注目のカジュアルアイテムを使った冬のオフ&リモートワークコーデのまとめ【40代ファッション】

らくちんパンツ、スニーカー、フーディー、この冬注目のカジュアルアイテムを取り入れた、40代のためのオフ&リモートワークコーデをお届けします! カジュアルだけどルーズに見えない大人の着こなしをマスターしましょう。

①3大らくちんパンツでつくるきれい見えコーデ

リラックス感のあるはき心地でリモートワークでも重宝しつつ、今年っぽさを加えるアクセントとしても使える「ツヤとろみ」「ベロア」「ニット」のパンツを3大らくちんパンツと認定! オフにもリモートワークにも快適なきれい見えコーデをレクチャー。

Type1:ツヤとろみパンツ

夏より少し厚手のサテンで、柔らかく上品な光沢が特徴。重くなりがちなこれから時期のコーデの抜け感にも!

ツヤとろみパンツ1
パンツ ¥13,000/アンクレイヴ

■ツヤとろみパンツ×ロングコート

ダークトーンのコートからツヤ素材をのぞかせて
ツヤとろみパンツ2
深みのある美しいブルーサテン生地。なのにウエストはドローストリングというギャップがおしゃれ。レディ度の高いブラックのロングコートからチラリとのぞかせるだけで洗練された印象が簡単にかなう。

パンツ/上と同じ コート¥110,000/グラフペーパー ニット¥29,000/TOMORROWLAND(トゥモローランド コレクション) カチューシャ¥5,400/カシラ ショールーム(CA4LA) イヤリング¥6,873/アビステ バッグ¥145,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥14,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ

■ツヤとろみパンツ×カーディガン

同色のカーデをつなげ、こなれ感のあるカジュアルに
ツヤとろみパンツ3
ほっこりしがちなカーディガンコーデも、パンツがツヤとろみ素材になるだけで一気に今の表情に。ゴールドアクセでひとさじのリッチ感を添えて。

パンツ¥28,000/ミスク(ミスク トウキョウ) カーディガン¥27,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) Tシャツ¥7,500/オーラリー ストール¥53,000/スロー サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) チョーカー¥378,000/ウノアエレ ジャパン(ウノアエレ) バッグ¥41,000・ロゴハンドル¥16,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥44,000/ベイジュ(ピッピシック)

■つやとろみパンツ×ジャケット

ジャケットで上品にしつつ肩がけニットで抜け感を
ツヤとろみパンツ4
柔らかな光沢感がきれいなライトベージュのとろみワークパンツに、白ジャケットを合わせてちょっぴりフォーマルに。そこに肩がけしたニットとメガネを合わせれば、デイリーに着やすいこなれたカジュアルスタイルが完成。

パンツ¥33,000/スタンブリー ジャケット(共布ベルトつき)¥65,000/ヴェルメイユパー イエナ 青山店(ウジョー) Tシャツ¥9,000・ニット¥78,000/エブールギンザシックス メガネ¥33,000/アイヴァン7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥83,000/essenceof ANAY(I FALORNI) 靴¥14,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

Type2:ベロアパンツ

秋冬ならではの温かみと華やかさをあわせもつ今季のニューカマー。リラックスシーンからちょっとしたフォーマルまで使える幅の広さも魅力。

ベロアパンツ1
パンツ¥23,000/ドレステリア 新宿店(ドレステリア)

■ベロアパンツ×デザイントップス

ちょっぴりフォーマルを意識
ベロアパンツ2
素材自体にドラマティックさがあるので、ドレスアップにも使えるベロアパンツ。ディープグリーンが上品な一本にデザイン性の高い白のロングトップスを合わせ、バッグはレオパード柄のミニポシェットをアクセントに。ちょっぴりおめかしモードに仕上げて。

パンツ/上と同じ シャツ¥42,000/スタンブリー ピアス¥34,000・バングル¥62,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥105,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥16,800/ヒューマンウーマン(REMME)

■ベロアパンツ×ジャケットコート

ベージュコート×キャメルピンクの秋らしい配色でシックに
ベロアパンツ3
ふんわり柔らかなキャメルピンクのベロアパンツは、はき心地抜群でシワになりにくいのもうれしい。きれいな仕立てのベージュのジャケットコートとパンプスで秋らしいトーンにまとめ たら、ファーのボディバッグと大ぶりピアスを。上品さと遊び心を同時に感じられる、鮮度の高いコーデが完成! 

パンツ¥35,000/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ) コート¥59,000/スタンブリー ニット¥27,000/オンワード樫山(ジョゼフ) ピアス¥25,037/アビステ バッグ¥27,000/ピーチ(ヴィオラドーロ) 靴¥14,500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

■ベロアジャケット×シャギーニット

ふわふわニットと秋ならではの素材感を楽しんで
ベロアパンツ4
ほどよく光沢があるので、ニットやコートといったマットな素材と合わせやすいのもベロアの魅力。ブラック&ブラウンのダークトーンも、ベロアのツヤ感のおかげでどこか軽やかで女性 らしいムードに。

パンツ¥9,900/ノーク(ノーク) ニット¥33,000/エイトン青山(エイトン) 帽子¥11,000/カシラ ショールーム(CA4LA) ネックレス¥11,000/ヒューマンウーマン 時計¥23,000/ダニエル ウェリントン カスタマーセンター(ダニエル ウェリントン) バッグ¥60,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥9,500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

Type 3:ニットパンツ

暖かくてらくちんなのはもちろん、こなれ感の演出にも大活躍。大人のカジュアル上級者からの支持率№1!
ニットパンツ1
パンツ¥17,000/TOMORROWLAND(ボールジィ)

■ニットパンツ×同色ニット

セットアップ風に着るのもおしゃれ
ニットパンツ3
ライトグレーのリブパンツに同色のゆるっとしたニットを合わせ、セットアップ風の着こなしに。かなりリラックス感の強い組み合わせなので、上品な小物で引き締め要素を加えるのを忘 れずに。アウター代わりにバサッとはおったストールもメリハリポイント。

パンツ/上と同じ ニット¥42,000/ADORE ストール¥29,000/エリオポール代官山(ベグアンドコー) 帽子¥13,800/カシラ ショールーム(CA4LA) バッグ¥155,000/ドレステリア 新宿店(ザンケッティ) 靴¥19,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(カミナンド)

■ニットパンツ×ノーカラーコート

コンサバなノーカラーコートにほどよい抜け感を
ニットパンツ3
コンサバ感が強いコートをもっとカジュアルにも着回したい、そんな時もニットパンツの出番。インをワントーンで上品にまとめつつ、足もとはスニーカーではずして軽やかに。

パンツ¥88,000/シジェーム ギンザ(PICEA) コート(TOMORROWLAND別注)¥89,000/TOMORROWLAND(エイトン) プルオーバー¥33,000/ブルーバード ブルバード ネックレス(短)¥20,000・(長)¥32,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

■ニットパンツ×Tシャツ

Tシャツでカジュアルにはく日も足もとは女っぽく
ニットパンツ4
OFFの日はTシャツとデニムジャケットでとことんカジュアルに着こなすのもおすすめ! ただし足もとはルーズに見えないよう、きれいめパンプスでシャープさを足すのが大人の正解。 パーカでウエストマークしてメリハリをつけ、バランスよく着こなして。

パンツ¥32,000(コキュカ)・ジャケット¥43,000(シチズンズ オブ ヒューマニティ)・Tシャツ¥9,800(ニュートーン)・バッグ¥145,000(シモネッタ ラビッツァ)/ザ ストア バイ シー 代官山店 パーカ¥20,000/ラヴァンチュール マルティニーク 靴¥30,000/ベイジュ(ピッピシック)
【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹下玲奈

②上品コーデを今どきのおしゃれに変換する「スニーカー」

いつものきれいめコーデに足すだけで、今どきのおしゃれに変換してくれるスニーカー! アラフォーが頼れる強い味方。

■パイソン柄のスリッポンスニーカー

■パイソン柄のスリッポンスニーカーコーデ
白コート×ボルドーのツヤスカートのきれいめコーデにパイソン柄のスリッポンスニーカーを投入して、大人らしくカジュアルダウン!

コート¥200,000/マディソンブルー ニット¥18,000/アンクレイヴ スカート¥17,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) バッグ¥34,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥35,000/アマン(ペリーコ サニー) ブレスレット¥5,900/シップス 有楽町店(エーヴィーマックス) ネックレス¥20,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■コンバースのハイカットスニーカー

■コンバースのハイカットスニーカーコーデ
ツヤ感のあるアウターとスカートのコーデを、黒アイテムで引き締めて。ブーツ感覚で使えるコンバースのハイカットスニーカーは冬にこそ重宝!

スカート¥25,000・コート¥89,000/インターリブ(サクラ) カーディガン¥105,000/マディソンブルー ロングスリーブT¥14,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥33,000/ウィム ガゼット青山店(マルコ マージ) スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 帽子¥13,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(キジマ タカユキ* ミキア フォー ユナイテッドアローズ) ネックレス¥266,000/CHERRY BROWN(チェリーブラウン)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ラグ & ボーンのハイテクスニーカー

■ラグ & ボーンのハイテクスニーカーコーデ
重くなりがちな冬のコート&スカートコーデに抜けをつくってくれるスニーカー。モノトーンでまとめた足もとにカラフルな色をきかせて。

靴¥37,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン) スカート¥25,000・ニット¥50,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) 靴¥37,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン) コート¥69,000/エブールギンザシックス(ebure) Tシャツ¥8,800/スローン サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥35,000・ネックレス¥57,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥179,000/ジミー チュウ
【Marisol1月号2021年掲載】撮影/金谷章平 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/徳原文子 モデル/RINA 撮影協力/バックグラウンズファクトリー

■ヴェジャの白スニーカー

■ヴェジャの白スニーカー
美人見えするカラー配色のコーデに、白スニーカーで軽やかさと抜け感を加えて。パンツからのぞくボリューミーなスニーカーが今どきのバランス。

ニット¥14,000(エムセブンデイズ)・バッグ¥20,000(マロウ)/SHOP Marisol コート¥29,000/ノーク パンツ¥46,000/東レ・ディプロモード(ヴィンス) メガネ¥33,000/アイヴァン PR(アイヴァン) 靴¥22,000/シードコーポレーション(ヴェジャ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/吉村友希 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ノヴェスタの白スニーカー

■ノヴェスタの白スニーカーコーデ
きれいめパンツのオフィスコーデにスニーカーを合わせるなら、洗練された細身の白スニーカーを選んで。動きやすくクリーンなコーデがオフィスでも好意印象を与えてくれるはず。

コート¥210,000/ADORE ブラウス¥24,000/ビームスハウス 丸の内(エッフェ ビームス) パンツ¥52,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥52,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥28,000・バングル¥98,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥145,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 靴¥29,000/ノヴェスタ ジャパン オフィス(ノヴェスタ)
撮影/酒井貴生(aosora) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■コンバースのハイカットスニーカー

■コンバースのハイカットスニーカーコーデ
聡明な印象の白ジャケットに落ち着いたエクリュカラーで全体的なトーンを揃えれば、足元がスニーカーでも浮かずに馴染む。インにはスリーピースのスーツにヒントを得て、艶ベージュのカーディガンを仕込んで、さらに上級者の着こなしを狙って。

ジャケット¥86,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) カーディガン¥31,000/スローン パンツ¥39,000/アパルトモン青山店(ハーヴェル スタジオ) ストール¥80,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ジョシュア エリス) サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥28,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥115,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 靴¥6,500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)
撮影/酒井貴生(aosora) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■ピエール アルディの男前な派手めスニーカー

■ピエール アルディのベージュスニーカーコーデ
淡いベージュ色コーデにパンチのある派手めなスニーカーを合わせて、定番のニット×スカートコーデのイメージを刷新!

スカート¥16,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 靴¥72,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥89,000/アパルトモン 青山店(アーチ ザ) 帽子¥12,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ネックレス¥21,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) ストール¥42,000/カレンソロジー青山(オール ナチュラル ベーシック) バッグ¥90,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

③コーデの印象をガラリと変えるなら「フーディ」投入!

オーソドックスなコーデやシンプルコーデの印象を変えるなら、フーディ投入がおすすめ。今っぽいこなれ感が手に入る!

■フーディつきブルゾン×プリーツスカートコーデ

■フーディつきブルゾン×プリーツスカートコーデ
リブニット+タイトスカートの定番コーデに、透け素材のフーディつきブルゾンをON。ポンチョのようにすそが広がるシルエットで"ゆるピタ"バランスがつくりやすい。モノトーンでまとめれば意外にもシックな印象。

ブルゾン¥36,000/オンワード樫山(ベイジ,) ニット¥19,000・スカート¥44,000/ADORE ピアス¥36,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥15,500/ザ ストア バイ シー 代官山店(メゾン ボワネ) バッグ¥18,800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥23,500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)
【Marisol10月号2020年掲載】撮影/西崎博哉(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE(nude./佐田さん)スタイリスト/石毛のりえ

■フーディ×ニットスカートコーデ

■フーディ×ニットスカートコーデ
ニットスカート+フーディはカラートーンをそろえてラフになりすぎない工夫を。ほんの少しのぞく白Tがアクセント。フーディとワントーンでまとめて旅カジュアルをモダンにアップグレード!

スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) コート¥110,000/オーラリー パーカ¥11,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) Tシャツ¥8,800/スローン バッグ¥38,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) スニーカー¥31,000/ティースクエア プレスルーム(デイト) サングラス¥38,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥18,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(フィリップ オーディベール)
【Marisol1月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 取材・文/発田美穂

■フーディ×コート×サテンスカートコーデ

■フーディ×コート×サテンスカートコーデ
上品なサテンスカートにいつもきれいめなニットではつまらない。フーディとブーツで大人のカジュアルコーデに!

スカート¥9,900/ノーク ブーツ¥75,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ &  ボーン) コート¥160,000/エイトン青山(エイトン) パーカ¥26,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(イレーヴ) バッグ¥45,000/アマン(プロタゴニスタ) ブーツ¥68,000/パラブーツ青山店(パラブーツ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■フーディ×トレンチコート×パンツコーデ

■フーディ×トレンチコート×パンツコーデ
フーディがトレンチコートの表情を変える! カッチっとした印象になりやすいトレンチコートにフーディを合わせてモダンなカジュアルコーデに昇華。

パンツ¥52,000/アングローバル(イレーヴ) コート¥62,000(リジエール)・バッグ¥16,000(アメリカーナ)/アパルトモン 青山店 パーカ¥22,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ザ アカデミーニューヨーク) メガネ¥33,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 靴¥9,000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)
【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/石毛のりえ モデル/渡辺佳子

■フーディ×チェック柄のシャギースカートコーデ

■フーディ×チェック柄のシャギースカートコーデ
表面はふんわりしつつ、適度にハリ感がありきれいなフレアシルエットをつくってくれるシャギースカート。大好きなフーディスタイルを華やかにアップデート。足もとも白のレザースニーカーでトーンをそろえつつ、軽快に! 

スカート¥68,000/ANAYI パーカ¥23,000/サードマガジン サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥39,000/ロンハーマン(ステート オブ エスケープ) 靴¥20,000/シードコーポレーション(ヴェジャ)
【Marisol12月号2020年掲載】撮影/小川健太郎(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹内友梨

■フーディ×ジャケット×レザーのタイトスカートコーデ

■フーディ×ジャケット×レザーのタイトスカートコーデ
まろやかなグリーンと、ゆったりしたサイズ感でほどよく抜けが出るトラッカージャケット×レザーのタイトスカートに、フーディを投入してラフ感を加えて。

ジャケット¥65,000/マディソンブルー パーカ¥16,000/ユナイト ナイン(レミ レリーフ) スカート¥130,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) メガネ¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥20,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥145,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(シモネッタ ラビッツァ)
【Marisol12月号2020年掲載】撮影/小川健太郎(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹内友梨

■フーディ×ジャケット×ロングスカートコーデ

■フーディ×ジャケット×ロングスカートコーデ
甘口ボトムのカジュアル仕上げに欠かせないフーディ。温かみのあるニット素材なら、ほどよく女らしさと上品さを残せるうえに、こなれ感も出ていいことずくめ。目の詰まった編み地やカシミア素材など、リッチ感のある素材を選び、大人の余裕を感じさせて。

ニットパーカ¥39,000/CABaN Daikanyama(キャバン) ジャケット¥62,000・スカート¥48,000/オーラリー サングラス¥55,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(セリーヌ) バッグ¥43,000/アパルトモン 青山店(ドラゴン) 靴¥38,000/ドレステリア 新宿店(ファビオ ルスコーニ)
【Marisol12月号2020年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里

■フーディ×プリーツスカート×ロングブーツコーデ

■フーディ×プリーツスカート×ロングブーツコーデ
大きめのフーディがプリーツスカートとロングブーツのフェミニンコーデをほどよくカジュアルダウンしつつ、大人の可愛げを高めてくれる!

フーディ¥10,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(カラフル スタンダード) スカート¥27,000/アルアバイル(ルル・ウィルビー) ピアス¥29,000/ショールーム セッション(マリハ) バングル¥70,000・リング¥30,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店 靴¥78,000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥65,000/アルファPR(アエタ) 
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■フーディ×コート×パンツコーデ

■フーディ×コート×パンツコーデ
仕立てのいい、美しい発色のブルーのセンタープレスパンツが、アラフォーの定番とも言えるネイビーコーデを瞬時に新鮮な表情に。ベースの配色が上品なので、フーディにかごバッグ、レオパード柄のシューズ。カジュアル度の高いアイテムを合わせても大人っぽさをキープできる。

パンツ¥43,000・コート¥140,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パーカ¥20,000/アパルトモン 青山店(ループウィラー) バッグ¥65,000/アルファ  PR(アエタ) 靴¥106,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/Yuko Mizuno(D-CORD) 小森由貴 スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹下玲奈

■フーディ×ナロースカートコーデ

■フーディ×ナロースカートコーデ
大人がフーディつきスウェットを着るなら、ビッグシルエットに振りきったほうが"わかってるしゃれ感"を打ち出せる。ボトムは薄手のナロースカートを指名して。「カジュアル×エレガント」のかけ合わせの間違いのない成功例。

スウェット¥28,000/プラージュ 代官山店(ジェーン スミス) スカート¥28,000/アパルトモン 青山店(オズマ) バッグ¥23,500/CPR トウキョウ(アニタ ビラルディ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)
【Marisol 11月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹内友梨 構成・文/三尋木奈保

▼あわせて読みたい

  • いま、40代が夢中になるブランドのまとめ!【2020秋冬・レディース服トレンド】

    ライフスタイルが変わりつつある今、アラフォーが「グッとくる」10大ステディブランド、7大ECブランドを一挙ご紹介! ただ素敵なだけではもの足りない。ブランドのフィロソフィーや女性像に心動かされるから、その服が好きになる、欲しくなる・・・。服選びにも少しずつ変化が出始めている今、40代の2020秋冬トレンドをナビゲート。

What's New

Read More

Feature

Ranking