サングラスの更新してますか? “withマスク”時代はレンズもフレームも「薄め」がトレンド【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #29】

サングラスやメガネって小さいながら実はかなりトレンドが色濃く出るアイテムのひとつ。私は毎年新しいものを購入しているのですが、最近はマスク生活もあり選び方に変化が。エディター坪田がこの春夏用に購入したものを中心にご紹介します。
坪田あさみ エディター・ライター

坪田あさみ エディター・ライター

大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんライフスタイル情報も発信。東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店「サンダウナー 東京オムレツ」も経営する。
 
@asamit1201
@sundownertokyoomuretsu

おしゃれ的にも美容的にも欠かせない春夏の定番

  

 マスク生活が当たり前となり、サングラスをかけづらくなったとはいえ、私にとってアイウエアはおしゃれに欠かせない定番アイテム。目は悪くないしまだ老眼も始まっていないので、実用性よりファッション性を重視して選んでいます。

  

 というのもモデル撮影を見ていて思うのは、アイウエアや帽子ってある意味“飛び道具”的存在だなということ。なくても成立するけれど、最後にプラスするだけでシンプルな着こなしが一気にこなれたり、華やかに見えたりするのでとても便利です。

  

 また紫外線対策という意味合いもあります。私は日焼け止めも適当にしか塗らないからか年中焼けているのですが、それでも目から入る紫外線の害には気をつけています(美容というより眼病予防的な、、、)。また単にまぶしい時に目を細める表情自体がシワを作りそう、ということもあり太陽光が降りそそぐ日は冬でもサングラスが手放せません。メイクが物足りないなんて時もアイウエアは頼りになります。

  

 つまりファッション的にも美容的にもアイウエアは年中欠かせない、ということ。たとえかけない日でもバッグの中に入っていないと不安になります(笑)。

  

 そんなサングラスですがかなりトレンドがあるので、もし何年もサングラスを更新していないならぼちぼち見直してみてはいかがでしょうか? せっかくの飛び道具がマイナスの方向に大きく作用しかねません。

  

 どんなタイプを選べば良いかというと、最近は目が透けて見える薄いレンズが人気。これはマスクをしている時にもバランスよく見えるのでとても便利。濃い色のレンズにマスクの組み合わせだと途端に怪しい人になってしまうので要注意です。

 またレンズの色が薄いからこそ、カラフルなレンズにも挑戦しやすいのがうれしいところ。フレームも重めの色よりもクリアなものや細めのものが多く出ていて、全体的に軽い印象になっています。

 

私がここ半年以内に購入したのがこちら

坪田あさみさんサングラス

 MYサングラスコレクションの中でも新しめなのがこちらのサングラス3本と伊達メガネ1本。普段はこれらを日常使いしています。サングラスは全てレンズの色が薄く目が透けて見えるタイプです。

 これらをどんな風に使い分けているのか上から順番にその日のコーディネートとともにご紹介します。

ayameのサングラス

今季のトレンドでもあるクリアフレームのサングラスはアヤメのもの。フレーム自体が透明なので全く威圧感がありません。さらにレンズも黒や茶ではなくブルー、かつ目が透けて見えるので、この日のように黒などの重い色やレザーなどのハードな素材とも合わせやすく重宝しています。

 

アヤメのサングラスコーデ 坪田あさみさん
サングラス/ayame ジャケット/SWORD トップス/SAINT JAMES パンツ/CABaN バッグ/ZANCHETTI
レイバンのサングラス 坪田あさみさん

イエローフレームが一見難しそうなこちらはレイバンのもの。フレームが細く圧迫感がないのがポイントです。そしてイエローは意外と肌馴染みが良く、さらに個性を発揮してくれるので、ワントーンな着こなしにサングラスを主役にするようなコーディネートがおすすめ。この日はデニムonデニムにプラスした休日スタイルでした。

レイバンのサングラスコーデ 坪田あさみさん
サングラス/Ray-Ban シャツ/MADISONBLUE デニム/RED CARD バッグ/mifuko バングル/Tiffany、Morningstar Trading
レイバンのサングラス 坪田あさみさん

3つめはイエローと同じ形の色違いのレイバン。本当にごく薄いグリーン。これはかなり使いやすい色です。というのも私はカーキやネイビー、グレーなどの服が多いので、この色はコーディネートしやすいのです。そしてかなり万人向けでもあると思います。

 この日のコーディネートはまさにそんなベーシックカラーのみの地味な着こなしでしたので、最後の仕上げにプラスしました。

レイバンのサングラスコーデ 坪田あさみさん
サングラス/Ray-Ban コート/MADISONBLUE トップス/MEYAME パンツ/vintage バングル/Deuxieme Classe バッグ/A VACATION
オリバーピープルズの伊達メガネ 坪田あさみさん

最後は伊達メガネとして愛用しているオリバーピープルズのもの。クリアレンズはサングラスをかける気分でない時に重宝しています。伊達メガネはゴツめのフレームが人気ですが、私の場合あまりにゴツすぎるとかなりファニーな感じになってしまうのでほどほどな太さのものに(それでも私の中ではかなり太めな方)。

 黒フレームのメガネはやや個性的なものを選ぶ方がおしゃれに見えます。無難なものだと学生の近視用メガネのように見えてしまいかねません。オリバーピープルズは自分の顔の形に合っていてストレスフリーでかけられるので、昔から何本か愛用しています。

  

サングラスがあまり似合わないこんなカジュアルスタイルにプラスするのが好きです。

OLIVER PEOPLESの伊達メガネコーデ 坪田あさみさん
メガネ/OLIVER PEOPLES コート/HYKE パーカ/Champion リュック/Epperson Mountaineering

いかがでしたでしょうか? 靴から着こなしを考える日があるように、春夏はアイウエアからその日の着こなしを考えることがあっても楽しいかと思います。

  

 アイウエアはどんなにおしゃれで好みのものでも、顔の形や肌の色、髪型などで似合う・似合わないがあります。なのでたくさんトライして自分にぴったりなものを見つけるようにしてください。私はサングラスと帽子は一期一会の出会いだと思っていて、似合うものに出会ったらとりあえず買っておくようにしています。

 サングラスは苦手という方もいらっしゃるかもしれませんが、春夏の紫外線対策にも欠かせない小物なのでぜひ取り入れてみてくださいね。 

 

 *次回は4月10日(土)公開予定です

 

What's New

Read More

Feature

Ranking