アジア中の女子たちのハートを鷲掴みにしている パク・ボゴムさんインタビュー

【ライター桂まりの「すきあらば韓流」】

2017年4月7日
展開が早く、目の離せない脚本の秀逸さ、俳優たちの演技にもうならされる韓ドラ。続々登場するライジングスターたちからも目が離せなく、蟻地獄のごとくはまってしまう、ヒーリング効果も抜群(?)の韓ドラ作品やスターを、ライター桂まりが、不定期でご紹介いたします!

 「今日のように、海外からの取材が増え、注目されているんだな、と実感しています」という、謙虚なパク・ボゴムさん。「恋のスケッチ~応答せよ1988~」でブレイク、さらに「雲が描いた月明り」でツンデレ王子を演じ、女子たちがこのドラマに、そしてボゴムさんにさらに夢中に。初のアジアファンミーティングも香港、台湾、東京、シンガポールなど、どこも盛況で、その勢いは増すばかり。

 このドラマの最終回放映翌日行われた、高視聴率達成イベントには、なんと急遽開催されたのにも関わらず、5,000人のファンが集まったといいます。「ソウルの王宮、景福宮で韓服を着てのサイン会は、僕たちが初めてだったそうです。想像できないほどたくさんの方が来て下さってうれしかったです」。その日、わたしも、偶然にもマリソル2月号の取材でソウルにいて、まさにイベントの時間に景福宮の前をタクシーで通過したのですが、同乗の韓国人女性スタッフ全員が大騒ぎ(笑)。ボゴム旋風!を、目の当たりにしました。(もちろん、その前日がドラマの最終回だったため、スタッフ全員早々に家、ホテルに帰り、ドラマ鑑賞でした!)

 ソウルでのインタビューは、カンナムのスタジオで。超多忙の人気俳優なだけに、分刻みのスケジュールです。それでも、現地のスタッフの方が「日本からわざわざ来て下さった」と紹介してくださると、丁寧に両手で握手までして感謝してくれ、笑顔で協力的に、次々ポーズを取ってくれるボゴムさん。食べることが大好きらしく、お菓子のお土産にもとっても喜んでくれて、カメラマンともども、トレードマークの笑顔にすっかり癒されました。「食いしん坊なのに、太らなくていいですね」と言うと、「太りますよ~」とおちゃめに笑う。韓国で、たくさんのCMに出演中ですが、ガーナチョコレートのCMもキュート!ボゴムさんのチョコレートイベントに参加したくて、○万円分チョコレートを買った強者もいたと聞いています。
 
 「雲が描いた月明り」は、衣装もロケ地もとにかく美しい、ウェブ小説が原作の時代劇ドラマです。共演の、子役から活躍しているキム・ユジョンさんも可愛らしく、映画「怪しい彼女」でもいい味を出していたB1A4のジニョンさん、「棚ぼたのあなた」のときから注目しているクァク・ドンヨンさん、「朱蒙ーチュモンー」のキム・スンスさんなど、キャストもすばらしく、昨年末たくさんの賞に輝いた話題作なので、ぜひ観て、キュンキュンして下さい!

マリソル本誌5月号のインタビューもお楽しみに。


撮影/柴田文子(エトレンヌ)
『雲が描いた月明かり』
DVD-SET1&Blu-ray SET1 6 月2 日(金)発売
DVD-SET2&Blu-ray SET2 7 月4 日(火)発売
DVD各¥19,000・Blu-ray各¥21,000
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
  • by KBS Media Ltd. ©Love in Moonlight SPC All rights reserved

桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords