稲村ヶ崎までドライブ。旬の小花柄プリントで夕陽に染まる砂浜を歩く

2017年5月5日
ちょっとロマンティックな気分に浸りたいときにこそぴったりなのが、トレンドの小花柄プリント
GWでも連続休暇がとれない彼とのデートは週末のみ。なので遠出はできないけれど、ちょっとロマンティックに花柄のラップスカートで鎌倉までドライブ。あえてのヴィンテージ風というのが今っぽく、感度が高めの人に愛されそうなコーデは、ゆるやかフィットのニットでシンプルにまとめても十分華やか。運転するのは私なので足もとはお決まりのフラットシューズで。脱ぎ履きしやすいから、夕陽に染まる砂浜ではさっと裸足になって駆けぬけることもできる。

ニット¥18,000・スカート¥29,000(アイロン) サングラス¥48,000/ブリンク・ベース(アイヴァン 7285) バッグ¥43,000(ベルメール)・パンプス¥35,000(チェンバー)/SHOP Marisol 
撮影/魚地武大(物) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords