韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!

2020年は、なんと流行語大賞に「愛の不時着」がノミネート、2021年新年が明けるやいなや主役のふたり、ヒョンビンさん&ソン・イェジンさんが交際を認めるニュースが舞い込み、視聴ランキングを逆走し1位に返り咲き、「愛の不時着展」も開催中です。また、このコラムで、韓国での放映終了直後の2018年10月にインタビューしたパク・ソジュンさんの「キム秘書はいったい、なぜ?」も、「梨泰院クラス」の大ヒットで人気が再燃。おうち時間が増えたことも手伝い第4次韓流ブームと言われています。そんな2020年を振り返りつつ、これから注目していただきたい作品やアーティストにスポットを当てたいと思います!
韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!_1_1
Netflixオリジナルシリーズ『Sweet Home -俺と世界の絶望-』独占配信中
2020年は、眠っていたときめき細胞が蘇るドラマ部門(?)では、ひと味もふた味も違う学園ものの良作に出会えた年でもありました。このコラムでも主演の3人、SF9のロウンさん、イ・ジェウクさん(初主演のNetflix「ドドソソララソ」では優秀賞を受賞)、キム・へユンさん,そして「ペントハウス(原題)」でも注目のキム・ヨンデさんにインタビューした「偶然見つけたハル」と、オン・ソンウさんの「十八の瞬間」がそれです。マリソル世代にとってはもはや遠い昔の学生時代。でも誰しもが経験したことのあるひとときですし、親や先生の心情も繊細に描かれ心に響きます。2021年もそんな作品に会えそうな予感。若手俳優の登竜門「学校」シリーズ「学校2021」に出演が決まっている、Netflix「美しかった私たちへ」のWEiのキム・ヨハンさんにも注目しています。ちなみに「学校」シリーズといえば、「サーチ(原題)」(KNTVで2月より日本初放送)のチャン・ドンユンさん&「愛の不時着」のキム・ジョンヒョンさんの「恋するレモネード」(原題は「学校2017」)がポニーキャニオン WE LOVE K、YouTubeで無料公開中です。
韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!_1_2
Netflixオリジナルシリーズ『美しかった私たちへ』独占配信中
韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!_1_3
場合の数(原題)(衛星劇場にて3月より日本初放送) © JTBC studios & Jcontentree Studios Co., Ltd All rights reserved
  • 韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!_1_4-1

    18アゲイン(原題) 衛星劇場にて2月17日(水)より日本初放送 © JTBC studios & Jcontentree corp All rights reserved

  • 韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!_1_4-2

    恋するレモネード YouTube無料公開中/デジタル配信中 コンパクトDVD-BOX:¥5,000(本体)+税 発売・販売元:ポニーキャニオン KBS Licensed by KBS Media Ltd.(C)2017 KBS.All rights reserved

さりげないのにじんわり泣ける家族、友人、仲間ものの筆頭は、シーズン2の撮影中のNetflix「賢い医師生活」、「(知っていることはあまりないけれど)家族です(原題)」(Mnetで放映中。「恋愛ワードを入力してください:WWW」の監督)、「ストーブリーグ」(ナムグン・ミンさんが年末に2020年の演技大賞を受賞したばかり)。ため息が出るほど良くできているなあ、と感心してしまうサスペンスものでは、「秘密の森 シーズン2」、「リセット 運命をさかのぼる1年」(2020年主演女優、俳優、助演俳優が最優秀演技賞、優秀演技賞、助演俳優賞受賞)。また、ゾンビものなのですが、制作費約30億円というスケール感やキャスティングが素晴らしく圧倒される、ソン・ガンさん、イ・ジヌクさん出演のNetflix「Sweet Home-俺と世界の絶望-」も、初めてアメリカのNetflixでベスト10入りした韓流ドラマということでも話題に。可憐さの塊の女優コ・ユンジョンさんにも注目です!この作品でも活躍したイ・ドヒョンさんの「18アゲイン(原題)」も衛星劇場で2月より日本初放送が始まります。こちらは「ゴー・バック夫婦」の監督作品で温かく軽快なラブコメディ。日本でファンクラブもオープンした若手俳優リョウンさんも注目されています。さらに、無敵の顔の天才ASTROのチャウヌさんの「女神降臨(原題)」(4月よりMnetで日本初放送)、「ブラームスは好きですか(原題)」(KNTVで日本初放送中)、こちらも昨年末の演技大賞で話題となった「カイロス~運命を変える1分~(原題)」(KNTVで3月より日本初放送)、高視聴率で演技大賞では最多の9冠となった愛憎ドラマ「ペントハウス(原題)」(KNTVで2月より日本初放送)や、オン・ソンウさんの「場合の数(原題)」(3月より衛星劇場で日本初放送)、これから韓国で放映のヨ・ジングさんが刑事役という「怪物(原題)」、ロウンさんの「先輩、そのリップスティック塗らないで(原題)」なども期待大。それから、除隊したばかりのパク・ヒョンシクさん、イ・ジョンソクさん(「梨泰院クラス」のキム・ダミさんの映画『The Witch/魔女』の続編にカメオ出演が決まっているそう)、ド・ギョンスさんの復帰作も気になっています。復帰作といえば、2020年はキム・スヒョンさんのNetflix「サイコだけど大丈夫」が印象的でした!
韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!_1_5
Mnet にて放映中。「(知っていることはあまりないけれど)家族です(原題)」©︎ STUDIO DRAGON CORPORATION
韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!_1_6
ペントハウス(原題) KNTVで2月19日(金)日本初放送スタート 毎週(金)後8:00~10:30 ※2話連続放送 ©SBS
  • 韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!_1_7-1

    「リセット~運命をさかのぼる1年~」 DVD-SET1 2021年3月3日(水)発売 DVD-SET2 2021年4月2日(金)発売 ※同時レンタル開始 発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント (C)2020MBC

  • 韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!_1_7-2

    「ストーブリーグ」 2021年3月3日(水)よりTSUTAYA先行でレンタル開始! DVD-BOX1  2021年3月24日(水)発売 DVD-BOX2  2021年4月2日(金)発売 各\14,400 +税 発売・レンタル販売元:PLAN Kエンタテインメント セル販売元:ハピネット・メディアマーケティング (c) SBS

読書時間には、Apple TVにてイ・ミンホさんでドラマ化が決まっている、ベストセラー「パチンコ」(ミン・ジン・リー著、池田真紀子・訳/文藝春秋刊)はどうでしょう?釜山愛を隠せない私的には、物語の始まりが釜山というだけで引き込まれた作品です。作者自身も幼い頃韓国からニューヨークに移民し、弁護士から作家に転身、日本にも暮らしたことがあるという経歴の女性です。

そして、まさに社会現象となり、グローバルに爆発的な人気を誇るBTSとそのファンARMYを、自身も熱烈なARMYという社会学者が分析する「BTSとARMY わたしたちは連帯する」(イ・ジヘン著、桑畑優香・訳/イースト・プレス刊)も2月に発売予定で、その沼にハマる魅力を紐解いてみるのも一考。デビュー当時から、他と異なる何かを感じ、ダンスプラクティス映像をまわりじゅうに送りつけてはスルーされていた頃が懐かしく嘘のよう(笑)。

さらにもう一冊、「あの名シーンを食べる! 韓国ドラマ食堂」(本田朋美・八田靖史・西村オコ著/イースト・プレス刊)もドラマファンなら要チェックです!美味しそうなメニュー満載のドラマ「ゴハン行こうよ」が大好きなので、様々な人気ドラマの料理を網羅したこの本の登場は嬉しい限り。料理は日本にある食材で再現でき、尊敬するマニアックなコリアン・フード・コラムニスト八田靖史さんの解説付きなので読み物としても楽しめます。

昨年から猛烈な勢いで韓流ドラマを観ているという八田さんのベスト3は「トッケビ」「青春の記録」「椿の花咲く頃」。韓流ドラマは「食事シーンがリアル、かつ充実していて、登場する料理からも地域的な背景や、人間関係などさまざまな要素が伝わってくる」と、その魅力をコメント。ドラマの中の食べたい料理は「椿の花咲く頃」のトゥルチギ(豚肉の炒め煮)入りマンドゥ(餃子)。韓国料理の「焼肉、鍋料理、テーブルいっぱいに並ぶ副菜など、食卓はみんなで囲むものという一体感がある」ところが魅力だと言います。
また、韓国料理研究家の本田朋美さんのベスト3は、「ミセン」「賢い医師生活」「トッケビ」で、韓流ドラマの魅力は「伏線が随所にちりばめられていて、解明されていく過程に感嘆します」と。食べたいメニューは「ゴハン行こうよ」の最終回に登場するテジ(豚肉)クッパ。韓国料理の魅力は、食卓に並ぶ多種多様な料理には、動物性と植物性食材が満遍なく取り入れられ、栄養バランスの良い食事ができること、だそう。私はさっそく「サンガプ屋台」のカラフルな卵焼きを作ってみたくなりました!!
  • 韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!_1_8-1

    「BTSとARMY わたしたちは連帯する」 (イ・ジヘン著/翻訳:桑畑優香訳 /イースト・プレス刊)/1600円(税別)発売日:2021年2月17日

  • 韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!_1_8-2

    「あの名シーンを食べる! 韓流ドラマ食堂」(本田朋美・八田靖史著/イースト・プレス刊)/1300円(税別)

音楽界では、3月に開催予定のグラミー賞にもノミネートされ、ビルボードで1位を獲得、世界でのフィジカル売り上げ1&2位を占め(ちなみに3&4位もK-POPグループのSEVENTEEN)、圧倒的人気のBTSがまたもや熱かった2020年。そんな群雄割拠の韓国の音楽界で、2020年8月に世界デビュー、昨年の新人賞をほしいままにしているのが、TREASUREです。BIGBANG、BLACKPINKらで知られる芸能事務所YG ENTERTAINMENTのサバイバルオーディション番組を勝ち抜いた12人組で、うち4人が日本からというグループ。彼らもまた、曲作りなどに積極的に取り組む多才なアーティストです。1月11日には初アルバム「THE FIRST STEP : TREASURE EFFECT」を配信リリース、たちまち世界18カ国のiTunesチャートで1位に。とにかく元気がもらえる曲とパフォーマンスに注目して欲しいです!初の日本オリジナル楽曲「BEAUTIFUL」がテレビ東京系アニメ「ブラッククローバー」のエンディング曲に選ばれ、日本デビューも3月31日に決定、待ち遠しい限り!!
韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!_1_9
韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!_1_21
桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 夏の話題作、推しドラマ&映画が大渋滞!!

    気分を上げ、心を豊かにしてくれる芸術の存在にありがたさを今まで以上に感じる今日この頃。嬉しいことに、この夏も話題の韓国ドラマ、韓国映画が目白押し!ドラマは「シグナル」「ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です」のイ・ジェフンさんのダークヒーローもの「模範タクシー(原題)」、「星から来たあなた」のチョン・ジヒョンさんの「キングダム アシンの物語」。映画は、実話をもとに描いた働く女性の『サムジンカンパニー1995』、韓国で観客動員820万人超えを記録したブロックバスター映画『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』、「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」『新感染 ファイナル・エクスプレス』のコン・ユさんと「青春の記録」のパク・ボゴムさん共演の『SEOBOK/ソボク』、そして、グローバルに活躍するBLACKPINKの本国デビュー5周年を記念した初の映画『BLACKPINK THE SHOW』と熱いラインナップに注目!

    韓流NEWS

    2021年7月9日

  • 豪華、韓ドラ松花堂弁当! 魂入れ替わりラブコメ時代劇「哲仁王后(チョルインワンフ)」

    韓国ドラマ好きなら、知らない人はいない名作ドラマ量産ケーブルTV局tvN。私の韓国旅行の楽しみのひとつは、tvNがリアルタイムで観れること。そのtvNの歴代視聴率ランキングの上位を占めるのは、1位から「愛の不時着」「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」「恋のスケッチ 応答せよ1988」「ミスター・サンシャイン」と続き、5位が今回紹介する「哲仁王后(原題)」、6位が「ヴィンチェンツォ」。ランキングからも、愛すべき魂入れ替わりフュージョン・ラブコメ時代劇「哲仁王后」が、どれだけ人々を熱中させ、大ヒットしたかが伝わってきます。どのキャラクターも生き生きと魅力的で、衣装やセット、宮中料理なども麗しくときめきが止まりません!待望の日本初放送が衛星劇場でスタートします!!

    韓流NEWS

    2021年7月1日

  • 「女神降臨」でブレイクの新星、ファン・イニョプさんインタビュー

    世界100カ国でヒットしたウェブ漫画が原作というドラマ「女神降臨」。日本でも放送中で、顔の天才チャウヌさん演じる秀才イ・スホの恋のライバル、ハン・ソジュンがはまり役と話題となったのがファン・イニョプさん。魅力あふれるキャラクターに完璧にシンクロ、ソジュン派、ハン・ソジュンアリ(ハン・ソジュン病)続出で、切ないソジュンの心情を乗せたOST(ドラマ挿入歌)まで披露し、世の女子たちのハートを鷲掴みに。超新星として注目されています。イニョプさんは「ノクドゥ伝~花に降る月明かり~」でカン・テオさん演じるユルムの護衛役を経て、温かくて泣ける推しドラマ「18アゲイン」では恋に不器用な高校生役を好演。「18アゲイン」放映時20万人だったSNSのフォロワー数が、「女神降臨」の熱量で935万人超えに増えたそうです。そんな宇宙いち学生服が似合う30歳のルーキーは、現在チ・チャンウクさんと来年配信予定のNetflix「アンナラスマナラ」(「雲が描いた月明かり」「梨泰院クラス」のキム・ソンユン監督、「雲が描いた月明かり」「恋するジェネレーション」のキム・ミンジョン脚本家)の撮影中だという彼に、グッと迫ります!

    韓流NEWS

    2021年6月21日

  • 眼福、社会派、癒し系。話題の最新ドラマや映画が大豊作!!

    6月も話題作が続々登場して嬉しい限り!百想芸術大賞で作品賞に輝いた「怪物」は、主演のシン・ハギュンさんが、「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギさんや「サイコだけど大丈夫」のキム・スヒョンさん、「悪の花」のイ・ジュンギさん、「ペントハウス」のオム・ギジュンさんという錚々たる候補者を抑えて最優秀主演男優賞も受賞したのにも納得の話題作です。また、じんわり泣けて私好みの「賢い医師生活」シーズン2も始まるなど、韓国ドラマ、韓国映画の快進撃はこの夏も続きます!!

    韓流NEWS

    2021年6月15日

  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー

    5月26日に、シングルとしては4年半ぶりとなる「Emotion」をリリースしたチャン・グンソクさん。子役時代からドラマや映画で活躍してきた彼は、歌手として日本デビューも果たしマルチな才能でファンを魅了してきました。昨年5月に約2年に及ぶ社会服務要員としての服務を終え、アーティストとして再始動!今年3月の配信シングル「Star」が、たちまちLINE MUSICリアルタイムチャートで1位になるなどそのカリスマぶりを発揮。しなやかに、そしてパワーアップして帰ってきた唯一無二のエンターテイナー&伝説のスター、グンソクさんにたっぷりお話をうかがいました!

    韓流NEWS

    2021年5月28日

  • 泣ける!イ・ジェフンさんの「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」

    「この人の作品なら何はともあれ観てみよう」と思う俳優のひとりが、「シグナル」のイ・ジェフンさん。彼は映画やドラマでおなじみの演技派俳優ですが、2016年に観た「シグナル」は作品の完成度が衝撃的で、私的ベスト10ドラマのひとつです。先月約2年ぶりに「模範タクシー(原題)」でドラマ復帰したジェフンさん。Netflixオリジナル作品「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」は、ファン待望の彼の最新ドラマでもあります。5月14日に配信スタートしたこの作品は、ジェフンさんと、「愛の不時着」のタン・ジュンサンさんの共演でも話題。「悪霊狩猟団カウンターズ」も痛快だったし、極上エンターテイメント「ヴィンチェンツォ」に心奪われ、全員が怪しいサスペンスの極み「ロースクール」もだいぶ面白くハマっていますが、派手さはなくとも温かい涙を誘う系のこんなドラマも必須です!!

    韓流NEWS

    2021年5月17日

  • 顔の天才、チャウヌさん(ASTRO)が語る「女神降臨」!

    次から次へと、手に余るほど麗しい俳優を世に送り出す韓流ドラマ。いま、最も注目されている美男ツートップは、完璧なスタイルで27歳には見えない童顔、声も魅力的なソン・ガンさんと、顔の天才と言われる、アイドルグループASTROの多才なチャウヌさん。二人とも漫画から飛び出てきたようなイケメンで、とくにチャウヌさんは、「推しは推し、チャウヌはチャウヌ」(韓国語でチェチェチャチャ)という新造語があるほど、誰もが認める圧倒的存在。そんな彼の、演技ドル(演技もできるアイドル)としての話題の最新ヒット作ドラマ「女神降臨(原題)」が日本でも始まります!

    韓流NEWS

    2021年4月19日

  • ソン・ジュンギさんの怪演が話題!「ヴィンチェンツォ」の沼にハマる

    「愛の不時着」「梨泰院クラス」に続くNetflixのヒットドラマとなっているのがソン・ジュンギさん主演の「ヴィンチェンツォ」。ドラマ好きの間では、2019年の名作「熱血司祭」の脚本家パク・ジェボム作家と、美しい映像とていねいな演出が印象的だった「王になった男」のキム・ヒウォン監督、制作がスタジオドラゴン、韓国放映が良作ドラマで知られるケーブル局tvNというだけで心待ちにしていた作品です。Netflixの人気ランキングトップにも輝き、韓国でも話題沸騰中。裏切り、どんでん返し、何でもありでときにじんわりさせられ、そしてテンポよくサイダーのように痛快、爆笑を誘うウィットに富んだセリフがそこここにちりばめられた、韓国ドラマの真骨頂。存分に楽しめます!

    韓流NEWS

    2021年4月13日

Read More

Feature

Ranking