進化し続けるロックバンドFTISLAND、 デビュー10周年の記念すべき7枚目のアルバム 「UNITED SHADOWS」本日リリース!

2017年4月12日
デビュー10周年イヤーを迎えたFTISLAND。アニバーサリーということで、5人のメンバーの結束や、これからの未来のメンバーの気持ちも盛り込んだ、7枚目のアルバム「UNITED SHADOWS」を4月12日にリリース。ゆるぎないパフォーマンスはもちろん、ドラマや映画でも活躍。今年は、今まで挑戦しなかった番組などにも出演していきたいと抱負も。ライブでのトークの面白さにも定評がある彼ら。ライブ同様、チームワークの良さが光る、チャーミングなメンバーたちが、気さくに、流暢な日本語でインタビューに答えてくれた。まずは、差し入れの白いちごと、ホンギの髪の色がマッチングして無邪気に喜び、携帯で撮影したり、出来上がったばかりのPVを全員で真剣にチェックしたりしながら。

アルバムのなかで、特にお気に入りの曲はありますか?
ーTURN UPが好きです。ライブでけっこう盛り上がりそうな曲。久しぶりにスンヒョンがラップするところもあって楽める曲です。(ジョンフン)
JUST DO ITホンギさんが作曲した15番目のシングルで、ポップスタイルで、これもライブで楽しめる曲。(スンヒョン)
Shadows演奏も難しく聴くと派手だし、何度も聞きました。(ミンファン)
A light in the forest 僕が自分で作った曲で、今の心境がそのまま入っているので好きです。(ジェジン)
Champagneいつ聴いても楽しい曲、そんな気持ちを込めて作った曲。(ホンギ)

「UNITED SHADOWS」アリーナツアーはどんなライブになりそうですか?
ー今までは、楽しくてノリノリの曲があったけど、ロックの格好良さをもっと前面に出したいです。(ホンギ)
いつもこの環境を作ってくれるファンのみなさんが、楽しめるようなツアーにしたいです。(スンヒョン)

最近気に入っている国内外のアーティストは?
ーアメリカのビルボードでも、バンドの活躍が少ないなか、DNCEは気に入ってます。(ホンギ)コールドプレイとかマルーン5とか。(スンヒョン)
TWICE、RED VELVET、BLACKPINK、、、(と、皆で歌い出す)
メタリカのオープニングショーで、ベビーメタルを観たんですが、上手すぎて!!注目しているアーティストです。(ジョンフン)

みなさんドラマや映画などでも活躍されてますが、演技と音楽活動の違いは?
ー音楽は自分の経験から発生してできているけど、演技は始まりからぜんぜん違う人を演じるから、そのキャラクターの人生を勉強したりしないといけない。でも、
感情を表現するという点では、同じだと思います。形がちがうだけで。(ジェジン)(最近ではミンファンさんのWebドラマが4月に衛星劇場で放映)

お勧めのドラマなどありますか?
ー「トッケビ(原題)」(メンバー全員声を揃えて)。韓国版プリズン・ブレイクの、「被告人(原題)」も面白いですよ!(ジョンフン)母と観ていたのは「いとしのクム・サウォル」。(スンヒョン)

最近ハマっていることは?
ーニセコのスキー。街にたくさん外国人がいて、いままでにない新世界でした。温泉もいいし。スキーショップで働いてる人も外国人で。さすが日本だな、と。(ホンギ&ジョンフン)ボーリングとピラティスも。(ホンギ)ゴルフもシーズンがスタート。スコアは秘密。笑(ジョンフン)友達と会って、おいしい店を調べて、チャミスルを飲むこと。(スンヒョン)

苦手なことは?
ー最近ダイエットが難しいですね~(しみじみ)。(ミンファン)(他のメンバーから「してないじゃん」と突っ込まれる)

