今年の気分を“スミクロ”に託して「まろやかな黒」でかなえるニュアンスブラックstyles

“黒なのにあいまい”“黒なのに優しい”が新しい!冬のおしゃれに「ニュアンスブラック」が効く

この冬、アラフォーが注目したいのは、トーンや素材のニュアンスで楽しむ、「ムードのある黒」という選択肢。ちょっぴりダスティな墨色でなじませたり、透けやふわもこなど、旬の素材感で軽やかに引き締めたりと、いつもの最愛カラーで今っぽくなれる、新しいアプローチを楽しんで!


☆“ニュアンスブラック”って?
01)color
「ニュアンスカラー」のようなまろやかな黒のこと

あせたトーンの「墨黒(スミクロ)」のこと。自己主張の強い原色である黒が、流行のニュアンス配色になじむ「くすみカラー」に変化し、今っぽい抜け感を楽しめる。

02)Material

素材の質感で、女っぽさや温かみをまとった黒のこと

透け感やツヤ、ふわもこなど、素材のディテールを味方につけた立体感のある黒。シャープで冷たい印象になりがちな無彩色に、フェミニンさや優しげな可愛げが宿る。

まろやかな黒_1

スタイリスト徳原文子presents
「まろやかな黒」

色あせ、色落ちetc.、育てて作る色であったスミクロが、ニュアンスカラー流行りの中、ぐっと身近に。簡単にこなれ見えする色の力を実感して!

<メンズの服や古着をよく着る私にとって、“スミクロ”は以前から大好きな色。グレイッシュに色落ちした風合いが、着こなしをぐんとしゃれて見せてくれるんです。ほかの色とのコントラストがつきすぎず、黒なのに「なじませる」配色がかなうことも特徴のひとつ。ニュアンスカラーを好むアラフォー女性のワードローブにぴったり! 定番色の選択肢がひとつ増えた気持ちで、ぜひトライしてほしいです (徳原さん)>



1:ほんのりフォギーな墨色シャツで、辛口フェミニンを攻略

フィルターをかけたように柔らかにくすんだ黒が、シルクの光沢感をまろやかに落ち着かせ、キレのよいスタイルに優しげな女っぷりが実現

まろやかな黒_2

「スミクロ自体は甘さのない色なので、スタイリングやアイテム選びで女っぽく落とし込むのが、こなれて見える秘けつです」(徳原さん)。洗いにかけ、起毛加工を施したことで、ニュアンスをまとったシルクサテン地の黒シャツをタイトスカートにゆるっとイン。かすみがかった黒の風合いは淡ブルーのストールとも好相性。

シャツ¥32,000/カオス横浜(カオス) スカート¥16,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) チョーカー¥64,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ストール¥16,000/ジャーナル スタンダード 表参道店(ナイブチョクボウ) バッグ¥98,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥101,000/ジミー チュウ



2:ウォッシュドコットンのスカートで、オールブラックコーデに更新感を!

質感とトーン違いのグラデーションだけでメリハリのある全身ブラックを成立させた上級者コーデ。広がるスカートにスミクロで抜け感をオン

まろやかな黒_3

「黒同士でなじませることができるのも、ニュアンスブラックの魅力です」(徳原さん)。ツヤありダウンやレザーブーツなど漆黒アイテムのキレのよさをきわだたせ、奥行きのあるオールブラックを満喫できる。

スカート¥45,000/マディソンブルー ダウンジャケット¥123,000/ウールリッチ 青山店(ウールリッチ) ニット¥24,000/エスケーパーズオンライン(ポステレガント) ネックレス¥59,000/アパルトモン 青山店(ガブリエラ アルティガス) バッグ¥256,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥135,000/ロエフ 六本木店(フラテッリ ジャコメッティ)



3:あせたような黒スウェットが、ニュアンスカラーに溶け込んで

ニュートラルカラーとの相性が抜群なのも、スミクロのいいところ。配色のムードを損なわず、休日カジュアルを優しく引き締める!

まろやかな黒_4

休日スタイルをイージーに転ばせず、ヘルシーに仕上げてくれるのは、色あせた黒のトーンや切りっぱなし襟など、ユーズド風のムードを醸すこんなフーディ。「この一枚が軸なら、ふんわりしたあいまい配色がちゃんとつながります」(徳原さん)。白系小物でキリッとクールダウンするバランスが最高に今っぽい。

パーカ¥36,000(ニリロタン)・靴¥128,000(ジャンヴィト ロッシ)/アパルトモン 青山店 コート¥120,000/エブールギンザシックス(ebure) パンツ¥18,000/アルアバイル サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)




4:色落ちブラックデニムで、かなえる、最旬グレイッシュワントーン

マットなグレーボトムではなく、ダメージデニムという選択がキモ。ウォッシュ感ならではの立体カラーで、ワントーン配色の奥行きがUP

まろやかな黒__5

「のっぺりしがちな単色コーデに、色落ちが均等でないウォッシュ加工のしゃれ感、立体感が有効です」(徳原さん)。モードなウォッシュドブラックデニムなら、シャギーカーデの甘さをほどよくセーブし、大人のMIXスタイルに。

デニムパンツ¥25,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) カーディガン¥36,000/バトナー Tシャツ¥7,800/スローン 帽子¥23,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(ラブリーバード) ストール¥22,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) グローブ¥15,000/ANAYI バッグ¥29,000/ウィム ガゼット青山店(マルコ マージ) 靴¥86,000/エスケーパーズオンライン(クレジュリー)
【Marisol2月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹下玲奈

What's New

Read More

Feature

Ranking