ナチュラグラッセ発。デイリーメイクを楽しくする春新色とパケ買いしても後悔しないUV【マーヴェラス原田の40代本気美容 #370】

ニューノーマルな生活にも寄り添ってくれる、スキンケア仕立てのメイクアップアイテムがそろうナチュラグラッセ。軽やかに心地よくメイクできて、しかも石けんで落とせるんです! チークやハイライトとして、そして眉にも使えてしまう万能アイパレットや限定パッケージが美しすぎるUVケアまで春の新作をたっぷりご紹介。
ナチュラグラッセの2021年春の新色

2021年の春新色ニュースもそろそろフィナーレ。今回はオン&オフのデイリーなメイクに活躍する“持っていて安心”なアイパレットを中心に、ナチュラグラッセの春の新作をご紹介します。

ナチュラグラッセのアイパレットの定番化される2021年春新色

この春は洗練されたナチュラルブラウン(左)とふんわりフェミニンなピンクブラウン(右)が定番カラーとして発売に。これ、右端のシェードカラーはマットな質感だからアイブロウとしても使えるんです。その他のカラーもアイメイクだけではなくハイライトやチークのニュアンスチェンジに大活躍。手にすれば使い勝手の良さ、きっとお分かりいただけると思います。

ナチュラグラッセの新作アイパレットの限定色は2種

さらに今シーズンは、2つの限定カラーもラインアップ。左のサンセットマゼンダは鮮やかなカラーが印象的。中央のピンクゴールドのラメが繊細でいながらとても華やかで、夕焼けに染まったようなロマンティックな目もとを演出します。右のサンセットゴールドは中央のブロンズゴールドと右端のマットなレッドブラウンで意志ある目もとに。いずれのパレットも左端のまろやかなハイライトがまぶたにハリツヤも与えてくれるところが、大人の目もとにさらにうれしいポイントです。

ナチュラグラッセ アイパレット 新色4種(定番2種/限定2種) 各¥3600/ネイチャーズウェイ<3月15日(月)発売>

ナチュラグラッセの新製品のブライトタッチリキッド

アイメイクの頼もしい味方も発売されます。ブライトタッチ リキッドは、目もと美容液発想の部分用ファンデーション。悩みだらけの目まわりを色材で覆って隠すのではなく、光の拡散効果をうまく使って、薄膜でカモフラージュしてくれます。上から順に目もとを明るく見せるライトベージュ、青クマ隠しにぴったりのオレンジベージュ、くすみをカバーするピンクベージュ。悩み別の3色のバリエーションも拍手モノです。

ハリや保湿対策に長けた植物成分やオイルを配合した、リッチだけど軽やかなテクスチャーはスキンケア感覚で使えてムラ知らず。朝のメイクはもちろんのこと、ファンデーションの上から塗ってもヨレず、厚ぼったさが出ないから日中のお直しにもぴったりです。いつでもどこでも使えてケアもかなえる頼れる1本は、ぜひお悩みに合わせてセレクトを。

ナチュラグラッセ ブライトタッチ リキッド SPF23・PA++ 全3色 各¥2400/ネイチャーズウェイ<3月15日(月)発売>

ナチュラグラッセの限定UVケア

そして最後に、まもなく発売になる限定アイテムもご紹介しちゃいましょう。ご覧ください、この美しいパッケージ。自然にも肌にも優しい!と人気のUVシリーズ2品です。

左は定番の日焼け止め、UVプロテクションベースの限定デザイン。SPF50+・PA+++と高い紫外線カット効果に加え、今いちばん気になるブルーライト、さらに近赤外線からも肌を徹底的に守ってくれます。上品なツヤで肌をごく自然にトーンアップしてくれるし、何よりもスキンケア感覚で使えるみずみずしい使い心地が最高です。

右は限定品のUVパウダーコンパクト。同じく紫外線・ブルーライト・近赤外線と3つの光から肌を守ってくれて、日中の皮脂や汗によるメイクくずれ対策もできる優れものです。光を拡散するパウダーやラベンダーカラーのパールが配合されているから、肌魅せ効果も抜群! こちら2品も、もちろん石けんで落とせます。紫外線が本格的に気になる前に、ぜひためらわずパケ買いしちゃってください!

ナチュラグラッセ UVプロテクションベース[限定デザイン]30mL ¥3200、同UVパウダーコンパクト[限定品]¥4000/ネイチャーズウェイ<2月15日(月)限定発売>

ナチュラグラッセの2021年春の新色は使いやすい!

ニューノーマルな生活にも寄り添ってくれるスキンケア仕立てのメイクアップアイテムがそろうナチュラグラッセ。軽やかで心地よく、そして頼もしい春新作をぜひ試してみてくださいね。

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking