鳥肌ものの演技にハマる、イ・ジュンギさんの「悪の花」

演技派そして努力家で知られるイ・ジュンギさん。映画『王の男』で、”女よりきれいな男”と注目され、「アラン使道伝」「TWO WEEKS」「無法弁護士〜最高のパートナー」などヒット作で知られる俳優です。彼の2年ぶりのドラマ復帰作となったのが、サスペンスラブストーリーの話題作「悪の花(原題)」。「2020 アジア アーティスト アワード」でもこの作品で、アジアセレブ賞と、「サイコだけど大丈夫」のソ・イェジさんと並びベストアーティスト賞を受賞(奇しくも「無法弁護士」カップル!)しました。イェジさんも「悪の花」のファンだと絶賛。授賞式でジュンギさんは「コロナ禍ですが、”悪の花”は、悪意に満ちたところにも花は咲く、ということです。もうすぐ全世界に花が咲く日が来るでしょう」とくくりました。そんな「悪の花」の日本放送がMnetでスタートします!14年共に暮らしてきた夫が、血も涙もない連続殺人犯なのでは?と疑い追跡する妻で刑事役を、「クリミナル・マインド: KOREA」でも共演したムン・チェウォンさんが演じます。息を飲む展開で、ジュンギさんの演技にグイグイ引っ張られる良作なのでぜひ!!
鳥肌ものの演技にハマる、イ・ジュンギさんの「悪の花」_1_1
●「悪の花(原題)」で演じたペク・ヒソンはどんな役でしたか?

ー自分自身の残酷な過去を隠し、14年間身分を変えて、自分の 人生を探そうと新しい家庭を築き、愛する妻さえ騙して生きていく、愛さえ演じる男、ペク・ヒソンとして生きていくト・ヒョンス役です。16話の間、緊張感やスリルなど、ト・ヒョンスのストーリーを観ながら皆さんにもありとあらゆる感情が生まれるのでは ないかと思いますし、そういうところに重きを置いて演じました。

●出演を決めた理由は?

ー簡単には決められませんでしたね。僕には合わない人物なのではないか、その人物の物語を描くにあたって、僕の人生や俳優としてのキャリアを考えた時に、まだこういう深い演技をするには若すぎるのではないか(笑) という気持ちもあってかなり悩みましたし、負担も大きかったです。もちろん監督と制作陣が提案をしてくださったのですが、本当に悩みましたね。多くの方々が説得してくださいました。新たな挑戦ですし、俳優人生において、また違った転換点になるでしょうし。 また、ムン・チェウォンさんも、応援の気持ちを込めた提案をしてくれました。ト・ヒョンスというキャラクターは、ドラマの中心となる役どころで、難しいだろうけれど、イ・ジュンギだからこそ可能であり、俳優としての幅も広げられる機会ではないかと。周りの多くの方々がそのような話をしてくださるので、そういった部分でとても悩み、台本も何度も見て長い間勉強しました。そうしている中で、非常に独特な作品でもあり、スリラーと恋愛の 2 つの価値観がぶつかるところのあるとても不思議な作品だと思い、これは挑戦だ、もっと成長できる、と思うようになったんです。俳優としてのキャリアに挑戦したということだと思います。選択というよりは挑戦でした。

● ご自身が演じていて特に印象に残っているシーンやセリフを教えて下さい。

ー1つ1つのシーンが容易ではなく、後のストーリーにつながっていくので・・・。ある特定のシーンを選ぶのはとても難しいですね。 毎回、良いシーンがあったんです。どれもト·ヒョンスの人生を辿るうえで必要なシーンなので。それでも選ぶのなら、何も感じることのできないト·ヒョンスの感情が初めて解き放たれる場面ですかね。劇的な状況に追い込まれた時の、 自分が一番大切に思っているものを失いたくないという切実さから出る感情の解放といいますか、そういったものをどう表現 すればいいかとても悩みました。一歩間違えれば説得力を失うかもしれないなと。視聴者の方が観ていて、ト・ヒョンスの 感情と状況にずっとついてきたはずなのに、急に感情が解放されていく感じを受けるような。すべての関係性が崩壊して、 バランスが崩れていって、ト・ヒョンスすらも描いていたものが崩れるかもしれない。そういった意味で、ヒョンスがジウォンの前で初めて号泣するシーンはすごく難しくて、多くの視聴者の方々が一緒に悲しんで切ない気持ちで見てくださるシーンだっ たと思います。ジウォンの前で、ヒョンスのすべての感情が吐き出されるシーンなのですが、そのシーンがあったからこそ、ジウォンが再びト・ヒョンスに対して、自分が愛する夫への信頼を築けるようになります。リハーサルから大変で、修正に修正を 重ねて、監督もアイディアを出し続けてくださり、僕も準備してきたものを元に話し合い、すごく悩んだシーンでした。ありがたいことに、視聴者の方々が切ない気持ちで観てくださったようなので、印象に残っていますね。

鳥肌ものの演技にハマる、イ・ジュンギさんの「悪の花」_1_2
● 本作では、キャラクターの持つ二面性を繊細に演じ分けていらっしゃいました。イ・ジュンギさんは自分の中に二面性があると感じることはありますか?

ー二面性は誰もが皆もっている部分だと思います。自分を隠して、むしろ世間に自分の姿がどう映るのか常に考えながら生 きていく人生じゃないですか?この時代は。多分皆そうやって隠しながら生きていくと思うけれど・・・。やはり僕にも二面性は あるでしょう。外から見るよりも、注意深く消極的で、ある時には計算高く、自分だけの考えを持って生きていると思います し、本来のイ・ジュンギに戻った時にはかなりディープな部分があると思います。最近歳をとるにつれて感じるのは、どうすれ ばバランスをとって生きていけるのか?ということ。全ての人の悩みではないでしょうか。多くの人がト・ヒョンスのように演技しながら生きていくように思います。考えてみれば自分のすべての感情を表に出して生きてはいけない時代じゃないですか?

●日本ではイクメンという言葉があるのですが、まさに本作では家事や子育てをこなす家庭的なシーンがありました。とても自然に、そして完璧に演じてましたがもともと家事はお 好きなんですか?

ーそうですね、なんせ一人暮らしが長くて、19 歳で家を出たので(笑)。何事にも興味があって、いまは兄弟と一緒に住んでいるので、家事は兄弟がよくしてくれています。僕は以前よりもしていないですが、昔は、特に料理なんかは一人で作って食 べることが好きでしたし、軍隊でも有名だったのですが、掃除はかなり綺麗にしていた記憶があります。たぶん家庭を築くな ら、子育てや食事、掃除など喜んですると思います。

●コロナ禍で、世界中で思うように外出できず、家で過ごす時間が増えている人も多いと思います。こんな時期だからこそ、新たに始めたことはありますか?

ーまえに僕が新しく初めてからもう 2 年以上経つのですが、ブラジリアン柔術を地道にやっていたんです。けれど、新型コロナウ イルスによって、それも止まりましたね。色々と気を付けなければいけない時なので、元々撮影中は運動をコツコツしていく ほうなのですが、今年は撮影にだけ集中するしかなかったです。万が一でも主演俳優として迷惑をかけてはいけないので。それで今年は趣味を失ったというよりはしばらく止めたというか。その代わり、よく歩くようになったと思います。こうやって体を鍛 えないままでは、何かをする時、疲れがでるのではないかとすごく心配になったんです。なので僕はブラジリアン柔術をするまえは歩くことが好きだったので、また散歩を始めました。感染予防対策ガイドラインを遵守し厚いマスクをつけて漢江 (ハンガン)をまた歩き始め、久しぶりに散歩をしてみたら、なんだか目新しくて。以前通った長いコースを歩きな がら、単純に運動が目的ではなく、歌を聞きながら、何も考えず歌に合わせて楽しんだり、色々なことを考えたり、本当に 無念無想でぼんやり歩いてみたり、そういったことがリフレッシュにつながるんですよね。人生と歩くことってよく似ていていると思うのですが、歩くたびに自分の人生も振り返ってみるような感じがしますし、そういうのがいいと思います。あらゆることにおいて、僕だけでなく、たくさんの方々が制約のある日々を生きていますが、どうか乗り越えて、僕のようにこうやって素朴にひとつひとつやってみることが健康のためにも、精神面においても、良いのではないかとお勧めします。

鳥肌ものの演技にハマる、イ・ジュンギさんの「悪の花」_1_3
●今後挑戦してみたい作品のジャンルや役柄は何ですか?

ー僕がしてきた作品は、アクションや恋愛などのジャンル物が多かったので... 韓国ドラマは恋愛ものがいちばん多くて、とに かく恋愛要素がいつも入っているじゃないですか?(笑) なので僕を好きでいてくださるファンの方々は、恋愛ものをしてくれ たらいいのにとよくおっしゃるのですが、いやいや僕は今まで恋愛のない作品はしてこなかった、アクションやスリラーなどのジャ ンルが多いだけで、その中には恋愛要素があった、と思っていましたが・・・。 やはり今回の作品を終えて感じたことは、避け ていた恋愛ドラマを久しぶりにしてみた気がします。スリラーと恋愛の調和を作り出した作品だったと思いますし、愛というものについてもう一度よく考えるようになりました。愛を描く作品にもともと関心はあって、その愛の基本となる男女の愛を表現 してみたいという思いがあったんです。できれば、男女の愛がメインとなる作品に出たいのですが、今でも多くの方々がアク ションといえばイ・ジュンギだとおっしゃるので、どうやらそういう作品の話がたくさん来ますね。恋愛作品の監督の方々、どう ぞよろしくお願いいたします(笑) あるいは、心の重荷をすべて下ろしたありのままの演技・・・。そういった自由な表現が してみたいです。ジャンルで縛られずに。今回の作品を通して欲が出てきたみたいです。

●最後に「悪の花(原題)」をご覧になる日本のファンの方々にメッセージをお願いします。

ー韓国では多くのファンの方々、視聴者の方々から、ありがたいことに多くの愛をいただきま した。制作陣から監督、脚本家、スタッフ、そして一緒に過ごした俳優たち、皆が一生懸命、最善を尽くして本当に良い ドラマを作りました。皆さん、その情熱を愛してくださったら嬉しいです。「悪の花(原題)」をたくさん視聴していただければ と思います。必ず見てください! 日本にいらっしゃるファンの方々も、新型コロナウイルスで大変辛いと思いますが、どんな時も健康が第一です!感染予防 対策ガイドラインを遵守し、健康を守り、早くお会いできることを祈っています。お元気で、いつも幸せでいてください。ありが とうございます。 “(日本語で)また会いましょう。”

鳥肌ものの演技にハマる、イ・ジュンギさんの「悪の花」_1_4
【CS 放送 『Mnet』放送情報 / 動画配信サービス 『Mnet Smart』 配信情報】 「悪の花(原題)」
2021年1月3日(日) 1話先行放送
1 月 18 日(月)22:00~ 放送スタート
毎週:(月)(火)22:00~ 【出演者】イ・ジュンギ、ムン・チェウォン、チャン・ヒジン、ソ・ヒョヌ、ナム・ギエ、ソン・ジョンハク、キム・ジフン ほか 演出:キム・チョルギュ「自白」、「マザー 無償の愛」 脚本:ユ・ジョンヒ
2020 年 tvN / 全 16 話 / 各 75 分 / 字幕放送 / HD / 日本初放送
☆Mnet Smart では本放送後 7 日間見逃し配信で視聴可能☆ © STUDIO DRAGON CORPORATION
鳥肌ものの演技にハマる、イ・ジュンギさんの「悪の花」_1_5-1

1/4

鳥肌ものの演技にハマる、イ・ジュンギさんの「悪の花」_1_5-2

2/4

鳥肌ものの演技にハマる、イ・ジュンギさんの「悪の花」_1_5-3

3/4

鳥肌ものの演技にハマる、イ・ジュンギさんの「悪の花」_1_5-4

4/4

© STUDIO DRAGON CORPORATION
© STUDIO DRAGON CORPORATION
© STUDIO DRAGON CORPORATION
© STUDIO DRAGON CORPORATION
鳥肌ものの演技にハマる、イ・ジュンギさんの「悪の花」_1_10
桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 夏の話題作、推しドラマ&映画が大渋滞!!

    気分を上げ、心を豊かにしてくれる芸術の存在にありがたさを今まで以上に感じる今日この頃。嬉しいことに、この夏も話題の韓国ドラマ、韓国映画が目白押し!ドラマは「シグナル」「ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です」のイ・ジェフンさんのダークヒーローもの「模範タクシー(原題)」、「星から来たあなた」のチョン・ジヒョンさんの「キングダム アシンの物語」。映画は、実話をもとに描いた働く女性の『サムジンカンパニー1995』、韓国で観客動員820万人超えを記録したブロックバスター映画『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』、「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」『新感染 ファイナル・エクスプレス』のコン・ユさんと「青春の記録」のパク・ボゴムさん共演の『SEOBOK/ソボク』、そして、グローバルに活躍するBLACKPINKの本国デビュー5周年を記念した初の映画『BLACKPINK THE SHOW』と熱いラインナップに注目!

    韓流NEWS

    2021年7月9日

  • 豪華、韓ドラ松花堂弁当! 魂入れ替わりラブコメ時代劇「哲仁王后(チョルインワンフ)」

    韓国ドラマ好きなら、知らない人はいない名作ドラマ量産ケーブルTV局tvN。私の韓国旅行の楽しみのひとつは、tvNがリアルタイムで観れること。そのtvNの歴代視聴率ランキングの上位を占めるのは、1位から「愛の不時着」「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」「恋のスケッチ 応答せよ1988」「ミスター・サンシャイン」と続き、5位が今回紹介する「哲仁王后(原題)」、6位が「ヴィンチェンツォ」。ランキングからも、愛すべき魂入れ替わりフュージョン・ラブコメ時代劇「哲仁王后」が、どれだけ人々を熱中させ、大ヒットしたかが伝わってきます。どのキャラクターも生き生きと魅力的で、衣装やセット、宮中料理なども麗しくときめきが止まりません!待望の日本初放送が衛星劇場でスタートします!!

    韓流NEWS

    2021年7月1日

  • 「女神降臨」でブレイクの新星、ファン・イニョプさんインタビュー

    世界100カ国でヒットしたウェブ漫画が原作というドラマ「女神降臨」。日本でも放送中で、顔の天才チャウヌさん演じる秀才イ・スホの恋のライバル、ハン・ソジュンがはまり役と話題となったのがファン・イニョプさん。魅力あふれるキャラクターに完璧にシンクロ、ソジュン派、ハン・ソジュンアリ(ハン・ソジュン病)続出で、切ないソジュンの心情を乗せたOST(ドラマ挿入歌)まで披露し、世の女子たちのハートを鷲掴みに。超新星として注目されています。イニョプさんは「ノクドゥ伝~花に降る月明かり~」でカン・テオさん演じるユルムの護衛役を経て、温かくて泣ける推しドラマ「18アゲイン」では恋に不器用な高校生役を好演。「18アゲイン」放映時20万人だったSNSのフォロワー数が、「女神降臨」の熱量で935万人超えに増えたそうです。そんな宇宙いち学生服が似合う30歳のルーキーは、現在チ・チャンウクさんと来年配信予定のNetflix「アンナラスマナラ」(「雲が描いた月明かり」「梨泰院クラス」のキム・ソンユン監督、「雲が描いた月明かり」「恋するジェネレーション」のキム・ミンジョン脚本家)の撮影中だという彼に、グッと迫ります!

    韓流NEWS

    2021年6月21日

  • 眼福、社会派、癒し系。話題の最新ドラマや映画が大豊作!!

    6月も話題作が続々登場して嬉しい限り!百想芸術大賞で作品賞に輝いた「怪物」は、主演のシン・ハギュンさんが、「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギさんや「サイコだけど大丈夫」のキム・スヒョンさん、「悪の花」のイ・ジュンギさん、「ペントハウス」のオム・ギジュンさんという錚々たる候補者を抑えて最優秀主演男優賞も受賞したのにも納得の話題作です。また、じんわり泣けて私好みの「賢い医師生活」シーズン2も始まるなど、韓国ドラマ、韓国映画の快進撃はこの夏も続きます!!

    韓流NEWS

    2021年6月15日

  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー

    5月26日に、シングルとしては4年半ぶりとなる「Emotion」をリリースしたチャン・グンソクさん。子役時代からドラマや映画で活躍してきた彼は、歌手として日本デビューも果たしマルチな才能でファンを魅了してきました。昨年5月に約2年に及ぶ社会服務要員としての服務を終え、アーティストとして再始動!今年3月の配信シングル「Star」が、たちまちLINE MUSICリアルタイムチャートで1位になるなどそのカリスマぶりを発揮。しなやかに、そしてパワーアップして帰ってきた唯一無二のエンターテイナー&伝説のスター、グンソクさんにたっぷりお話をうかがいました!

    韓流NEWS

    2021年5月28日

  • 泣ける!イ・ジェフンさんの「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」

    「この人の作品なら何はともあれ観てみよう」と思う俳優のひとりが、「シグナル」のイ・ジェフンさん。彼は映画やドラマでおなじみの演技派俳優ですが、2016年に観た「シグナル」は作品の完成度が衝撃的で、私的ベスト10ドラマのひとつです。先月約2年ぶりに「模範タクシー(原題)」でドラマ復帰したジェフンさん。Netflixオリジナル作品「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」は、ファン待望の彼の最新ドラマでもあります。5月14日に配信スタートしたこの作品は、ジェフンさんと、「愛の不時着」のタン・ジュンサンさんの共演でも話題。「悪霊狩猟団カウンターズ」も痛快だったし、極上エンターテイメント「ヴィンチェンツォ」に心奪われ、全員が怪しいサスペンスの極み「ロースクール」もだいぶ面白くハマっていますが、派手さはなくとも温かい涙を誘う系のこんなドラマも必須です!!

    韓流NEWS

    2021年5月17日

  • 顔の天才、チャウヌさん(ASTRO)が語る「女神降臨」!

    次から次へと、手に余るほど麗しい俳優を世に送り出す韓流ドラマ。いま、最も注目されている美男ツートップは、完璧なスタイルで27歳には見えない童顔、声も魅力的なソン・ガンさんと、顔の天才と言われる、アイドルグループASTROの多才なチャウヌさん。二人とも漫画から飛び出てきたようなイケメンで、とくにチャウヌさんは、「推しは推し、チャウヌはチャウヌ」(韓国語でチェチェチャチャ)という新造語があるほど、誰もが認める圧倒的存在。そんな彼の、演技ドル(演技もできるアイドル)としての話題の最新ヒット作ドラマ「女神降臨(原題)」が日本でも始まります!

    韓流NEWS

    2021年4月19日

  • ソン・ジュンギさんの怪演が話題!「ヴィンチェンツォ」の沼にハマる

    「愛の不時着」「梨泰院クラス」に続くNetflixのヒットドラマとなっているのがソン・ジュンギさん主演の「ヴィンチェンツォ」。ドラマ好きの間では、2019年の名作「熱血司祭」の脚本家パク・ジェボム作家と、美しい映像とていねいな演出が印象的だった「王になった男」のキム・ヒウォン監督、制作がスタジオドラゴン、韓国放映が良作ドラマで知られるケーブル局tvNというだけで心待ちにしていた作品です。Netflixの人気ランキングトップにも輝き、韓国でも話題沸騰中。裏切り、どんでん返し、何でもありでときにじんわりさせられ、そしてテンポよくサイダーのように痛快、爆笑を誘うウィットに富んだセリフがそこここにちりばめられた、韓国ドラマの真骨頂。存分に楽しめます!

    韓流NEWS

    2021年4月13日

Read More

Feature

Ranking