毎日使いたいプチプラコスメ。パラドゥのアイシャドウとクレンジングミルクが優秀すぎる【マーヴェラス原田の40代本気美容 #338】

デイリーメイクに活躍する煌めきアイシャドウと、気持ちいいほどスパッと落とせるクレンジングミルク。近所で気軽に買える美容の小さな楽しみ・コンビニコスメのパラドゥから、新作アイテムをご紹介します!
パラドゥのプチプラな新作アイシャドウ

単色アイシャドウって、難しい。1色だとアイメイクがなんだか成り立たない気がして、セットで使う色が欲しくなったり。それでいながら、どの色と組み合わせたらいいのかまた迷ったり。きれいな色!というだけで衝動買いすると、結局使わないでお蔵入り……なんていうことも。

そんな私のぼやきに同意してくださった方におすすめしたいのがこちら。パラドゥの新作アイシャドウです。少し前にご紹介したネイルなど、パラドゥは限定品をちょくちょくリリースしているのですが、こちらは定番としてリリースされたもの。だから、デイリーで愛用できるよう考え抜かれた“使える”3色での発売です。

処方にも、毎日使いたくなるこだわりが詰まっています。見た目はけっこうキラキラして見えますが、とても透明感のあるラメを採用しているので白っぽくなったり妙にギラついたりせず、繊細な輝き。大人の目もとに“ちょうどいい”華やかさと明るさをプラスできます。

パラドゥの新作アイシャドウ

パッケージにも、メイクした時のイメージが湧きやすいキーワードが。テスターのないコンビニ専売品ゆえかもしれませんが、この心配りもありがたい。ちょっと1色ずつ見ていきましょう。

パラドゥのプチプラな新作アイシャドウのゴールド

ひとつめはゴールド。3色の中で最も大粒のラメが配合されています。透き通る煌めきは、まぶたの立体感出しにぴったり。オフィスメイクにちょっと重ねて、プライベートモードへのメイクチェンジにも役立ちそう。

パラドゥのプチプラな新作アイシャドウのピンク

ふたつめはピンクフェミニンだけど子供すぎない色味とシルバーラメで、腫れぼったさが出る心配はなし。涙袋にのせて、うるんだ瞳を演出するのにも良さそう。マスクメイクに華やかさをもたらしてくれる1色です。

パラドゥのプチプラな新作アイシャドウのアンバー

最後はアンバー。ベースにしっかり色づくパールが配合されているので単色使いはもちろん、他の色の締め色としてもおすすめです。ラメはシルバーとレッドの2色入りで謎めいて濃密、ちょっとモード寄りな仕上がりも楽しめます。3色の中でいちばん大人の目もとに合うかも。ちなみに実は今、この色が店頭で一番売れているそうですよ。

パラドゥのプチプラな新作アイシャドウ3色をお試し

3色を肌にのせてみました。透き通った輝き、わかりますか? しかも皮脂になじみにくいオイルでラメをコーティングしているので長時間くすみにくく、とってもソフトでなめらか。この写真はアイシャドウを指先にとって軽くすべらせただけなので濃く発色していますが、ぼかしこむとムラなく広がり、ラメもまんべんなくきれいに広がります。つまり濃密キラキラも、さりげない輝きも自由自在。使い勝手ばつぐんです。

もちろん価格はひとつ¥600と、安定のプチプラ。アイメイクをちょっと盛りたい時に、ぜひ思い出してくださいね。

シングルアイシャドウ 全3色 各¥600/パラドゥ

パラドゥのスキンケアクレンジング
ボトルもカーヴィでおしゃれ。

あ、そういえばパラドゥでもうひとつご紹介したいものがありました! それは、こちらのスキンケアクレンジング。実に美容成分90%のミルク状メイク落としです。



もともとパラドゥのクレンジングは“落ちの良さ”で人気ですが、今回クレンジング力をパワーアップしてリニューアル。即メイクとなじんで、肌から浮かせるスピードが早くなったんです。アイメイクもきちんと落とせて、肌への負担を軽減。しかもエクステをしていても使えるんです! 私も使ってみましたが、まろやかなミルクをくるくるとなじませるだけで、私のゴツいアイラインも残さずオフ完了。しかも肌がつっぱらない! 大人の肌にもとても優しい使い心地でした。

パラドゥのプチプラなクレンジングからボーナスサイズが限定発売中

さらに、今なら通常の2倍の240gのボーナスサイズも限定発売中。約3ヶ月使えるたっぷりサイズです。巷では、すでに買いだめした!なんていう声もちらほら。写真の2品のほかにもコンビニコスメならではのミニサイズ(23g)もあるのでパラドゥのクレンジング未経験の方、まずはお試しあれ。

スキンケアクレンジング 120g ¥1200

スキンケアクレンジング S 23g ¥237

スキンケアクレンジング L 240g ¥1500<数量限定発売中>/パラドゥ

プチプラコスメのパラドゥはセブンイレブンで発売中

セブン-イレブンで気軽に手に入る、美容の小さな楽しみ。コンビニコスメ、やっぱり侮ってはいけません。ぜひ近くのお店でチェックしてみてくださいね。

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking