美女組No.193 miko
No.193 miko
174cmののっぽ。メンズライクな服が好きです。
身長:174cm
職業:会社員
My favorites:最近ハマっているのはヴィンテージ服探し。大学時代はフランス文学専攻。食べることにとにかく貪欲。レストラン探しを人からよく頼まれます。

Instagram:branche527

やっぱりシャツが好き!!

ここ数年自分のクローゼットを侵食し続けているシャツのお話。
今日は、ここ2年で私のクローゼット内で急激に勢力を伸ばしているシャツについて語ろうかなと思います。


夏場あれだけ重宝していたTシャツがある日突然「激ムズアイテム」と化したその日から、私はすっかりシャツの虜になりました。


40代間近の体型変化で、Tシャツを着ると肩の丸みや背中の肉感が強調される気がして苦手になってしまったのです。(※厚みや素材感により、いけるものもあり)


「Tシャツが苦手になったから」というだけではなくて、私がシャツにハマるのには他にも理由があります。


普遍的で原型は変わらないのに、ブランド独自のこだわりにキュンキュンしてしまうから。


ボタンの種類、カフスの長さ、襟の形・大きさ、全体のシルエット、生地、タグ、背面に入ったタックなどなど・・・ディテールのこだわりを垣間見るとグッとくるんです。

  • やっぱりシャツが好き!!_1_1-1

    長いカフスは一気にドレッシー感が増す

  • やっぱりシャツが好き!!_1_1-2

    ウィングカラーでフォーマル要素があるのに、生地がオックスフォードでカジュアル



やっぱりシャツが好き!!_1_2
プリーツは男性のタキシードシャツの要素。でも形は丸みをおびて女性らしい。

2020年は特にビデオ会議が増え、上半身はある程度きちんと感を出したいということでシャツ熱に拍車がかかりました。


冬場もニットの下に着たり、ニットの上に羽織ったり、季節を問わず活躍するのも好きなポイントです。


今期のセールではこちらの濃いめの水色のものをゲット。
LOEFFのシャツ


今からでももちろん着られますが、春になったらこれ一枚さらっと着るのも素敵だなあと妄想を膨らませております。


まだ見ぬバリエーションを追い求めて、単なるブームではなくシャツ熱はずーっと続きそうです。

What's New

Read More

Feature

Ranking