今だから笑える!?「人生史上最悪&最高のデート」を聞いてみました!

働くアラフォー女性480人に、「人生史上最悪のデート」と「最高のデート」についてアンケート調査
人生史上最悪&最高のデート
好きな人とのデートは心躍る楽しい時間のはずですが、今にも逃げ出したくなるような最悪のデートを経験したことがある人もいますよね。今回は、クスッと笑えるものから切ないものまで、人生史上最悪のデートエピソードを集めました。うっとりするような最高のデートエピソードも併せてどうぞ!

■人生史上最悪のデート

●映画館で飛び込んできた衝撃の携帯メッセージ

「映画館デートをしていたところ、彼の携帯に英語のメッセージが入ったのが目に飛び込んできました。メッセージの内容は『Masa, Hisae, Your daughter Harukaに逢えるのを楽しみにしている』と・・・。暗闇だったのでバッチリ文言が見えてしまったのです。既婚者でしかも子持ちだったことが半明し愕然としました」(さちさん)

夏フェスデートでまさかの一人ぼっち

「彼と夏フェスに行ったのですが、彼は音楽友達やライブ仲間がたくさんいて友達と盛り上がってしまい、遠くまでわざわざ来たというのに私は一日中ほったらかしにされ一人ぼっちに。全く楽しめませんでした」(まこさん)

史上最悪のデートになりそうだったのをギリギリで阻止!

「婚活アプリで出会った人とメッセージか盛り上がったのでデートすることに。おしゃれをして向かいましたが、相手は会社帰りだというのにダメージデニムでチャラチャラした品のない格好。しかもプロフィール写真とはあまりにも違っていてびっくり。さらにファーストフード店に行こうとしたのでその場でサヨナラしました」(Ayaさん)

ドライブデートのはずが写真撮影係に(怒)!

「スポーツカー好きの彼に『ドライブに行こう!』と誘われたデート。いざ行ってみると、ドライブとはスポーツカー好きのお仲間とのツーリングで、私はひたすら指示されて走行中の写真を撮る係だったのです。タイミングを逃すと叱責され、私は途中からそんな彼の態度にイライラ。車好きの聖地・大黒のサービスエリアでの撮影中にほとほと嫌になり、友人に迎えに来てもらいツーリングから離脱。それから一度も彼とお会いすることなくお別れしました」(きゃおりーさん)

私服がダサ過ぎてドン引き

「スーツ姿しか知らない人と休日デートをすることになりました。ワクワクしながら待ち合わせ場所へ行くと、ドン引きするほど相手の私服がダサかったのです。一刻も早く帰りたいのに、運悪く女友達とバッタリ会ってしまって最悪でした」(ポムリンさん)

出会って2回目のデートで猛烈なダメ出し!

「まだ出会って2回目の男性とご飯デートをした時に、私の働き方について猛烈にダメ出しをしてきた人がいました。どうしたかったのか未だによくわかりません...」(すんさん)

デート中に泣き出した彼

「デート中にケンカになってしまい口論していたら、突然、相手が泣きはじめて・・・あれは相当びっくりしました」(クリオネさん)

蚊と戦って負けた居酒屋デート

「初夏にワイガヤ系の居酒屋でデートをしていたところ、足元を蚊に刺され続け、脚が見るも無残な状態に(涙)。しばらく痒くて辛かったし、スカートをはけませんでした」(Laraさん)

●実はディズニーマニアだった彼と過酷なディズニーデート

「年上の知的な彼とディズニーランドデートをすることになって楽しみにしていたのですが、実は彼、超がつくディズニーマニアだったのです。そのことを全然知らなくて・・・自分よりも数倍テンションが高く、朝から晩まで連れ回されヘトヘトに疲れ果ててしまいました」(奈々美さん)

まさかの後部座席でドライブデート

「ドライブデートをすることになったのですが、彼が知り合いに見られたくないという理由で、ドライブ中ずっと後部座席に座らされました(怒)」(ミーさん)

人混みの花火大会でイライラデート

「大人気の花火大会へデートに行ったのですが、とにかく人、人、人で、大混雑していて会話もままならない状況だし、トイレは長蛇の列・・・。二人とも機嫌が悪くなり、喧嘩をしながら帰路につきました」(さとさん)

■人生史上最高のデート

「沖縄の波照間島で満天の星空を二人きりで観測したデートは、心に残る最高の思い出です」(すっちゃんさん)

「夫と和歌山に旅行した際、白良浜で花火が上がるということで観に行くと、その花火大会はメッセージを白良浜のスピーカーとFM放送で流した直後に花火を1発打ち上げる『メッセージ花火大会』でした。いろいろな人のメッセージを微笑ましく聞いていたら、突然、私の名前が耳に入ったのです。そして『家事と仕事の両立いつもありがとう。これからもお互い助けあってがんばっていこうね!』とメッセージが流れました。花火もとても素敵で、涙が止まりませんでした」(まさっちさん)

「俳優をしていた彼との外出デートは、まわりに気づかれないようにいつも真夜中。手を繋ぎ、1日あったことをお互いにおしゃべりしながら川沿いをお散歩するデートが最高でした」(花さん)

「『パスポート持って羽田に集合ね。歩きやすい靴できて!』と前日に連絡をもらい、言われるがまま羽田空港へ行くと、行き先は台湾でした。ドクターで忙しい日々を送る彼でしたが、旅先のリサーチは完璧でとても頼もしかったです。グルメな2人の国境を越えた最高のデートでした」(きゃおりーさん)

「デートの内容ではなく、付き合う前の一番最初のデートがいつも最高だと思います。あれに勝る高揚感はないですね」(ぶた子さん)

「夫と毎月デートしています。特別なサプライズとかはないのですが、気持ちが落ち込んでいるのを察して企画してくれるので、毎回、史上最高のデートを更新しています」(ちえみんさん)

Text:Yuko Aoki

What's New

Read More

Feature

Ranking