒロタカ) タイツ¥3,500/RHC ロンハーマン(ブルー フォレ) バッグ¥31,000/シジェーム ギンザ(アニタ  ビラルディ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)
カジュアル好きの買うべきデニム_2
ハイライズのやや太めストレートが、誰でもおしゃれ見えを約束。デニムパンツ¥30,000/サザビーリーグ(カレント エリオット)

VARIATION 

やりすぎないダメージ具合と柔らかなはき心地がまさにアラフォー向き!
カジュアル好きの買うべきデニム_3
ダメージ度控えめの一本は、クラッシュが苦手な人におすすめ。デニムパンツ¥26,000/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ(エー・ゴールド・イー) 
カジュアル好きの買うべきデニム_4
わずかにテーパード入りで美脚効果もあり。デニムパンツ¥26,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(ビー サイド) 
カジュアル好きの買うべきデニム_5
ダメージ度が高いものほど、日本の大人ブランドで選ぶのが安心! デニムパンツ¥36,000/ゲストリスト(アッパーハイツ)
【Marisol10月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/徳原文子  モデル/竹下玲奈

②きれいめ派におすすめ「ブルーのダメージデニム」着こなし方

きれいめ派は「カラーレスコーデ」で洗練させて

きれいめ派の成功の秘けつは、あえてカラーレスでモードに着こなすこと。ダメージ多めのデニム選びもポイントに。

Style_1:ネイビーニット×ダメージデニムパンツコーデ

ネイビーニット×ダメージデニムコーデ

シンプルトップス×ダメージ多めデニムで、大人の余裕をアピール

シンプルな黒トップスに特別感を添える、ダメージ度の高い一本。この遊び心が鮮度の高さの秘密。

パンツ¥36,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥32,000/スローン ネックレス¥18,000(アンセム フォー ザ センセズ)・靴¥48,000(ペリーコ)/アマン ストール¥41,000/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥163,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) バッグストラップ¥14,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン)

Style_2:テーラードジャケット×白のバンドカラーシャツ×ダメージデニムパンツコーデ

テーラードジャケット×白のバンドカラーシャツ×ダメージデニムパンツコーデ

ジャケットを加えてとびきりハンサムなデニムスタイルを完成!

リーバイスの501をリメイクした一本を、テーラードジャケット×白のバンドカラーシャツで、とびきりハンサムに味つけ。ダメージデニムが主役だからこそできる思いきった着こなしが、きれいめ派のおしゃれを活性化してくれる。

パンツ¥41,000/ロンハーマン(リダン) ジャケット¥75,000/ドレステリア 新宿店(ハーヴェル スタジオ) シャツ¥39,000/エスケーパーズオンライン(ブーリエンヌ) バッグ¥179,000/ジミー チュウ 靴¥128,000/アパルトモン 青山店(ジャンヴィト ロッシ)

Style_3:ロングジレ×ダメージデニムパンツコーデ

ロングジレ×ダメージデニムパンツコーデ

やられ系デニムがあれば、旬のロングジレが等身大で着こなせる!

大胆にやぶれた膝、切りっぱなしのすそ、ウエスト部分のダメージ。今回選んだ中でも"やられ度マックス"なデニムに、きれいめ派の秋冬の本命アイテムであるロングジレがバランスよく収まって。グレーのタイツを仕込めばダメージ多めでも安心! 

パンツ¥30,000/サザビーリーグ(カレント エリオット) ジ¥81,000(ebure)・タイツ¥4,000(ブルーフォレ)/エブールギンザシックス ニット¥23,000/スローン ピアス¥52,000/ショールーム セッション(マリハ) 2重にしたネックレス¥38,000/ロエフ 六本木店(オート ジュエラー・アキオ モリ フォー ロエフ) バッグ¥68,000/アパルトモン 青山店(メディア) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ)

③カジュアル派におすすめ「ブルーのダメージデニム」着こなし方

カジュアル派は「ボヘミアンテイスト」で旬を満喫

やられ系デニムをカジュアル派がはくには、トレンドのボヘミアンテイストを味方につけて。鮮度と大人っぽさがグッと上昇!

Style_1:コーデュロイのシャツ×ダメージデニムパンツコーデ

コーデュロイのシャツ×ダメージデニムのボヘミアンコーデ

ライトブルーと相性のいいブラウンアイテムをバランスよくちりばめる

ダメージ度控えめな一本は、脚をきれいに見せるやや細身のシルエット。オーバーサイズのコーデュロイシャツ、ボヘミアン調のストールとハット、スエードのパンプスと、デニムと相性のいいブラウンをちりばめて、大人らしく着地させて。

パンツ¥34,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) シャツ¥41,000(フィナモレ)・バッグ¥68,000(プロタゴニスタ)/アマン 帽子¥26,000(ジャネッサ レオーネ)・ストール¥26,000(ペトリュス パリス)/アパルトモン 青山店 ネックレス¥23,000/ショールーム セッション(マリハ) 靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

Style_2:柄シャツ×コート×ストレートのデニムパンツコーデ

柄シャツ×コート×ストレートのデニムパンツコーデ

上級者スタイルが、デニムのダメージ感で力の抜けた印象に

メンズライクなストレートデニムにシルク素材の柄シャツをコーディネート。おしゃれ上級者の着こなしも、デニムのダメージ感のおかげで、どこか力の抜けた印象に。ベーシックなトレンチコートが中和役として活躍。

パンツ¥32,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) コート¥68,000/サードマガジン ブラウス¥42,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(バレナ ヴェネチア) ピアス¥23,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥144,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)

Style_3:ジャケット×フェミニンワンピース×ダメージデニムパンツコーデ

ジャケット×フェミニンワンピース×ダメージデニムパンツコーデ

フェミニンワンピースにレイヤードするなら、カットオフが断然おすすめ!

白のティアードワンピースの下にワイドデニムをレイヤードして、フェミニンなボヘミアンスタイルを完成。カットオフのラフ感が、甘さをほどよくマイナスして。

パンツ¥44,000/プラージュ 代官山店(リ ダーン) ジャケット¥64,000/アパルトモン 青山店(シュタンバウム) ワンピース¥65,000/サザビーリーグ(マーレット) タイツ¥4,000/エブールギンザシックス(ブルーフォレ) ピアス¥24,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 青山店(モダン ウィービング) バッグ¥40,500/CPR トウキョウ(アニタ ビラルディ) 靴¥25,000/フラッパーズ(スペルタ)

【Marisol11月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹下玲奈 構成・文/磯部安伽

④デニムパンツ×ジャケットのハンサムコーデが逆に女っぽい!

■ジャケット×シフォンブラウス×デニムパンツコーデ

■ジャケット×シフォンブラウス×デニムパンツコーデ

透ける素材×暖か素材のミックスで、デニムスタイルを新鮮に

テーラードジャケット×デニムという、秋の定番コーディネート。薄手のニットやシャツを選んでいたトップスを、夏っぽ素材のシフォンブラウスにチェンジ。カシミア100%の秋冬仕様のジャケットと合わせれば、ニュアンスと女らしさ満点の新鮮なデニムスタイルに。

ビューティ&ユース ジャケット¥98,000/エブールギンザシックス パンツ¥31,000/サザビーリーグ(カレント エリオット) バッグ¥100,000/TOMORROWLAND(ワンドラー) インナー/スタイリスト私物

【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 構成・文/磯部安伽

■ロゴTシャツ×ジャケット×デニムパンツコーデ

■ロゴTシャツ×ジャケット×デニムパンツコーデ

ロゴT×デニムのカジュアルな日もグレートーンでまとめて都会的に

あせたグレーのロゴTと、ウォッシュのかかったグレーデニムでワントーン風に。ニュアンスカラーでまとめることで、イタリアンマダムのようなこなれ感が。ガンクラブチェックのジャケットをはおりハンサム度を上げて。

Tシャツ¥12,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(アニービング) ジャケット¥113,000/マディソンブルー ニット¥33,000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) イヤカフ¥20,000/ボウルズ(ハイク) ネックレス¥183,000/プレッド PR(リーフェ ジュエリー) バッグ¥58,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥14,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

【Marisol10月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/石毛のりえ モデル/渡辺佳子

■ツヤブラウス×ジャケット×デニムパンツコーデ

■ツヤブラウス×ジャケット×デニムパンツコーデ

秋冬に欠かせないシンプルな白トップスを、ツヤ素材に更新して

メンズライクなウールジャケットのインナーに選んだ、薄手ニット代わりのライトベージュのツヤブラウスが、秋冬素材に軽やかさと抜け感を加味。シンプルなデニムスタイルながらも、スペシャルに着地して。同系色のカシミアストールとのバランスも◎。

