全室がオーシャンビュー!「星野リゾート 界 アンジン」が4月13日オープン

2017年4月13日
船旅気分を愉しめる海沿いの温泉旅館で絶景と共に流れる豊かな時間を

2017年4月13日(木)、星野リゾートが全国で展開している日本初の温泉旅館ブランド「界」の新施設「星野リゾート 界 アンジン」が、 静岡・伊東市にオープン。日本初の西洋式帆船が造船された伊東の地にちなんで、施設内には随所に海や船旅をテーマにしたデザインが施されている。


名称の由来になった人物・三浦按針(あんじん)とは?

名称は、江戸時代初期に徳川幕府につかえ、静岡県伊東市にて日本初の西洋式帆船を造船した、英国人航海士、三浦按針(あんじん)に由来している。本名はウィリアム・アダムスというが、家康公にその功績を称えられ、「水先案内人※」を意味する「按針」という日本名を授かった。
※水先案内人 多数の船舶が行き交う港において、船舶を安全かつ効率的に港に導く「海のスペシャリスト」のこと


大海原とムーンロードを眺める最上階の露天風呂

この宿の大きな目玉のひとつは目の前に広がる太平洋を一望できる大浴場。光り輝く日の出や空のグラデーションが美しい薄暮、海に映る月の道・ムーンロードや花火まで、ダイナミックな景色を満喫できる。大浴場と同じ最上階には、湯上がり処とそれに続く展望デッキ「サンブエナデッキ」が、用意されており贅沢な湯涼みがかなう。


全室がオーシャンビューのご当地部屋。海や船旅に由来するアートな空間「按針みなとの間」

界では、滞在を通して地域の文化に触れられる「ご当地部屋」が用意されているが、「界 アンジン」ご当地部屋は、その昔船旅で使われていた舵(かじ)や櫂(かい)などを取り入れたアートワークを設えた、海への浪漫をかきたてるデザインとなっている。寝具は界オリジナルの「ふわくもスリープ」。

食事は伊豆らしさを感じる食材に、三浦按針の出身地であるイギリスのエッセンスを加えた和会席を提供。伊豆の名産を味わえる先付「和のフィッシュアンドチップス」や、ハイティーツリーをイメージした3段の器を用いた八寸、そして英国の伝統料理からヒントを得た台の物「魚介と柑橘の紙蓋焼き」など、ふんだんな海の幸を楽しむことができる。

海や船旅に由来するアートな空間で、客室や最上階の大浴場から時間と共に移り変わる絶景を楽しんで。
「星野リゾート 界 アンジン」
住所:静岡県伊東市渚町5-12
・アクセス:JR伊東線伊東駅より 車で約3分または徒歩約15分

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords