「きれいな白」アイテムで真冬のコーディネートに華やぎを!

真冬は「白」の明るさと、圧倒的な幸福感がアラフォーのおしゃれの強い味方に!冬ならではの素材やフォルムを楽しんで。

#1

”表情のある”白ニット

ケーブルの編み地が優しげなニュアンスを醸すオフホワイトのニット。顔ま"主役で着る白"にふさわしい存在感!

白ニット×白ハット×白バッグコーデ

素材のニュアンスを重ねて奥行きあるホワイトコーデに

身幅が広めで、ゆったりと着られるオフホワイトのケーブルニット。縦にラインをつくる編み地のおかげで、着ぶくれせずすっきりとした印象に。ムートンジャケットやフェルトハットなど、冬素材の白を重ねることで温かみも演出できる。

ニット¥22,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) パンツ¥9,900/ノーク ジャケット¥264,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ブランカ) 帽子¥72,000/ル フィル ニュウマン新宿(グラディス タメッツ) バッグ¥160,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

#2

”ツヤあり”白パンツ

"夏っぽ素材"の白パンツを、冬に投入。ほのかな光沢と、ほんの少しくすんだ白の色みが、おしゃれ鮮度をぐっと高めて。

白ニット×ジレ×白パンツコーデ

白パンツ×ロングジレに大人らしいリラックス感を

ほんのりツヤのある白のウエストゴムパンツは、はき心地ときれい見え、どちらもかなえる頼れる一本。足もとはコンバースのハイカットを合わせ、絶妙なハズシを。

パンツ¥70,000(参考価格)/イーストランド(コー) ジレ¥125,000/ポステレガント ニット¥32,000/ショールーム セッション(サヤカ デイヴィス) ブレスレット¥106,000/ギャラリー・オブ・オーセンティック(エンド) バッグ¥98,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

#3

“肩落ち”白スウェット

カジュアルなスウェットも、くもりない白を選ぶとクリーンかつリッチな印象に。体が泳ぐオーバーサイズと肩落ちフォルムで、あくまで女っぷり高く。

白スウェット×黒スカートコーデ

サングラスにネックレス。小物の硬質さでキレ味を足して

スウェットの上に3連に重ねたシルバーのネックレスが、モノトーンコーデをぐっと大人に、女っぽく。

スウェット¥13,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) スカート¥42,000/アングローバル(イレーヴ) ジャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレス(長)¥41,000(ハンナ ケー)・(中)¥25,000・(短)¥22,000(ともにハルポ)/エスケーパーズオンライン バッグ¥49,000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング)

#4

”ふんわり”白ワンピース

すそにギャザーをたっぷりとあしらった、フェミニンな白のレースワンピース。軽やかな素材感とこの可愛げは、冬こそ取り入れたい!

白ワンピース×黒ジャケットコーデ

冬の白ワンピースが主役。フェミニン×トラッドの王道MIXコーデ

繊細なレース使いが美しい白ワンピース。春夏だと一枚で着るのは気恥ずかしい、という人も、この冬はこんな"アウターありき"のMIXコーデで取り入れてみては? 黒のジャケットコートで色みとシルエットを引き締め、甘さの分量を上手にコントロール。

ワンピース¥78,000/ブランドニュース(シー ニューヨーク) コート¥89,000/エブールギンザシックス(ebure) ピアス¥45,000・ブレスレット¥46,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) バッグ¥76,000/ピエール アルディ  東京(ピエール アルディ) 靴¥144,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

【Marisol2021年1月号掲載】撮影/金谷章平 ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/竹下玲奈

What's New

Read More

Feature

Ranking