ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

5千円で究極のスカート発見!老け見えしない大人ピンク 【高見えプチプラファッション #141】

「グロッシー」なツヤの高見えがすごい!久々のお店でみつけた掘り出し物
いつもならこの時期、ショップに並ぶ服の色はもっと暗い色が多いはずなのに、この秋冬は例年よりも店内が明るい気がします。トレンドの影響からか、パステル系のアイテムも多く、ダーク系の中にやさしい色をみつけると、なんだかホッとするんです♪

ミントグリーン、レモンイエロー…明るい色の中で、季節を問わず一番買っている色といえば、ダントツで「ピンク」。特に秋冬のピンクは、落ち着いたダーク系も多いので、着やすいピンクがみつけやすいですよね。今年もプチプラで、かなりの「お宝」を発見してきました↓
アズールバイマウジーのピンクスカート画像
冬映えしそうなピンクをみつけたのは、まさかの若者ブランド「AZUL BY MOUSSY(アズールバイマウジー)」…ここ数年、すっかり遠ざかっていたブランドでしたが、こんなに素敵なスカートがあったなんて!しかも、価格は5,000円程度。

グロッシーな「ツヤ」が魅力的な、マキシスカートなんです↓
アズールバイマウジーのピンクスカート画像
スモーキーな薔薇のような、落ち着いた深い色。控えめなのに、グロッシーなツヤ感で、華やかな存在感もしっかりとあります。「女っぽさ」がちょうどいい!

すっかりピンクだと思っていたら、正式名称は意外にも「ダークベージュ」…それくらい落ち着いた色なので、大人でも抵抗感なく使えるんです。
アズールバイマウジーのピンクスカート生地アップ画像
ちなみに、今年買ったピンクを振り返ると、「スカート」だけで3点もありました。ワンシーズンに1枚買っていたようです!

桜の季節は淡いピンク、真夏には濃いめのちょっぴり目立つ色、そして、秋冬はダーク系。比べてみると、やはり秋冬の渋いピンクが一番使いやすいかもしれません。
ピンクのスカート3点画像
このスカートは、かなり「グロッシー」なツヤが効いています。でも、サテンのような光沢とはまた違い、「オーロラ」のような、光の加減でキラっと輝くツヤが特徴なんです↓
ツヤが少し強いかな?と思いましたが、冬はダーク系のコートも着るので、内側のスカートはこれくらいきれいなツヤ感もアリだな、と思ったんです。色が渋いので、まったく派手な印象はありません。
アズールバイマウジーのピンクスカート生地アップ画像
トロンとした柔らかい素材で、さらにフェミ二ンな印象。なので、同じくツヤ感のある「とろみブラウス」のようなトップスを合わせてしまうと、上下の「ツヤツヤ」でエレガントすぎてしまい、少々「老け見え」する恐れが…華やかなシーンには向いているかもしれませんが、普段に着るなら、別の素材を合わせた方がよさそうですね!
アズールバイマウジーのピンクスカートとツヤブラウスを合わせた画像
合わせるなら、ツヤとは真逆の、マット素材のニットなどのほうが、バランスよく着られます↓「ざっくり」「オーバーサイズ」のような、少しカジュアル感のあるトップスなら、スカートの上品さを落ち着かせてくれるんです。
アズールバイマウジーのピンクスカートとニットを合わせた画像
「ベージュ」名称のピンクなら、差し色のような「ポイント使い」ではなく、デイリーに取り入れて毎日でも着られそう!女っぷりも抜群なので、気分もアガること間違いなしです♪

【Day 1】ダークピンクのスカート×ベージュ系コート

アズールバイマウジーのピンクスカートとトレンチコートを合わせたコーデ
↑もともと「ダークベージュ」という名称のスカートなので、ベージュ系のトップスやアウターに、とても馴染みがいいんです。ただ、それだけだと印象がボヤけがちなので、ブラック系の濃い色を入れて、メリハリをつけるといいですね。

【Day 2】マキシスカート×オーバーサイズニット

アズールバイマウジーのピンクスカートとグレーのニットを合わせたコーデ
↑マキシ丈のスカートの上から、ルーズなニットをバサっとかぶせるだけでも、抜け感のあるフェミニンスタイルに。ブロックヒールのブーツで、甘口スカートの「老け見え」を防止。

【Day 3】ベージュピンクのスカート×ダークブラウン

アズールバイマウジーのピンクスカートとブラウンのニットを合わせたコーデ
↓このピンクにブラウン系を合わせるなら、中途半端な色ではなく、断然「濃い色」がしっくりきます。ダークブラウンなら、スカートの艶をさらに引き立ててくれるんです。

【Day 4】グロススカート×スウェット

アズールバイマウジーのピンクスカートとトレーナーを合わせたコーデ
↓グロッシーで上品なスカートに、あえてカジュアルなスウェットを合わせるのもいいですね。リラックス感のあるトップスで、逆にスカートの女性らしさが引き立ちそうです。品のあるパンプスより、ゴツめのスニーカーで抜け感を。

【Day 5】グロススカート×上品カーディガン

アズールバイマウジーのピンクスカートとカーディガンを合わせたコーデ
↑上品なスカートに、さらに「ラクーン」素材のような女性らしいカーディガンを合わせると、フェミニンな印象が増します。そんな時は、「プリント」や「ロゴ」Tシャツのようなカジュアルなものを入れると、バランスよく着られそうです。

↓薄手のニットならインすることもできます。わたしの身長では、足首まで届くかなり長めの丈でした。ウエストが折りやすいので、トップスをかぶせてしまえば、多少の長さ調節ができそうです!
ピンクのスカート着画
夏にみつけた「THROW」や、そして今回のスカートなど、今年は「シェルターブランド」の魅力を再発見した年でした。ターゲット年齢で区切らずに見てみることも、「お宝さがし」には大事なのかもしれません!
…………………………………………………………………………………………………
★オマケのプチプラ (No.139)★
「まるでこたつソックス/¥1,980」

今わたしは、これを履いて記事を書いています↓その名も、「まるでこたつソックス」…冬の人気商品なので、ご存じの方も多いかもしれませんね!デスクワークをしていると、つま先がキンキンに冷たくなるこの季節、足元の「冷え対策」にはこれが必須なんです。

3足1,000円で、わりといい靴下が買える時代。1足1,980円と聞くと、ちょっぴり高価にも感じます。でも、これならお金を出すのも惜しくはない!本気で足の冷えをどうにかしたい時、この靴下は救世主になるかもしれません♪
まるでこたつソックス画像
「こたつ」というだけあって、かなりの厚手。靴下を2重、3重に履いたような感覚です。生地の厚みや、保温・発熱素材という点も、あたたかい理由ではありますが、秘密は「ツボ」。特許を取得したという、足首にあるツボを「温熱刺激」する製法で、じんわりとあたためてくれるんです。

血流が集中して流れる足首をあたためると、「冷え」に効果が期待できるとか(商品ホームページより)。足首の両サイドに付いた、特殊加工の丸い部分が、ツボに当たる設計になっています↓
まるでこたつソックス中身画像
短い靴下かと思いきや、最長まで伸ばして履くと、ヒザくらいまで伸びるんです。なので、「ふくらはぎ」を丸ごとカバーできる点も、あたたかさのポイント!

ロングスカートやワイドパンツの下に履けば、足元は普通の靴下のようにしか見えないので、外出時にも使えます。ただ、かなりの厚手なので、普段履いているシューズでは入らない可能性も…わたしは、靴下を履くことを想定して、サイズを上げて買ったローファーやスニーカーに合わせています↓
メゾンスペシャルのバッグをブラウンに合わせたコーデ
女性用だけかと思いきや、意外に「メンズ用」もあるこの靴下。これからの寒い季節、気軽なプレゼントとして喜ばれるかもしれませんね♪(記載した効果は、個人の感想です)
  • 美女組 Akane
  • 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。

What's New

Read More

Feature

Ranking