美女組No.141 カキノキ
No.141 カキノキ
弁護士16年目の3児の母です。オシャレ好きを生かしてファッションコンサルとしても活動中。
身長:153cm
職業:弁護士、パーソナルスタイリスト、ファッションコンサルタント
My favorites:趣味は年間300冊以上読む読書と、ラジオを聞くこと。常に新しい知識に貪欲で、言葉を大事にしていきたいと思っています。

オシャレ迷子の30代を過ごした経験から、同じ悩みを持つアラフォー女性のお手伝いをしたいと思っています。40代がもっと知的に輝くために、情報発信していきます!

年間300冊読む私が激推しする今読むべき作家はこの3人!

独断で、自信を持ってレコメンド。令和の空気感はこの作家から伝わります!
発売中のマリソル3月号、「できる女性のキャリアを支えた『おしごと本』」特集で、大好きな2冊
津村記久子「この世にたやすい仕事はない」
藤森かよこ「馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。」
を紹介させていただきました。
年間300冊読む私が激推しする今読むべき作家はこの3人!_1_1
ご紹介した理由については、ぜひ本誌をご覧くださいね!

さて、私は小説やノンフィクションを中心に、年間300冊以上読む本好き。というか、常に何かしらの文章を読んでいないと落ち着かないくらいの活字中毒です(笑)

出版不況が叫ばれて久しいですが、時代の空気感って、やっぱりネットではなく、本からでしか伝わらないものもあると思うのです。
そんな私が、令和3年の空気感を読み取るならこの作家さんの本を読んで!という3人をご紹介します。
年間300冊読む私が激推しする今読むべき作家はこの3人!_1_2

宇佐見りん

言わずと知れた第164回芥川賞作家。もうお読みになった方も多いのではないでしょうか?
受賞作の「推し、燃ゆ」ももちろん面白いのですが、私がよりお勧めしたいのが、デビュー作の「かか」です。
アルコール依存症の母親に悩み、機能不全家族に育った19歳の主人公が必死の思いで旅に出る…というストーリーですが、作者がお好きだという中上健次をどこか思い出させるような、土着感のある独特のリズムの文体に揺さぶられます!
作者は執筆時なんと20歳!ものすごい才能を感じます。

王谷晶

ガール・ミーツ・ガールの短編集「完璧じゃない、あたしたち」の疾走感にも度肝を抜かれましたが、最新作にして初の長編「ババヤガの夜」も、疾走感はそのままに、骨太なシスターフッドストーリーに仕上がっています。まさかのどんでん返しもあり、エンタメとしても楽しませてもらいました!

大前粟生

「うーん、時代はここまで進んでるのか…!」といろんな意味で唸らされた一冊が、「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」です。
自分が男性であるがゆえ、生来に備わっているとされる加害者性に悩み、心まで病んでしまう青年の姿が描かれているのですが、「男性であることに悩む」ことが中心命題とされているのがまさに令和らしい!
まだまだ旧態依然とした男らしさが幅をきかせる日本社会ですが、何かが確実に変わり始めていると気づかされる作品です。
 以上、3名の作家さんをご紹介しました。少しでも心にひっかかる1冊があれば、ぜひ読んでみて、時代の空気を感じてください!
 皆さまが素敵な読書ライフを送られる参考になれば嬉しいです!
 ファッションコンサルティングブログでは、顔タイプ、カラー、骨格から診断する本当にあなたに似合う服の選び方や、日々のファッション、美容情報などを綴っています。良かったらぜひご覧ください。

What's New

Read More

Feature

Ranking