アカデミー賞候補!穏やかな余韻の残る『ミナリ』

ウィットに富んだ台詞に笑え、そこここでじんわり泣ける、決して派手なドラマではないけれど、私好みど真ん中だった最近のドラマ「(知っていることはあまりないけれど)家族です(原題)」。「恋愛ワードを検索してください:WWW」の監督、主人公を演じるのが演技派ハン・イェリさんというだけでも魅力的で、虜に。そして、いま話題のアメリカ映画『ミナリ』でも、このイェリさんの演技に世界の注目が集まってます。『ミナリ』はゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞、世界で78冠を記録。4月に予定されているアカデミー賞にも、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚本賞、作曲賞にノミネートされています。この映画もまた、”家族”を描いた温かな作品。彼女は、音楽を担当したエミール・モッセリ作の「Rain Song」も歌っていて、これがまた印象的。穏やかな余韻を残し、とっても素敵です。イェリさんのコメントとともに、日本で3月19日に公開される映画『ミナリ』を紹介します!
『ミナリ』は、『ムーンライト』『レディ・バード』などのスタジオA24と、『それでも夜が明ける』のブラッド・ピットさんが率いるPLAN Bエンターテインメントがタッグを組んで製作。物語の舞台は80年代のアメリカ南部アーカンソー。韓国からカリフォルニアに移住した夫婦が、二人の子供たちと心機一転、引っ越した先は、50エーカー(東京ドームは約11エーカー)の土地に打ち捨てられたかのようなトレーラーハウス。夫ジェイコブは、毎年3万人増とも言われる韓国人移民を見込み、韓国野菜を育てることに賭けてみようと必死だが、妻モニカは子供達のためにも穏やかな生活を願うばかり。違う形で家族を守ろうと葛藤するふたりが、子供達の世話役にとモニカの母を呼び寄せるが、、、。韓国系アメリカ人、リー・アイザック・チョン監督の半自叙伝的なストーリーで、彼が脚本も手がけています。
アカデミー賞候補!穏やかな余韻の残る『ミナリ』_1_1
ミナリ(セリ)には、たくましく地に根を張り、2度目の旬が美味しいことから、子の世代のために親の世代が懸命に生きるという意味が込められているそう。水際でたくましく育ち、どんな料理にも合うセリ。煮えても焼いても生でも美味しく、旬の頃、釜山のサムギョプサルの店で、大量のセリが出て来て肉と一緒に焼いて楽しむのを知り感激したこともあります。イェリさんも、「どんなに一生懸命に頑張っても、うまくいかないことはあります。そうかと思えば、無心に何かをやっていたら、そのほうがうまくいくこともあったりして。誰の人生にも、似たことが起きると思います。ちゃんと生きようとすれば、自分に合った場所を選んで定着しなければならないでしょうね。この映画に登場する家族も、何とか生活を成り立たせたくて、移民した土地であのように必死に暮らしているわけです。それがセリと似ている部分だと思います。すべての人々の人生と、とても似通っていると思います」とコメントしています。『ミナリ』のテーマは愛だと言い、「自分の家族や、自分が過ごしてきた時間を少し振り返ることができる話なので、そこがいいと思います。それにそのような時代を経験していなくても、誰かが、家族の中の誰かが、そういう過去を経てきたんだなあと感じられると思います。だから私が今ここで、困難に負けることなくちゃんと生きていられるのは、そういう人々の力があったからであり、そういう人々の愛のおかげで可能になったと、この映画を見れば知ることができます」と続けます。また、この映画を通して、「個人的な願いとしては、モニカがどうとか、映画の内容がどうとかいうことから離れて、ただ自分と自分の祖母、あるいは自分と自分の母親や父親のことについて、ちょっと考えてみる機会になればいいですね」とも。
アカデミー賞候補!穏やかな余韻の残る『ミナリ』_1_2
アカデミー賞候補!穏やかな余韻の残る『ミナリ』_1_3
ジェイコブ役には「ウォーキング・デッド」のスティーヴン・ユァンさん、姉弟を演じたのは新人の子役ネイル・ケイト・チョーちゃんとアラン・キムくん。美しく心奪われる映像は「ストレンジャー・シングス 未知の世界」なども手掛けるラクラン・ミルン撮影監督が担当したと知り納得。
アカデミー賞候補!穏やかな余韻の残る『ミナリ』_1_4
劇中、イェリさんの母を演じたユン・ヨジョンさんが、すでに32の助演女優賞に輝き、その勢いはとどまるところを知りません。ヨジョンさん自身も、夫の学生ビザで70年代にフロリダに渡り、ふたりの子供を産み10年近く暮らしたそうで、この映画に共感できる部分が多々あったそうです。ユン・ヨジョンさんといえば、「私の心が聞こえる?」「棚ぼたのあなた」「本当にいい時代」「ディア・マイ・フレンズ」『それだけが、僕の世界』などドラマや映画でお馴染み。私の推しドラマ「まぶしくて 私たちの輝く時間」「優しくない女たち」などのキム・へジャさんとともに国民的女優と称されるベテラン女優。最近は「ユン食堂」や、「ユン・ステイ」というバラエティ番組でも「梨泰院クラス」のパク・ソジュンさんや『パラサイト 半地下の家族』のチェ・ウシクさんらと出演して、飾らない素顔も魅力的です。
アカデミー賞候補!穏やかな余韻の残る『ミナリ』_1_5
アカデミー賞候補!穏やかな余韻の残る『ミナリ』_1_6
『ミナリ』3月19日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国 ロードショー ©️2020 A24 DISTRIBUTION,LLC All Rights Reserved. 配給:ギャガ
アカデミー賞候補!穏やかな余韻の残る『ミナリ』_1_8
桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 夏の話題作、推しドラマ&映画が大渋滞!!

    気分を上げ、心を豊かにしてくれる芸術の存在にありがたさを今まで以上に感じる今日この頃。嬉しいことに、この夏も話題の韓国ドラマ、韓国映画が目白押し!ドラマは「シグナル」「ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です」のイ・ジェフンさんのダークヒーローもの「模範タクシー(原題)」、「星から来たあなた」のチョン・ジヒョンさんの「キングダム アシンの物語」。映画は、実話をもとに描いた働く女性の『サムジンカンパニー1995』、韓国で観客動員820万人超えを記録したブロックバスター映画『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』、「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」『新感染 ファイナル・エクスプレス』のコン・ユさんと「青春の記録」のパク・ボゴムさん共演の『SEOBOK/ソボク』、そして、グローバルに活躍するBLACKPINKの本国デビュー5周年を記念した初の映画『BLACKPINK THE SHOW』と熱いラインナップに注目!

    韓流NEWS

    2021年7月9日

  • 豪華、韓ドラ松花堂弁当! 魂入れ替わりラブコメ時代劇「哲仁王后(チョルインワンフ)」

    韓国ドラマ好きなら、知らない人はいない名作ドラマ量産ケーブルTV局tvN。私の韓国旅行の楽しみのひとつは、tvNがリアルタイムで観れること。そのtvNの歴代視聴率ランキングの上位を占めるのは、1位から「愛の不時着」「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」「恋のスケッチ 応答せよ1988」「ミスター・サンシャイン」と続き、5位が今回紹介する「哲仁王后(原題)」、6位が「ヴィンチェンツォ」。ランキングからも、愛すべき魂入れ替わりフュージョン・ラブコメ時代劇「哲仁王后」が、どれだけ人々を熱中させ、大ヒットしたかが伝わってきます。どのキャラクターも生き生きと魅力的で、衣装やセット、宮中料理なども麗しくときめきが止まりません!待望の日本初放送が衛星劇場でスタートします!!

    韓流NEWS

    2021年7月1日

  • 「女神降臨」でブレイクの新星、ファン・イニョプさんインタビュー

    世界100カ国でヒットしたウェブ漫画が原作というドラマ「女神降臨」。日本でも放送中で、顔の天才チャウヌさん演じる秀才イ・スホの恋のライバル、ハン・ソジュンがはまり役と話題となったのがファン・イニョプさん。魅力あふれるキャラクターに完璧にシンクロ、ソジュン派、ハン・ソジュンアリ(ハン・ソジュン病)続出で、切ないソジュンの心情を乗せたOST(ドラマ挿入歌)まで披露し、世の女子たちのハートを鷲掴みに。超新星として注目されています。イニョプさんは「ノクドゥ伝~花に降る月明かり~」でカン・テオさん演じるユルムの護衛役を経て、温かくて泣ける推しドラマ「18アゲイン」では恋に不器用な高校生役を好演。「18アゲイン」放映時20万人だったSNSのフォロワー数が、「女神降臨」の熱量で935万人超えに増えたそうです。そんな宇宙いち学生服が似合う30歳のルーキーは、現在チ・チャンウクさんと来年配信予定のNetflix「アンナラスマナラ」(「雲が描いた月明かり」「梨泰院クラス」のキム・ソンユン監督、「雲が描いた月明かり」「恋するジェネレーション」のキム・ミンジョン脚本家)の撮影中だという彼に、グッと迫ります!

    韓流NEWS

    2021年6月21日

  • 眼福、社会派、癒し系。話題の最新ドラマや映画が大豊作!!

    6月も話題作が続々登場して嬉しい限り!百想芸術大賞で作品賞に輝いた「怪物」は、主演のシン・ハギュンさんが、「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギさんや「サイコだけど大丈夫」のキム・スヒョンさん、「悪の花」のイ・ジュンギさん、「ペントハウス」のオム・ギジュンさんという錚々たる候補者を抑えて最優秀主演男優賞も受賞したのにも納得の話題作です。また、じんわり泣けて私好みの「賢い医師生活」シーズン2も始まるなど、韓国ドラマ、韓国映画の快進撃はこの夏も続きます!!

    韓流NEWS

    2021年6月15日

  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー

    5月26日に、シングルとしては4年半ぶりとなる「Emotion」をリリースしたチャン・グンソクさん。子役時代からドラマや映画で活躍してきた彼は、歌手として日本デビューも果たしマルチな才能でファンを魅了してきました。昨年5月に約2年に及ぶ社会服務要員としての服務を終え、アーティストとして再始動!今年3月の配信シングル「Star」が、たちまちLINE MUSICリアルタイムチャートで1位になるなどそのカリスマぶりを発揮。しなやかに、そしてパワーアップして帰ってきた唯一無二のエンターテイナー&伝説のスター、グンソクさんにたっぷりお話をうかがいました!

    韓流NEWS

    2021年5月28日

  • 泣ける!イ・ジェフンさんの「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」

    「この人の作品なら何はともあれ観てみよう」と思う俳優のひとりが、「シグナル」のイ・ジェフンさん。彼は映画やドラマでおなじみの演技派俳優ですが、2016年に観た「シグナル」は作品の完成度が衝撃的で、私的ベスト10ドラマのひとつです。先月約2年ぶりに「模範タクシー(原題)」でドラマ復帰したジェフンさん。Netflixオリジナル作品「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」は、ファン待望の彼の最新ドラマでもあります。5月14日に配信スタートしたこの作品は、ジェフンさんと、「愛の不時着」のタン・ジュンサンさんの共演でも話題。「悪霊狩猟団カウンターズ」も痛快だったし、極上エンターテイメント「ヴィンチェンツォ」に心奪われ、全員が怪しいサスペンスの極み「ロースクール」もだいぶ面白くハマっていますが、派手さはなくとも温かい涙を誘う系のこんなドラマも必須です!!

    韓流NEWS

    2021年5月17日

  • 顔の天才、チャウヌさん(ASTRO)が語る「女神降臨」!

    次から次へと、手に余るほど麗しい俳優を世に送り出す韓流ドラマ。いま、最も注目されている美男ツートップは、完璧なスタイルで27歳には見えない童顔、声も魅力的なソン・ガンさんと、顔の天才と言われる、アイドルグループASTROの多才なチャウヌさん。二人とも漫画から飛び出てきたようなイケメンで、とくにチャウヌさんは、「推しは推し、チャウヌはチャウヌ」(韓国語でチェチェチャチャ)という新造語があるほど、誰もが認める圧倒的存在。そんな彼の、演技ドル(演技もできるアイドル)としての話題の最新ヒット作ドラマ「女神降臨(原題)」が日本でも始まります!

    韓流NEWS

    2021年4月19日

  • ソン・ジュンギさんの怪演が話題!「ヴィンチェンツォ」の沼にハマる

    「愛の不時着」「梨泰院クラス」に続くNetflixのヒットドラマとなっているのがソン・ジュンギさん主演の「ヴィンチェンツォ」。ドラマ好きの間では、2019年の名作「熱血司祭」の脚本家パク・ジェボム作家と、美しい映像とていねいな演出が印象的だった「王になった男」のキム・ヒウォン監督、制作がスタジオドラゴン、韓国放映が良作ドラマで知られるケーブル局tvNというだけで心待ちにしていた作品です。Netflixの人気ランキングトップにも輝き、韓国でも話題沸騰中。裏切り、どんでん返し、何でもありでときにじんわりさせられ、そしてテンポよくサイダーのように痛快、爆笑を誘うウィットに富んだセリフがそこここにちりばめられた、韓国ドラマの真骨頂。存分に楽しめます!

    韓流NEWS

    2021年4月13日

Read More

Feature

Ranking