日本に来たら行く場所、買うものは?
ー「なかったコトに!」を買います。(笑)(ミンファン)
秋葉原に行ってフィギュアとか面白いものを見つけて買ったり。(ジョンフン)
富士急ハイランドに行きました!富士山が雪で白くて綺麗でした。(ミンファン)

韓国でお勧めの食べ物は?
ーカンジャンケジャン、アグチム。最近はコンビニのカップラーメンの、ブデチゲとかユッケジャンカルグクスとかがおいしくて人気があるんですよ。

では、最後にこれから挑戦してみたいことは?
ー結婚!(と、ミンファンが言うと、続けてワイワイメンバーが順に、間髪を容れず)離婚!再婚!再離婚!シングルパパ!?とリーダーが締めた。(爆)

撮影/山下みどり
FTISLAND 7thALBUM 『UNITED SHADOWS』 2017年4月12日発売

■初回限定盤A (CD+DVD) WPZL-31274/5 4,500円+税
※豪華フォトブックレット44P+歌詞ブックレット16P +三方背/デジパック
※特典応募用シリアルコード1封入 ※トレーディングカード6種類のうち1枚をランダム封入

■通常盤 (CD) WPCL-12603 3,000円+税
※特典応募用シリアルコード3封入 ※トレーディングカード6種類のうち1枚をランダム封入
-CD- ※初回限定盤Aと同内容

■初回限定盤B (CD_DVD) WPZL-31276/7 4,500円+税
※特典応募用シリアルコード2封入 ※トレーディングカード6種類のうち1枚をランダム封入
-CD- ※初回限定盤Aと同内容


“FTISLAND Arena Tour 2017 - UNITED SHADOWS -” ≪公演会場・日時≫
【愛知】 日本ガイシホール
2017年5月6日(土) 16:30開場 17:30開演
【大阪】 大阪城ホール 2017年5月12日(金) 17:30開場 18:30開演
【東京】 日本武道館 2017年6月1日(木) 17:30開場 18:30開演 2017年6月2日(金) 17:30開場 18:30開演

桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 離婚危機のアラフォーを描く「ゴー・バック夫婦」主演チャン・ナラさん&ソン・ホジュンさんインタビュー

    「ゴー・バック夫婦(原題)」は、離婚を決意したアラフォー夫婦の、笑えて泣ける温かいドラマ。久しぶりにいいドラマに出会えた、と強く感じた作品です。3月に37歳になるとは思えない奇跡?妖精?と話題となったジンジュ役を演じた女優チャン・ナラさん(「君を憶えてる」、「運命のように君を愛してる」)と、バンド役を演じたソン・ホジュンさん(「応答せよ1994」)が主演。また、ホジュンさんの恋のライバル役を演じたチャン・ギヨンさんは、モデル出身のライジングスターです。「最高の結婚」から注目していたので、この作品の大ヒットでさらなる活躍を期待してます!ホジュンさんの親友、東方神起のユンホさんもカメオで出演。観るべし!

    韓流NEWS

    2018年2月22日

  • 「猟奇的な彼女」で役者としても活躍、イ・ジョンシンさん(CNBLUE)の魅力

      CNBLUEのベーシストとして人気のイ・ジョンシンさん。「いとしのソヨン」などヒット作ドラマでも頭角をあらわしてきた俳優でもある。最新作、時代劇ラブコメ「猟奇的な彼女」では、ヒロインに心を寄せる、王の忠臣、凄腕剣士の従事官役を見事に演じ、役者の幅を広げた。そんなジョンシンさんのこの作品、そして演技に対する思い、魅力とは?

    韓流NEWS

    2018年2月8日

  • ミュージカル『マイ・バケットリスト』のテウンさん(SNUPER)インタビュー

     ヒューマン・コメディ・バディミュージカル『マイ・バケットリスト』。不良少年カングと余命宣告を受けたヘギの物語です。2014年からソウルで上演されて来たこのヒットミュージカルが、昨年日本に上陸し話題に。今年も2月にキャストを変えて、初めて日本語版で上演されます!ヘギ役のSNUPERのリーダー、テウンさんが「まだまだです」と謙遜しながらも流暢な日本語でインタビューに応じてくれました。初顔合わせとなるCROSS GENEのキム・ヨンソクのさんとの二人芝居、どんな化学反応が起き、新たな魅力を放つ作品になるのか楽しみです。

    韓流NEWS

    2018年2月1日

  • いつも温かい気持ちにさせられる パク・ボゴムさんの格別なファンイベント

     昨年2月に行われた初めてのファンミーティングも、おもてなし精神たっぷりの、優しい人柄が伝わるイベントで5千人を迎え大盛況でしたが、10ヶ月ぶりとなったクリスマスイブ、日本公式ファンクラブ発足記念ファンミーティング<Christmas Eve>では、その倍のファンを魅了したパク・ボゴムさん。地上波で「雲が描いた月明り」が放映されたことも手伝って、より多くのファンが集まりました。  

    韓流NEWS

    2018年1月23日

  • 「明日、キミと」の演技派俳優、イ・ジェフンさんインタビュー

    「シグナル」で注目を浴びた演技派俳優イ・ジェフンさん。続く作品に、このラブコメを選択したことも話題に。彼の最終目標は、”イジェフンはいい俳優だから、彼が出た作品は気になる”と言われること、だそう。私にとっては、とっくの昔からジェフンさんは、まさにそんな俳優です。映画もドラマも欠かさず観てます!ちなみに彼は、バラエティ番組で天然ぶりを発揮したためか、インドア派が一緒に過ごしたい俳優ナンバーワンでもあるそう。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 「明日、キミと」で新たな魅力を発揮、シン・ミナさんインタビュー

    デビュー当時から変わらない、モデル出身のスタイルの良さと、可憐さで人気のシン・ミナさん。美人女優代表のひとりのミナさんが、ナイーブな主人公を演じ、新しい魅力を見せてくれたのが、タイムトラベル・ファンタジーラブコメ「明日(あす)、キミと」。彼女にとっても、大切な作品となったそうです。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 大ヒットドラマ「愛の迷宮-トンネル-」のチェ・ジニョクさんインタビュー

    3年ぶりの主演ドラマ「愛の迷宮-トンネル-」が、放送局視聴率歴代1位となったチェ・ジニョクさん。3年ぶりの公式来日となったファンイベント直前にインタビューに応じてくれた。「九家の書〜千年に一度の恋〜」、「相続者たち」、「エマージェンシーカップル」、「運命のように君を愛してる」、「傲慢と偏見」などで確実にファンの心をつかんできたスター、ジニョクさんと彼の最新作の魅力に迫る!

    韓流NEWS

    2018年1月5日

  • 注目の俳優4人組”One O One”来日インタビュー

    One O Oneは、同じ事務所のクァク・シヤン、クォン・ドギュンさん、ソン・ウォンソクさん、アン・ヒョソプさんの4人からなる若手俳優プロジェクトグループ。「ああ、私の幽霊様」で注目、ユ・アインさんとの「シカゴ・タイプライター」でも難しい役どころを好演、脚光を浴びたシヤンさん、ちょうどわたしが観終わったばかりのホームドラマ「お父さんが変」に兄弟役で出演し、お茶の間の幅広い視聴者から支持されたウォンソクさんとヒョソプさん(ちなみにこのドラマでも人気女優イ・ユリさんの怪演ー怖くないんですけど笑ーが爽快でした)、「20世紀少年少女」にも出演したドギュンさん。皆とても仲よさそうで、本当の兄弟のような和気あいあいとした雰囲気。全員186~188cmと長身の、優しい紳士たちでした。この日はウォンソクさんのお誕生日だったので、バースデーケーキを差し入れると、勉強しているという日本語でお礼まで。今後の活躍にも注目の4人です!

    韓流NEWS

    2017年12月26日

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords