美女組No.82 KB
No.82 KB
ノーダウト!イントロクイズが超得意な昭和を生きる糸の切れた凧
身長:160cm
職業:会社員(管理職)・フリー翻訳、コラムニスト
My favorites:旅行(36か国・地域)、映画鑑賞(年50本)、読書(月10冊)

40代、等身大の悲喜こもごもを分かち合いましょう。ケビ子の婚活記も見てね!

Instagram:yakkosan_everyday

Instagram:kbandkbandkb

Twitter:Kebiko_JAPAN

【日本おやつの旅】レモン果汁は入ってないレモンプリン(栃木県)

ステイホームで旅気分。全国のお菓子で旅行気分を味わいたい。第5回目は栃木県。
GO TO会社とGO TO自宅ばかりしていたら感染再拡大となってしまった。
そろそろ我が家も旅行でもしたいな~なんて思っていたところだったのに。


ということで家族会議の結果、ひとまず全国のおやつを取り寄せてそれっぽい気分を味わうことが決まった。


第5回目は栃木県。
栃木といったらこのレモンだろう。


  • 【日本おやつの旅】レモン果汁は入ってないレモンプリン(栃木県)_1_1-1

    レモンプリン

  • 【日本おやつの旅】レモン果汁は入ってないレモンプリン(栃木県)_1_1-2

    それはゼリーではないのか

昨年、栃木に行った。
ひいきにしているアーティストのライブのためだ。


ライブは夜遅くに終わるので、そこから帰宅するのはあまりにも遅い。
したがってホテルに宿泊した。
宇都宮駅前のビジネスホテルだ。


夜遅くにチェックインし、快適に過ごした。
翌朝、宿泊料に含まれるという朝食を食べにレストランに行った。


そこで見慣れぬジュースジャーを発見した。
それが栃木名物と書かれたレモン牛乳との出会いだ。


【日本おやつの旅】レモン果汁は入ってないレモンプリン(栃木県)_1_2
その後、ホテルの近くのコンビニにも寄ったが栃木レモン関連商品はたくさん置いてあった。県民の心の味なのだろう。
レモン果汁はいっさい入っていない。
牛乳にもこのプリンにも堂々と「無果汁」と主張している。


甘酸っぱい、ヨーグルトのような味。
後は特に引かないが、まあこれが栃木の名物なんだな、というある種の納得感とともに食べ終わる。


そういうわけで、栃木県は昨年行った。
もう少し前には「ツインリンクもてぎ」というサーキットにも行ったことがある。


サーキットを貸切って、ペーパードライバーの私に200キロ以上のフルスピードを出させて急ブレーキを踏む、という良い子は真似しないでくださいの体験をした。妙な体験だが仕事だ。


小雨が降るサーキットはところどころ小さな水たまりがあり、40キロでもおっかなびっくりアクセルを踏むようなペーパードライバーにヘルメットをかぶらせて濡れた路面にアクセルを踏み込んでみろと無茶を言う。
例えて言うならば、初めてスケートをするという人にトリプルアクセルを飛んでみろと言うような無茶な感じだ。
身体を張った仕事であった。
数年経ち、ブログを書いていることが、生きて帰った証しだ。


2回とも名物のみんみんで餃子を食べる機会は逃した。
いつかまた栃木に行くことがあったら、餃子の像の写真を撮ってみんみんで餃子を食べてみたいと思っている。



What's New

Read More

Feature

Ranking