おしゃれプロは何が気になってる?「この春は怒濤のカラーラッシュ!!」

2017年4月9日
スタイリスト徳原さん&エディター須藤さんが「今リアルに欲しいもの」「気になるもの」をしゃべりつくす!
☆スタイリスト徳原文子
マリソルでは優しさと女性らしさを放つコーディネートを提案。本人は辛口シンプル好き。トレンドに流されないリアルな判断力に、個人的に買い物相談をするスタッフ多数。

☆ライター、エディター須藤由美
マリソルをはじめ女性誌ファッションページを担当。センスある画作りが評判。カジュアルでありながら上質さを放つ私服や小物使いはマリソルスタッフも常に注目している。

■地味色派の隠れた欲望も 呼び覚ます「色」ラッシュ!

須藤 今シーズンは本当に「色」だよね! シンプルベーシックとかネイビーのワントーン、ニュアンスカラーを繊細に重ねる着こなしは変わらず大好きなんだけど、そろそろ変化をつけたいなと思っていて。そこにこの春、怒濤のカラーラッシュが来た、って感じ。ふだんの自分たちのワードローブではキレイ色にほとんど縁がないけど、さすがに今季は欲しくない!? 特に派手色。

徳原 そうそう! 私も今シーズンはとにかく、ジュエリーカラーのような深いトーンの色が気になってる。

1/7

2/7

3/7

4/7

5/7

6/7

7/7

「トラッド感満点なケーブルニットこそ、色で遊んで」(徳原)。ニット¥16,000/RHC ロンハーマン(RHC)
「女っぽい美シルエットの靴こそ、この春はぱっきり色を選びたい」(須藤)。靴¥72,000/エイチ ビューティ&ユース(ポール アンドリュー)
ロープリボンがアクセント。パンツ¥24,000/フィガロ パリ 東京ミッドタウン店(フィガロパリ)
「定番モデルも赤ならぐっと新鮮」(須藤)。バッグ¥132,000/メゾン イエナ(J&M デヴィッドソン)
「着こなしも旬も問わないシンプルな形で、すごく発色がキレイ」(徳原)。靴¥110,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)
「濃密な赤はニットドレスで取り入れ」(徳原)。ドレス¥78,000/TOMORROWLAND(エムマルタン)
「深いトーンの色合わせも絶対したい組み合わせ」(須藤)。「濃いピンク×グリーンの配色が大好き。濃さを中和する白ベースのボーダーも、ブルーを選びたい気分」(徳原)。
カットソー¥13,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ルミノア) スカート¥23,000/アルアバイル 靴¥62,000/メゾン イエナ(ミッシェル ヴィヴィアン)

■強いピンクなら甘すぎない!

徳原 そうそう! 私も今シーズンはとにかく、ジュエリーカラーのような深いトーンの色が気になってる。黄色、赤、グリーン、ブルー。それからピンク! サーモン系あり、青みフューシャ系ありとトーンの幅はいろいろあるんだけど、最近は気がつくと強いピンクのボトムを集めてる(笑)。 

須藤 最近、コーディネートルームに絶対あるよね(笑)。私も、どピンクの女靴を買っちゃった。強くて深いピンクって甘すぎないから、意外に合わせる色もテイストも選ばない。一気に着こなしが今っぽくなるから、思った以上に重宝してる。

徳原 ピンクの靴もいいよねー。グリーンのロングスカートに合わせて、「色×色」で使いたい!

1/2

2/2

「センプレパンツならピンクでも大人仕様」(須藤)。パンツ¥15,000/ユナイテッドアローズ 丸の内店(ユナイテッドアローズ)
「ビビッドなピンクはとろみ素材だと抵抗なく着られる」(徳原)。スカート¥7,800/ミラ オーウェン ルミネ新宿2 店(ミラ オーウェン)
撮影/魚地武大 スタイリスト/徳原文子 取材・文/須藤由美

What's New

Feature

Ranking