週末に婦人科検診。きれいめラフコーデで何事もないよう願掛けして

2017年4月28日
お着替えしやすいラフな服装でも上品さを忘れないために、ホワイトコーデを意識してみる
気づくと生理が2ヶ月もきていないし、かといって陰性だし、ということで週末を利用して婦人科検診を予約。いくら女医さんとはいえ、だらしない女性とは思われたくないので服装もそれなりにきちんとを意識して。楽ちんだけどリッチ見えするブラウンの型押しサンダルとカーキのブルゾンを清潔感のあるとろみガウチョに合わせて、カジュアルなのにほんのり女らしい、大人のリラックスコーデで挑もう。
ガウチョパンツ¥29,000/ADORE サンダル¥62,000/アパルトモン 青山店(マリアム ナシール ガティー) ジャケット¥49,000/アングローバルショップ 表参道(ウールリッチ) カットソー¥12,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) バッグ¥19,000/フレームワーク ルミネ新宿店(MONSERAT DE LUCCA) 
撮影/魚地武大(物) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵

What's New

Feature

Ranking