美女組No.193 miko
No.193 miko
174cmののっぽ。メンズライクな服が好きです。
身長:174cm
職業:会社員
My favorites:最近ハマっているのはヴィンテージ服探し。大学時代はフランス文学専攻。食べることにとにかく貪欲。レストラン探しを人からよく頼まれます。

Instagram:branche527

40歳は「甘さ」の見直し期 〜「可愛い」が苦手な私が「甘さ」を取り入れるには〜

マリソル4月号の特集、40歳は「甘さ」の見直し期!がとても好きです。私なりの甘さの取り入れ方を考えてみました。
「可愛い」はキャラじゃない、自分らしくない、と幼少期から長年脳内インプットされていたのですが、ここ数年世の中は大人向けの甘め服が沢山。


パフスリーブやら、レースの襟やら、ボリュームスカートやら…


可愛いですよね。甘めを避けてきた私でもやっぱり「可愛い!」と思うし、「着てみたい!」と思ってしまう。


そんな「可愛い」に苦手意識のある私が甘さを取り入れる際には、黒の色の力を借りています。


こちら、一昨年購入したZARAのレースワンピ。
総レースでシルエットも可愛らしいですが、黒を選べば少しシャープな印象に。
40歳は「甘さ」の見直し期 〜「可愛い」が苦手な私が「甘さ」を取り入れるには〜_1_1
こちら去年の写真。髪がロングでした。

大人が「甘め」服を取り入れる時には、辛口の小物を合わせるのも大事なポイントかと思います。この時は足元にごつめのブーツを合わせ、辛口要素を追加。



お次は最近COSで一目惚れしたワンピース。やはり黒をチョイス。
さらに大ぶりでハードめなアクセサリーを合わせて辛さを追加すれば甘さが中和。
COS プリーツTシャツワンピース(品番0966470001)


ZARAやCOSなどトレンドがお手軽に取り入れられるブランドには、今期も「甘め」のフリルブラウスやワンピースが沢山出ているようです。


アラフォーだって「甘い」にときめく自分を封印しすぎず、上手く取り入れたいものですよね。


では、次のブログでまたお会いしましょう〜♪
Instagramもやっておりますので、お気軽にのぞきにきてください♪
下記の画像をクリックでInstagramに飛べます。

What's New

Read More

Feature

Ranking