アジア中の女子たちのハートを鷲掴みにしている パク・ボゴムさんインタビュー

【ライター桂まりの「すきあらば韓流」】

展開が早く、目の離せない脚本の秀逸さ、俳優たちの演技にもうならされる韓ドラ。続々登場するライジングスターたちからも目が離せなく、蟻地獄のごとくはまってしまう、ヒーリング効果も抜群(?)の韓ドラ作品やスターを、ライター桂まりが、不定期でご紹介いたします!

アジア中の女子たちのハートを鷲掴みにしている パク・ボゴムさんインタビュー_1_1
 「今日のように、海外からの取材が増え、注目されているんだな、と実感しています」という、謙虚なパク・ボゴムさん。「恋のスケッチ~応答せよ1988~」でブレイク、さらに「雲が描いた月明り」でツンデレ王子を演じ、女子たちがこのドラマに、そしてボゴムさんにさらに夢中に。初のアジアファンミーティングも香港、台湾、東京、シンガポールなど、どこも盛況で、その勢いは増すばかり。

 このドラマの最終回放映翌日行われた、高視聴率達成イベントには、なんと急遽開催されたのにも関わらず、5,000人のファンが集まったといいます。「ソウルの王宮、景福宮で韓服を着てのサイン会は、僕たちが初めてだったそうです。想像できないほどたくさんの方が来て下さってうれしかったです」。その日、わたしも、偶然にもマリソル2月号の取材でソウルにいて、まさにイベントの時間に景福宮の前をタクシーで通過したのですが、同乗の韓国人女性スタッフ全員が大騒ぎ(笑)。ボゴム旋風!を、目の当たりにしました。(もちろん、その前日がドラマの最終回だったため、スタッフ全員早々に家、ホテルに帰り、ドラマ鑑賞でした!)

 ソウルでのインタビューは、カンナムのスタジオで。超多忙の人気俳優なだけに、分刻みのスケジュールです。それでも、現地のスタッフの方が「日本からわざわざ来て下さった」と紹介してくださると、丁寧に両手で握手までして感謝してくれ、笑顔で協力的に、次々ポーズを取ってくれるボゴムさん。食べることが大好きらしく、お菓子のお土産にもとっても喜んでくれて、カメラマンともども、トレードマークの笑顔にすっかり癒されました。「食いしん坊なのに、太らなくていいですね」と言うと、「太りますよ~」とおちゃめに笑う。韓国で、たくさんのCMに出演中ですが、ガーナチョコレートのCMもキュート!ボゴムさんのチョコレートイベントに参加したくて、○万円分チョコレートを買った強者もいたと聞いています。
 
 「雲が描いた月明り」は、衣装もロケ地もとにかく美しい、ウェブ小説が原作の時代劇ドラマです。共演の、子役から活躍しているキム・ユジョンさんも可愛らしく、映画「怪しい彼女」でもいい味を出していたB1A4のジニョンさん、「棚ぼたのあなた」のときから注目しているクァク・ドンヨンさん、「朱蒙ーチュモンー」のキム・スンスさんなど、キャストもすばらしく、昨年末たくさんの賞に輝いた話題作なので、ぜひ観て、キュンキュンして下さい!

マリソル本誌5月号のインタビューもお楽しみに。
アジア中の女子たちのハートを鷲掴みにしている パク・ボゴムさんインタビュー_1_5-1

1/2

アジア中の女子たちのハートを鷲掴みにしている パク・ボゴムさんインタビュー_1_5-2

2/2



撮影/柴田文子(エトレンヌ)
『雲が描いた月明かり』
DVD-SET1&Blu-ray SET1 6 月2 日(金)発売
DVD-SET2&Blu-ray SET2 7 月4 日(火)発売
DVD各¥19,000・Blu-ray各¥21,000
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
  • アジア中の女子たちのハートを鷲掴みにしている パク・ボゴムさんインタビュー_1_7-1

    by KBS Media Ltd. ©Love in Moonlight SPC All rights reserved

  • アジア中の女子たちのハートを鷲掴みにしている パク・ボゴムさんインタビュー_1_7-2


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 「女神降臨」でブレイクの新星、ファン・イニョプさんインタビュー

    世界100カ国でヒットしたウェブ漫画が原作というドラマ「女神降臨」。日本でも放送中で、顔の天才チャウヌさん演じる秀才イ・スホの恋のライバル、ハン・ソジュンがはまり役と話題となったのがファン・イニョプさん。魅力あふれるキャラクターに完璧にシンクロ、ソジュン派、ハン・ソジュンアリ(ハン・ソジュン病)続出で、切ないソジュンの心情を乗せたOST(ドラマ挿入歌)まで披露し、世の女子たちのハートを鷲掴みに。超新星として注目されています。イニョプさんは「ノクドゥ伝~花に降る月明かり~」でカン・テオさん演じるユルムの護衛役を経て、温かくて泣ける推しドラマ「18アゲイン」では恋に不器用な高校生役を好演。「18アゲイン」放映時20万人だったSNSのフォロワー数が、「女神降臨」の熱量で935万人超えに増えたそうです。そんな宇宙いち学生服が似合う30歳のルーキーは、現在チ・チャンウクさんと来年配信予定のNetflix「アンナラスマナラ」(「雲が描いた月明かり」「梨泰院クラス」のキム・ソンユン監督、「雲が描いた月明かり」「恋するジェネレーション」のキム・ミンジョン脚本家)の撮影中だという彼に、グッと迫ります!

    韓流NEWS

    2021年6月21日

  • 眼福、社会派、癒し系。話題の最新ドラマや映画が大豊作!!

    6月も話題作が続々登場して嬉しい限り!百想芸術大賞で作品賞に輝いた「怪物」は、主演のシン・ハギュンさんが、「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギさんや「サイコだけど大丈夫」のキム・スヒョンさん、「悪の花」のイ・ジュンギさん、「ペントハウス」のオム・ギジュンさんという錚々たる候補者を抑えて最優秀主演男優賞も受賞したのにも納得の話題作です。また、じんわり泣けて私好みの「賢い医師生活」シーズン2も始まるなど、韓国ドラマ、韓国映画の快進撃はこの夏も続きます!!

    韓流NEWS

    2021年6月15日

  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー

    5月26日に、シングルとしては4年半ぶりとなる「Emotion」をリリースしたチャン・グンソクさん。子役時代からドラマや映画で活躍してきた彼は、歌手として日本デビューも果たしマルチな才能でファンを魅了してきました。昨年5月に約2年に及ぶ社会服務要員としての服務を終え、アーティストとして再始動!今年3月の配信シングル「Star」が、たちまちLINE MUSICリアルタイムチャートで1位になるなどそのカリスマぶりを発揮。しなやかに、そしてパワーアップして帰ってきた唯一無二のエンターテイナー&伝説のスター、グンソクさんにたっぷりお話をうかがいました!

    韓流NEWS

    2021年5月28日

  • 泣ける!イ・ジェフンさんの「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」

    「この人の作品なら何はともあれ観てみよう」と思う俳優のひとりが、「シグナル」のイ・ジェフンさん。彼は映画やドラマでおなじみの演技派俳優ですが、2016年に観た「シグナル」は作品の完成度が衝撃的で、私的ベスト10ドラマのひとつです。先月約2年ぶりに「模範タクシー(原題)」でドラマ復帰したジェフンさん。Netflixオリジナル作品「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」は、ファン待望の彼の最新ドラマでもあります。5月14日に配信スタートしたこの作品は、ジェフンさんと、「愛の不時着」のタン・ジュンサンさんの共演でも話題。「悪霊狩猟団カウンターズ」も痛快だったし、極上エンターテイメント「ヴィンチェンツォ」に心奪われ、全員が怪しいサスペンスの極み「ロースクール」もだいぶ面白くハマっていますが、派手さはなくとも温かい涙を誘う系のこんなドラマも必須です!!

    韓流NEWS

    2021年5月17日

  • 顔の天才、チャウヌさん(ASTRO)が語る「女神降臨」!

    次から次へと、手に余るほど麗しい俳優を世に送り出す韓流ドラマ。いま、最も注目されている美男ツートップは、完璧なスタイルで27歳には見えない童顔、声も魅力的なソン・ガンさんと、顔の天才と言われる、アイドルグループASTROの多才なチャウヌさん。二人とも漫画から飛び出てきたようなイケメンで、とくにチャウヌさんは、「推しは推し、チャウヌはチャウヌ」(韓国語でチェチェチャチャ)という新造語があるほど、誰もが認める圧倒的存在。そんな彼の、演技ドル(演技もできるアイドル)としての話題の最新ヒット作ドラマ「女神降臨(原題)」が日本でも始まります!

    韓流NEWS

    2021年4月19日

  • ソン・ジュンギさんの怪演が話題!「ヴィンチェンツォ」の沼にハマる

    「愛の不時着」「梨泰院クラス」に続くNetflixのヒットドラマとなっているのがソン・ジュンギさん主演の「ヴィンチェンツォ」。ドラマ好きの間では、2019年の名作「熱血司祭」の脚本家パク・ジェボム作家と、美しい映像とていねいな演出が印象的だった「王になった男」のキム・ヒウォン監督、制作がスタジオドラゴン、韓国放映が良作ドラマで知られるケーブル局tvNというだけで心待ちにしていた作品です。Netflixの人気ランキングトップにも輝き、韓国でも話題沸騰中。裏切り、どんでん返し、何でもありでときにじんわりさせられ、そしてテンポよくサイダーのように痛快、爆笑を誘うウィットに富んだセリフがそこここにちりばめられた、韓国ドラマの真骨頂。存分に楽しめます!

    韓流NEWS

    2021年4月13日

  • アカデミー賞候補!穏やかな余韻の残る『ミナリ』

    ウィットに富んだ台詞に笑え、そこここでじんわり泣ける、決して派手なドラマではないけれど、私好みど真ん中だった最近のドラマ「(知っていることはあまりないけれど)家族です(原題)」。「恋愛ワードを検索してください:WWW」の監督、主人公を演じるのが演技派ハン・イェリさんというだけでも魅力的で、虜に。そして、いま話題のアメリカ映画『ミナリ』でも、このイェリさんの演技に世界の注目が集まってます。『ミナリ』はゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞、世界で78冠を記録。4月に予定されているアカデミー賞にも、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚本賞、作曲賞にノミネートされています。この映画もまた、”家族”を描いた温かな作品。彼女は、音楽を担当したエミール・モッセリ作の「Rain Song」も歌っていて、これがまた印象的。穏やかな余韻を残し、とっても素敵です。イェリさんのコメントとともに、日本で3月19日に公開される映画『ミナリ』を紹介します!

    韓流NEWS

    2021年3月19日

  • SHINee is back !!華麗なるカムバック、ここからが新たな始まり

    2008年のデビュー以来、K-POP界を牽引してきたSHINeeの7枚目となるフルアルバム『Don’t Call Me』が2月22日に発売され話題となっています。2018年9月のフルアルバムからほぼ2年6ヶ月ぶりとなったファン待望の新譜で、進化し続ける王道カリスマK-POPアーティストの風格を披露!SHINeeらしさ炸裂で、リリースとともにiTunesトップアルバムチャートでは世界45カ国で1位に輝き、華麗なる復活ぶりはまばゆいばかり。多彩な9曲を収録したアルバム、是非聴いてみてください!

    韓流NEWS

    2021年3月1日

Read More

Feature

Ranking