プチプラでも上品!暖かい日のジャケットコーデ【高見えプチプラファッション #155】

1万円台で買えるジャケットがアツい!若者のお店に眠る掘り出し物みつけました
最近、2月とは思えないような気温が高い日が多くなってきたので、冬物のコートではなく軽いアウターを羽織ることが増えました。トレンチコートも着ますが、さらに暖かい日は「ジャケット」。数年前は、「ジャケットってどうやって着るの??」なんて悩むこともありましたが、最近はすっかり「アウター」として定着。慣れてきた今は、手持ちのジャケットも増えてきました。
昨年買ったのは、ネイビーとベージュの「ダブルジャケット」↓
ダブルジャケット2点画像
以前は、「1枚あれば十分」と思っていましたが、使い慣れてくると、色や素材、デザインにもこだわりはじめるように…コーデに合わせて使い分けしたくなるんです!

そして、この春もおしゃれ用のジャケットを購入しました。1万円台前半のプチプラで、とてもカッコいいデザインをみつけてしまったんです。発見したのは、若者のお店「マウジー」!↓
マウジーのジャケット画像
これまでは「ダブルボタン」のジャケットが多かったのですが、今回は「シングル」。ウエストの「絞り」がないボクシータイプなので、ちょっぴりマニッシュな印象です。色は、「ライトグレー」ですが、第一印象は「ベージュ」のように見えました。グレージュに近い、とても素敵なニュアンスカラーなんです。

素材は「リネン」が約半分。厚手でも、サラっとした生地が涼しげな春夏の素材です。
マウジーのジャケット生地アップ画像
「リネンジャケット」は、去年の春夏に2点買ったので、今年で3枚目↓同じリネンでも、「ライト」「厚手」などの生地感や、「シングル」「ダブル」のボタンデザインで印象も異なるので、それぞれ違いを楽しめるんです。
ベージュはトレンチコートのように使いやすいので、ついつい多くなってしまいます!
リネンジャケット画像
ウエストの絞りがない、ストンとしたボクシージャケットは、はおるだけでクールな印象。デニムにも最高に合うデザインです。シンプルな定番のシングルボタンは、ジャケットが初めての方にも使いやすいデザインなのではないでしょうか。
マウジーのジャケットとデニムを合わせた画像
身長170cmの店員さんが着ているのを見た時、丈はそれほど長くは見えなかったのですが、163cmのわたしが着てみると、ヒップがスッポリと隠れるロング丈でした(サイズ「1」を着用)。長い丈はトレンド感もあるので、個人的には理想の丈感。ボクシータイプなので、着用感もわりとゆったりしているんです。
マウジーのジャケット着画
グレージュのジャケット(正式には「ライトグレー」)は色が控えめなので、コーデにも取り入れやすい色。あまり悩まずに合わせられます!トレンチコート同様の使いやすさは、一度着てみるとハマるかもしれません♪

【Day 1】ボクシージャケットをフェミニンに

マウジーのジャケットとプリーツスカートを合わせたコーデ
↑マニッシュなジャケットは、フェミニンなプリーツスカートにも好相性。色をベージュ系でまとめれば、やわらかな印象がアップ。黒をポイントで入れると、全体のバランスがよさそうです。

【Day 2】デニムに合わせてマニッシュに

マウジーのジャケットとデニムを合わせたコーデ
↑ジャケットに相性がいいデニム。ブルー系デニムは基本的にどれも合いますが、写真のような「インディゴ」や「ブラック」のような濃い色のデニムを選ぶと、ジャケットのニュアンスカラーが引き立ちます。

【Day 3】リネン×リネンで春らしく

マウジーのジャケットとリネンスカートを合わせたコーデ
↑リネンジャケットに合わせ、ボトムスも同じくリネン素材を合わせると涼しげです。色を揃えると、セットアップのようにも着られます。プリント系など、何かアクセントがあるスカートのほうが、ベージュの「ぼやけ見え」を防げそう。

【Day 4】ハーフパンツできれいめカジュアル

マウジーのジャケットとハーフパンツを合わせた画像
↑ジャケットの丈が長めなので、これから暖かくなる季節には、ハーフパンツにもバランスよく合わせられます。スニーカーでヘルシーなジャケットコーデが楽しめそう。

【Day 5】サロペットに羽織って

マウジーのジャケットとサロペットを合わせたコーデ
↑ワンマイルコーデには、デニムサロペットに肩からラフに羽織ってみるのも素敵。カジュアルなサロペットにも「きちんと感」がプラスされ、大人のサロペットに変身。

↓生地がしっかりしているので、大人が着ても安っぽさがなく、とても上品な印象なんです。お仕事にも使えそうですね!
マウジーのジャケット着画
…さて、最後にお知らせになります。私事になりますが、この度、2月いっぱいを持ちましてマリソル美女組を卒業させて頂くこととなりました。それに伴いこちらの連載も、次回2/28(日)が最終回となります。これまでご覧下さいましたみなさまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞ最後までよろしくお願いいたします!
…………………………………………………………………………………………………
★オマケのプチプラ(#150)★
「ユニクロのドライTシャツ(メンズ)」¥590+税

最近、昼間は「暑い」と感じる日も出てきましたね。着こなしによっては少しずつ汗ばむようにもなったこの季節に重宝するアイテムが、ユニクロのこの商品↓…わずか590円(+税)というプチプラにして、この時期に欠かせない優秀アイテムなので、ぜひご紹介させて頂きます!
ユニクロのドライTシャツ3点画像
まずは、この3ケタ価格。靴下など、メンズの「消耗品コーナー」でみかけることが多いため、基本的には「下着」の扱いかもしれません。消耗品らしい「まとめ買い割引」対象で、3点買うと1,500円(+税)と、さらにお得になります。でも、下着だけではもったいない!「おしゃれ着」としてふんだんに活用できるんです。

メンズコーナーに置いてありますが、実際は男女兼用。サイズはメンズ基準なので、わたしは用途によって、「S」と「M」を使い分けています↓
ユニクロのドライTシャツ3点を並べた画像
「おしゃれ用」に使える理由は、汗をかいてもサラサラな「ドライ機能」がついていること。たとえば、スウェットやニットに重ね着をする際、汗ばむ気温の日にはこの機能がついていると快適です。
それに、基本は下着のため「薄手」というのも重ね着に便利な利点のひとつ。フィット感のあるトップスの下に着ても、モコモコせずスッキリ着られるんです。
ユニクロのTシャツをトレーナーにインした画像
薄手でも、隠さずに「見せて着られる」というのが大きなポイント。暑い日にはムレがちな、ジャケットのインナーとしても重宝し、薄手なのでシルエットを崩さないんです。デザイン性の高い「クルーネック」も、インナーとして1枚で着やすい!

わたしの場合、ジャケット用にはスッキリみえる「S」、ニットに重ねて裾から出す時には、少し丈の長い「M」を使い分けています。重ね着、インナー…「主役」ではありませんが、欠かせない名わき役!
ユニクロのドライTシャツをジャケットインしたイメージ画像
最高気温が20℃近い日も多くなるこの時期は、「Tシャツ」も使い分けるとさらに快適になりそう♪「3枚まとめ買い」は必至ですね!
  • 美女組 Akane
  • 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。

What's New

Read More

Feature

Ranking