一足あれば、手持ち服を旬にしてくれる。大人こそトレンド靴に投資!

2017年4月30日
スタイリスト徳原さん&エディター須藤さんが「今リアルに欲しいもの」「気になるもの」をしゃべりつくす!
春のお買い物計画は順調? その審美眼にスタッフから信頼の厚い徳原さんと、大人が好きな「イイモノ」に目がないライター須藤さんがいち早くこの春狙っているもののぶっちゃけトークを展開! 確かなモノ選びに日々奮闘しているおしゃれプロふたりは何を選ぶ?
☆スタイリスト徳原文子
マリソルでは優しさと女性らしさを放つコーディネートを提案。本人は辛口シンプル好き。トレンドに流されないリアルな判断力に、個人的に買い物相談をするスタッフ多数。

☆ライター、エディター須藤由美
マリソルをはじめ女性誌ファッションページを担当。センスある画作りが評判。カジュアルでありながら上質さを放つ私服や小物使いはマリソルスタッフも常に注目している。

■大人こそトレンド靴には投資したい!

須藤 小物はどう? 基本的にトレンドものは敬遠する派とはいえ、もうそろそろスリッパは欲しいと思ってるんだけど、アリかな?

徳原 1年待ったからアリ! 特に今シーズンは、ハイクラスのブランドからも大人に似合ういいデザインのものが出ているし、単調になりがちな春夏の1・2コーデこそ、パワーと鮮度のある小物で完成度を上げるべき! 特にこの春は靴が変わった感が大きいし。だからトレンドシューズを品格ブランドで選ぶのは、正解だと思う。

須藤 そうだよね! つっかけサンダルとかスリッパとか、本当に好きで使えるデザインが一足あれば、春夏かなり楽しめそう。をシンプル服にきかせるのもいいし、を定番服に合わせるのもいいな。今、靴で気になるブランドってある?

徳原 最近、いいなって思うと「ロベール クレジュリー」っていう率は高いかも。「ジュゼッペ ザノッティ」の色出しも好き。

須藤 どっちのブランドもスマートで端正だけど、今っぽさのさじかげんがうまいし、華があるのに合わせやすい。特にカラースエードの発色って、素材がモノを言うから、いいブランドに頼る意味がわかるよね。
(上)「アニマル柄、常に好きです。品があって今っぽさもこなれ感もあるヘアカーフ素材×スリッパ型は、まさに好み!」(徳原)。靴¥115,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
(下)「きめ細かいサンドベージュのスエード素材と、スマートなフォルムが洗練リッチな印象。着こなしを選ば
ず履けそう」(須藤)。靴¥72,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 
「以前から愛用しているブランドですが、この春は特にカラースエードが秀逸。今シーズンらしい『ジュエリーみたいな深い色み』も、ここのスエードシューズなら、コクのある発色で華美にならずに取り入れられます。美しいフォルムもさすが」(徳原)。
(上から)靴¥74,000・ 靴¥78,000・ 靴¥83,000/ブルーベル・ジャパン(ジュゼッペ ザノッティ) 
「感度の高いショップで見かける率、高し。履きやすさ、合わせやすさ、旬な存在感と三拍子そろったシューズがそろう」(須藤)。
(上から)靴¥57,000/メゾン イエナ(ロベール クレジュリー) 靴¥59,000・ 靴¥44,000/エイチ ビューティ&ユース(ロベール クレジュリー)
撮影/魚地武大 スタイリスト/徳原文子 取材・文/須藤由美

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords