【後編】ベーシック+ひとくせアイテムで気分を上げる!スタイリスト松村さん流・冬のおしゃれルール

自分の「好き」の核を大事にしながら、トレンドを吟味し「自分らしい」スタイルに落とし込むテクニックはさすが!スタイリスト松村純子さんのおしゃれマイルールを徹底取材。

スタイリスト・松村純子さんのマイルール

ベーシック+ひとくせアイテムで気分を上げる

「基本的にはベーシックなスタイルが好みなのですが、今年はそこにちょっとデザイン性のあるアイテムを足したり、レイヤードをすることで、少しだけ華やかさのある着こなしに惹かれています。私にとってはちょっと冒険アイテムでも、着た時の高揚感を重視。とはいえあまりに無理した着こなしは居心地も悪いので……。いつものベーシック+αのさじかげんを吟味し、おしゃれを楽しむようにしています」

Plageのサイドスリットニット

Plageのサイドスリットニット

一見ベーシックながら、両サイドに大きくスリットが入ったニット。「今までなら選ばなかった、私的には挑戦アイテムです」

Plageのサイドスリットニットを着用

サイドスリットからインナーをのぞかせて奥行きとニュアンスを

「たっぷりとしたフレアシルエットのニットには、下半身をすっきりまとめるのが常套手段。ロングブーツ熱が再燃中なので、黒のスキニーパンツをインしてコンパクトに。全体をシックなトーンにまとめることで、レイヤードスタイルもすっきりとした印象に着こなせます」。サイドスリットから白シャツが見えることで、クリーンさが加速し、着やせ効果も

SHIRT:UNIQLO

PANTS:Theory

BAG:CHANEL

SUB BAG : NO BRAND

SHOES:sergio rossi

ESTNATIONのフリルブラウスとBOTTEGA VENETAの甲深シューズ

ESTNATIONのフリルブラウス

襟もとと袖がフリルになった甘ブラウスは、ニットからチラリとのぞかせる前提で購入。「個人的にはボウタイより取り入れやすいです」

BOTTEGA VENETAの甲深シューズ

合わせやすさ満点の黒パンプスも、甲深のV字カッティングに更新。「これひとつでいつものスタイルも一気にモード感が高まります」

ESTNATIONのフリルブラウスとBOTTEGA VENETAの甲深シューズを着用

クラシックスタイルもエッジをきかせてほんのりモードにシフト

レディライクなスタンドカラーのフリルブラウスは、ワードローブにはなかった新顔アイテム。襟もとと袖口からのぞかせる前提なので、この小ぶりなフリルかげんがちょうどいい。シンプルな黒ニットの襟もとに白をきかせることで顔映りも格段に明るく。フロッキー加工のスカートを合わせたクラシックなスタイルにモードな黒小物でメリハリをプラス

KNIT:AURALEE

SKIRT:DRIES VAN NOTEN

BAG:CELINEO

【Marisol2月号2021年掲載】撮影/須藤敬一 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI)取材・文/塚田有紀子

What's New

Read More

Feature

Ranking