美女組No.70 Kei
No.70 Kei
身長:166cm
ご縁あってMarisol美女組で活動させていただけることになりました♡ 日々の仕事に追われ家と会社の往復(出張も・・)ですが、そんな日常の中でも人との出逢いを大切に、ちょっとした幸せや心から楽しいと感じることを見つけたいと思っています。 大好きな海外旅行やファッション、美容や美味しいものなど興味のあることを通じた情報発信をしていけたら嬉しいです。Instagram:@via_keiko717

Marisol11月号 美女組通信「もう一度行きたい!旅の思い出」

神々しい遺跡、感動もののスパ、料理も絶品の旅先へご案内
Marisol11月号 美女組通信「もう一度行きたい!旅の思い出」_1_1
TOPの写真、どこだと思いますか?ハワイ?どこかの南の島?
いいえ、実はカンボジアにあるスパなんです。SPA KHMERは、広い敷地内で花びらやハーブを利用した足湯マッサージ後、個室のビラでカンボジア伝統薬草スチームサウナ・チュポンで血行を良くしてから全身オイルマッサージ&トリートメント。いままで行ったどこのリゾートよりも高い技術を有する感動的なスパ♡

施術後は、室内の素敵なスペースでスイーツのサービスまで!カンボジアのスパはプロのエステシャンまでもが絶賛する、素晴らしい体験が受けられます。
Marisol11月号 美女組通信「もう一度行きたい!旅の思い出」_1_2
コロナ禍でしばらくは渡航も難しいと思いますが・・年に数回海外旅へ出掛けることが楽しみだったわたし。
Marisol編集部より「落ち着いたらもう一度行きたいところはどこ?」との問いかけに、ニューヨークや香港・台湾・シンガポール・ハワイなどツアーを組んで案内したいぐらい大好きな場所も多々ありますが、2年前に初めて訪れた”カンボジア”をおすすめしました。

誌面に掲載されたのは、世界遺産のアンコール・ワット。4時起きで向かったサンライズです。外灯もなく真っ暗な暗闇から・・聖池の水に映る幻想的な逆さアンコールワットの朝焼けはため息もの。
Marisol11月号 美女組通信「もう一度行きたい!旅の思い出」_1_3
アンコール・ワットの頂上にいる女神デヴァターにも会いに行きました。美しい・・!
Marisol11月号 美女組通信「もう一度行きたい!旅の思い出」_1_4
こちらは夕焼けの姿。
Marisol11月号 美女組通信「もう一度行きたい!旅の思い出」_1_5
いまだ謎の多きアンコール王朝最盛期の都跡。アンコール・トムにあるバイヨン観世音菩薩の尊顔・四面顔は圧巻!
Marisol11月号 美女組通信「もう一度行きたい!旅の思い出」_1_6
美しきラピュタの世界、ベン・メリア遺跡。50kmの密林に潜む遺跡を包み込む熱帯樹林は胸に響くものがあります。ここで人々はどのように暮らし、何を感じて生活していたのか。
Marisol11月号 美女組通信「もう一度行きたい!旅の思い出」_1_7
カンボジアへはベトナム・ハノイ経由で入りました。ディナーは、国の平和と繁栄を祈りの神に捧げたアンコール王朝時代の踊り、アプサラダンス。クメール料理とともに鑑賞しました。ショーが終わった後には舞台にあげていただき、お話しすることができたりと・・現地の方達は温厚でとても心優しく、フレンドリーな印象を多く受けます。
Marisol11月号 美女組通信「もう一度行きたい!旅の思い出」_1_8
元フランス領であったため、スパやレストランなどは洗練された雰囲気を保っています。クメール料理は日本人の口に合うものばかり。写真は蓮の葉に包まれたカレー、胡椒がアクセントになったクレームブリュレなどもあり、食事も毎回楽しみでした。

実際に現地へ足を運ぶまではあまり情報がなく、少し不安な面もあったのですが・・治安も良いため、女性旅にも人気だそうで、1人で何度も訪れる方も多いのだとか!

解明を待つ謎多き遺跡もミステリアスで興味深い。親日家が多いことにも驚き、知られざる素晴らしい国だと体感しました。まだまだお伝えしたいことも多いのですが、2年前のカンボジア旅行はInstagramへすべて記録・ご紹介しています。誌面では1枚だけの掲載でしたが、よろしければ旅先での更に奥深い感動のクメール王国をご覧になっていただけたらと思います。

またいつか、楽しく笑顔で多くのものを感じ、視野を広げる旅へ出ることができますように・・旅はリフレッシュの特効薬♡
★写真をClickしていただくとInstagramへ飛びます。数年前からのカンボジアなどへの旅先記録...宜しければご覧になっていただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

What's New

Read More

Feature

Ranking