アイドルプロデュースだからと侮るなかれ。大人のきれいをかなえるB IDOLの新作は?【マーヴェラス原田の40代本気美容 #390】

トレンドカラーで彩る目もと・ぷるんとつややかな唇・すんなりとのびた上向きまつ毛。メイクでかなえたい“きれい”に年齢は無関係。“今どきの美”を知り尽くした女子が生み出したB IDOL(ビー アイドル)は、プチプラだけど大人もうなるこだわりに満ちています。今季の新色をご紹介!
BIDOLの2021年の春の新作

元NMB48・吉田朱里さんプロデュースのB IDOL。さまざまなメディアでも取り上げられているのでご存知の方も多いと思います。可愛いロゴがプリントされていてちょっと照れるのですが、その実力は本格派! ついつい手がのびる、使いやすさも魅力です。そこで今回は、3月22日に発売された新作3アイテムを中心にご紹介します。

ビーアイドルのTHEアイパレの春新色は気ままのオレンジカーキ

THE アイパレは、カラー3色+ハイライトの4色パレット。それぞれ、「予感のアプリコット」「強がりのピンクグレージュ」などなど、ちょっと前のアイドルソングのようなネーミング。今回の新作は、名付けて「気ままのオレンジカーキ」。ちなみにこちらは限定色です。

BIDOLのTHEアイパレの新色は気ままなオレンジカーキ

アイメイクに使うのは、左側の赤味の強いテラコッタオレンジ2色に、右上のカーキ寄りマットブラウン。ベーシックな使い方にならうと、左上のオレンジをアイホール全体に……わっ、ちょっと赤すぎない?と最初はひるんだのですが、指でなじませるとムラなく肌に溶け込んで、大人っぽいテラコッタに落ち着きます。右上のカーキをくの字に入れると、フレームも引き締まっていい感じ。さらにカーキの上から左下の輝きが強めのオレンジをのせることで華やかさもプラスされます。

質感違いの3色で目もとを彩ったら、右下のハイライトカラーで目頭や鼻すじ、ほお骨周辺に立体感をプラス。アイパレットの中にマルチに使えるハイライトがセットされていることが、こんなに便利とは! 即座にアイメイク、というか顔全体の印象が決まります。この仕上がり、春はもちろん夏メイクとしても素敵!! まんまと“アカリン”の術中にはまりました(笑)。

B IDOL THE アイパレ 101 ¥1980/かならぼ(限定発売中)

BIDOLのつやぷるリップの春の新色はめしあがれMANDARIN

すでに200万本以上売れているというリップは私も以前から大好きです。ひと塗りでつややか、スーッと心地いい清涼感とプランプ効果。今どき欠かせないほんのりティントな処方で、しかもうるおいも続く! これで¥1540ならもう、言うことありません。

BIDOLのつやぷるリップの春の新色のめしあがれMANDARINの発色はツヤツヤ!

とろけだすテクスチャーが本当に心地よくて、このツヤがしっかりと唇でも再現できるのはお見事。重ねればこっくりした質感が増し、発色もはっきりしてきます。新色の「めしあがれMANDARIN」はジューシーなクリアオレンジ。手の甲だと眩しい発色ですが、ちょっとくすんだ大人の唇に意外となじむんです。THE アイパレのカーキの限定色と相性バッチリ。

B IDOL つやぷるリップ 11 ¥1540/かならぼ

BIDOLのつやぷるリップは大人っぽいカラーもラインアップ

もうちょっと大人なカラーを求める方は、既存色をチェック。くすみ系オレンジやピンクブラウンなどもラインアップしています。ちなみに、昨秋の限定発売品が大人気で定番化された「すっぴんクリア」(右端)もおすすめ。唇につやと血色を呼び、ぷるんとボリュームアップ。マスクの下でも休日でもきれいなすっぴんリップをキープできます。

BIDOLから愛ラッシュマスカラがこの春に新発売

この春はマスカラも登場。落ちない・カールキープ・セパレートと、年齢問わず女性がマスカラに求めるポイントがちゃんと詰まっています。フォルムは細身で小さめ、ポーチにすっと入る絶妙なサイズ感。これがまた、いいんです。

なんでブラックが2色あるんだろう?と思ったら、ロング&セパレートタイプ(品名は流し目ブラック!)と、ボリュームタイプ(デカ目ブラック)。こだわってます。

BIDOLの新アイテムの愛ラッシュマスカラはブラシが大きめだけど塗りやすい!

私はまず、デカ目ブラックを試してみました。ブラシはちょっと大きめサイズですが、カーブがついているからなのか、まぶたに液がつくこともありません。まつ毛にもボタッとつくこともなく、根元は濃く、先端は繊細に仕上がって感動。ごわつくこともなく“デカ目”とはいうものの、とても自然。断然気に入りました!

愛ラッシュマスカラ 全3種 各1540/かならぼ

BIDOLの春の新作は絶賛発売中!

美容系YouTuberとしても名を馳せる吉田朱里さん。アイドルが作ったコスメ、と侮るなかれ。アラフォーだって20代女子だって、きれいになりたい!という気持ちは同じ。むしろ、若い視点で作ったコスメを使うことで、自身のチャームポイントにあらためて気づくことだってあるはず。B IDOLであなたも、新たな魅力を開花させてくださいね。

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking