時短スキンケアと血流改善タブレットで不調しらず。ソフィーナ iPで大人の内外美容【マーヴェラス原田の40代本気美容 #383】

化粧水も乳液も使わない、たった2ステップの時短スキンケアで愛されるソフィーナ iP。血流改善&肌の水分量アップが期待できる新作インナーケアとともに、体の内から外からうるおい肌を育ててみませんか?
花王のソフィーナiPのベースケアセラム

ソフィーナ iPの高濃度炭酸泡の美容液ベースケア セラム毛穴よりも小さな泡の美容液がじゅわっと肌に広がり、ぐーっと引き込まれていく手ごたえがたまらないベストセラーです。

“土台美容液”と呼ばれるとおり、スキンケアの最初に使えば肌をうるおしほぐし、以降のスキンケアのなじみをアップ。乾燥でこわばった肌を土台からケアできる名品です。何より、使うと肌がたちまち明るくなるので私も大好きな1本。

ソフィーナ iP ベースケア セラム ¥5500(編集部調べ)/花王

花王のソフィーナiPのインターリンクセラム

ソフィーナ iPが面白いのは、その後に使うのもまた美容液だということ。ダブル美容液(セラム)システムと銘打ち、たった2ステップ、化粧水も乳液も使わないでスキンケアを完了できるんです。その秘密は、ハリ不足・乾燥ぐすみ・ごわつきなど肌のうるおいコンディションに合わせて選べる6種類の美容液インターリンク セラム。化粧水機能と乳液機能を両立し、しかも疑似角層技術で悩みに沿った肌魅せ効果を備えているという、とっても賢い美容液なんです。

その最新作がこちら。2月に発売されたソフィーナ iP インターリンク セラム 毛穴の目立たない澄んだうるおい肌へは、水分と油分のバランスを整えるポアミクロカプセル技術を採用。これ、その名のとおり毛穴サイズのカプセルなんですって。ゆえに毛穴の凹みにピタッと入り込み、気になる毛穴を集中ケア。と同時に、つけた瞬間から肌表面の凹凸もなめらかに見せる効果も。賢いです。さらりとなじむジェルテクスチャーは、これからの季節にうれしい限り!

ソフィーナ iP インターリンク セラム 毛穴の目立たない澄んだうるおい肌へ 55g ¥4180(編集部調べ)/花王

花王のソフィーナiPのクロロゲン酸タブレットは新発売

そして今回の本命。アラフォーにおすすめしたいアイテムが今月、新たに誕生したんです。それがこのクロロゲン酸 タブレット。クロロゲン酸とは、コーヒー生豆に含まれるポリフェノールの一種。ソフィーナ iPは以前からボトルタイプのクロロゲン酸飲料を発売していますが、これでぐっと摂りやすくなりました! ちなみにカフェインゼロです。

そもそもクロロゲン酸は、ポリフェノールということで抗酸化など健康面のメリット(ヘルシアシリーズでも採用されています!)はもちろん、肌の水分量も高めてくれるというありがたい成分。しかも、今回は新たな発見があったそうです。それは血流の改善

花王のソフィーナiPのクロロゲン酸タブレットは血流を改善

酸素や栄養などをはじめ必要なものを全身に届け、不要になった老廃物などを回収する血液の流れ。コーヒー豆由来クロロゲン酸は血流(末梢血流)を改善する機能が新たに認められたんです。というわけで水分量UP+血流改善なら全身の乾燥ケアがかなうだろうし、冷え対策にも期待大!

この冬、私もリモートで自室にこもりPCとにらめっこばかりしていたので、もともとイマイチの血行がますます悪化。分厚い靴下に足もとヒーター、いろいろ試しました。春浅い今も、つま先が冷たい……と悩んでいたので、もちろん即お試し。

花王のソフィーナiPのクロロゲン酸タブレットは1日6錠

1日分は1袋、6粒。ビタミンB6&B2、低分子コラーゲンも配合されているのでお肌にもいいことだらけです。フレーバーは、ちょっとコーヒーの苦みを感じる大人なシトラスハーブ味。しかもシュワシュワするんです! おやつ気分で美味しくいただいちゃいました。

個人的に感じたのはまず、指先の冷えの緩和。寒い日でもすみずみまで血がめぐり、内側からわきあがるような体温を取り戻せた気がします。実感もほどなく得られるので、持ち歩いて冷えが気になるときに摂る、というのもいいのでは。続ければ、めぐりのいいうるおい美肌も夢じゃないかも!

ソフィーナ iP クロロゲン酸 タブレット[機能性表示食品] 1袋(6粒)×10袋 ¥3630(編集部調べ)/花王

花王のソフィーナiPで内外美容を!

疲れやストレスでも活性酸素などにより体温は下がるので、クロロゲン酸は美容面でも健康面でも忙しいアラフォーの味方になりそう。シンプルだけど頼もしいソフィーナ iPのスキンケアとともに、ぜひトライしてみてくださいね。

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking