美女組No.194 Akino
No.194 Akino
シンプルファッションが好きなバイリンガルマザー
身長:156cm
職業:食関連
My favorites:興味、得意分野: ワイン、料理、インテリア、長年縁のあるニュージーランド

神奈川県在住、思春期にニュージーランドに滞在。バイリンガルのワーキングマザー。ファッションはシンプルが好きです。 日々を豊かに楽しくすることについて発信していきたいと思います。

Instagram:Akino_Myoi

今までも、これからものメイクツール

年齢とともに似合うものや好きな物も変わり、手放すものも多い中、今までも、これからも愛用し続けたい化粧筆をご紹介します。
20代よりメイクは専門メーカーのメイクブラシを使っています。
私が愛用しているのは、メイクアップアーティストブランド等にもブラシを提供している白鳳堂。

「筆は道具なり」の信念に基づき、日本の伝統産業の技術をメイクブラシに活かし、世界のメイクアップアーティストに愛される白鳳堂。用途別に最適な毛を使用しているので、使い勝手もばっちり。

こちらが、お手入れしながら、長年使っている化粧筆たち。
今までも、これからものメイクツール_1_1
白鳳堂化粧筆 フェイス、チーク、アイシャドウ、リップ用筆
最近はファンデーションはパウダータイプを使用しておらず、アイメイク、クリームチーク、リップでナチュラルメイクが定番なのですが、日々使っているのが、こちらのアイシャドウブラシ。
今までも、これからものメイクツール_1_2
白鳳堂G513 アイシャドウCL丸斜め(カナダリス)
(かなり年期が入っています・・・)

丸斜めになっている形状なのですが、アイホール全体用に重宝しています。
この形状だとまぶたの丸みをふわっとアイシャドウをのせられます。


リップはコリンスキーの物を使用中です。
今までも、これからものメイクツール_1_3
コリンスキー使用のリップ筆
コリンスキーはピン!としているので、口角の細かいところをまっすぐ書くのに使えて、リップラインがぼけにくいです。

今日は今までも、これからも愛用していきたい白鳳堂の化粧筆でした。


今日もブログを読んでくださって、ありがとうございました。

What's New

Read More

Feature

Ranking