かぶるだけでこなれ感が生まれる!アラフォーに似合うキャップ選びのポイント

久しぶりにトレンドに戻ってきた、今の私たちに似合うシックなキャップで、カジュアル化するコーディネートにひとひねり。

Cap/キャップ

表情のある起毛素材やシンプルなロゴでこなれ感アップ。大人向きのボーイッシュな遊びをさりげなく。

ベージュのキャップ×ベージュのフーディコーデ
ベージュのキャップ×ベージュのフーディ×チェックのパンツコーデ
ワントーンでなじませるとうまくいく。

帽子¥13,000/ウィム ガゼット青山店(ザ アカデミー ニューヨーク) フーディ¥11,800/ナノ・ユニバース(チャンピオン×ナノ・ユニバース) 中に着たノースリーブカットソー¥14,000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥22,000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) ピアス¥30,000/イセタンサローネ  東京ミッドタウン店(カラットアー) バッグ¥155,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 靴¥19,000/シードコーポレーション(ヴェジャ)

 VARIATION 

キジマ タカユキのキャップ
白に近いニュアンス色のシャギー素材が顔まわりを明るく見せて。¥14,000/キジマ タカユキ
マイカ アンド ディールのキャップ
フロントはシンプルで、後ろに控えめなロゴがオン。¥4,200/マイカ アンド  ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) 
ダントンのキャップ
髪になじむブラウン。今年のニュアンスカラーやデニムブルーと相性最高。¥5,800/ダントントウキョウ(ダントン)
【Marisol12月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/Dai Michishita メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/RINA 取材・文/陶山真知子

What's New

Read More

Feature

Ranking