ブラウス¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) ジャケット¥62,000/オーラリー パンツ¥34,000/アパルトモン 青山店(トレーブ) ネックレス¥34,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) ストール¥59,000/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥138,000・靴¥80,000/ジミー チュウ

【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 構成・文/磯部安伽

⑤やっぱり一番使えて映える!ニット×デニムパンツコーデ

■ブラウンのニット×ストール×デニムパンツコーデ

■ブラウンのニット×ストール×デニムパンツコーデ

ダメージデニムをブラウンニットで格上げ

ライトブルーのダメージデニムが、こっくりしたブラウンベースの着こなしに明るさとこなれ感をプラスしてくれる。ハットやストールなどの盛り小物も、カジュアル好きの得意分野。

ニット¥26,000(カオス)・バッグ¥190,000(ザンケッティ)/カオス表参道 デニムパンツ¥32,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) 帽子¥43,000/アッシュ・ペー・フランス(ミュールバウアー) バングル¥19,000/アマン(アンセム フォー ザ  センセズ) ストール¥44,000/エスケーパーズオンライン(ポステレガント) 靴¥90,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

【Marisol10月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/蛯原さん、渡辺さん、竹下さん) 西崎博哉(MOUSTACHE/佐田さん) ヘア/左右田実樹( メイク/小森由貴 スタイリスト/ 石毛のりえ モデル/渡辺佳子

■白Tシャツニットガウン×デニムパンツコーデ

■白Tシャツニットガウン×デニムパンツコーデ

カジュアルなデニムパンツをニットガウンでエレガントに

いつもの白Tシャツ×デニムというカジュアルな出で立ちに、たっぷりとしたニットガウンを羽織ってリッチな女性らしさを醸し出して。

ニットガウン¥42,000/インターリブ(サクラ) Tシャツ¥8,800/スローン デニムパンツ¥21,000/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥63,000/アマン(ア ヴァケーション) ローファー¥19,000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(パスクッチ) チェーンネックレス¥32,000・ネックレス¥37,000/マリハ

撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■黒ブラウス×赤のカーディガン×デニムパンツコーデ

■黒ブラウス×赤のカーディガン×デニムパンツコーデ

赤&黒で大胆に女っぷとりとしゃれ感をアップ!

デニムパンツに黒ブラウスを合わせればシックにみえて、赤カーディガンをはおれば、秋らしさも加味されてしゃれた印象に。

カーディガン¥26,000/スローン パンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ブラウス¥29,000/ADORE イヤリング¥5,891/アビステ バッグ¥19,000/ノーブルコレド日本橋店(クリスチャン ヴィラ) 靴¥14,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

⑥ALL 私物!モデル・竹下玲奈さんお気に入りのデニムコーデ

■ロングリネンシャツ×ヴィンテージデニムパンツコーデ

■ロングリネンシャツ×ヴィンテージデニムパンツコーデ

SHIRT_INSCRIRE

DENIM_Levi's

BAG_Nick Fouquet

SCARF_HERMÈS

WATCH_Jaeger-LeCoultre

BRACELET_ACE by morizane

RING_CHROME HEARTS

SANDALS_PEARL

はき込んだヴィンテージデニムとゴムサンダルの足もとも可愛い。バッグは帽子を買ってきた時についてきた保存袋を活用! 「大人になってきたからか(笑)、最近は前よりも素材がいいものを着たい、と思うように。このシャツは上質なリネン素材で、ほんのり光沢があるのもいい。カジュアルに着くずしても、どこか上品さがキープできるんです」

■ボリューム袖ブラウス×ブラックデニムパンツコーデ

■ボリューム袖ブラウス×ブラックデニムパンツコーデ

BLOUSE_ISABEL MARANT ÉTOILE

DENIM_YANUK 

BAG_CELINE

WATCH_Cartier

EARRINGS_MARIA BLACK

RING_THE LETTERING

SHOES_MUNOZ VRANDECIC

この日は黒デニムを合わせてオールブラックに。「ボトムはやっぱり辛口なものを合わせることが多いです。デニムはもちろん、カラーパンツや、真夏は短パンでも可愛いかも。ボリューム袖がアクセントになるので、シンプルなボトムでも決まりやすくて便利!」
【Marisol9月号2020年掲載】撮影/田形千紘 ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル・スタイリング/竹下玲奈 

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking