シンプルコーデがぐっとおしゃれに!パンツ&シャツブラウスを「セージグリーン」に変えてみる

華やかだけど派手すぎず、甘さも控えめ。2021年の春の注目色「セージグリーン」に定番服を置き換えて

あれこれ盛らずに品よくおしゃれを楽しみたいから、歳を追うごとにシンプルなコーディネートに惹かれていく。でも、ただ地味な人や無難な人になるのは避けたくて……。そんなアラフォー世代の願いをかなえるべく、今、きかせたいトレンドとその簡単な取り入れ方を見つけました。華やかだけど派手すぎず、さりげないけど洗練されている。理想のスタイルで、この春は気持ちを上げていこう!


■きかせるなら、「セージグリーン」のシンプル服をひとつ

idea 1)ストレートパンツを セージグリーン に!!

手持ちのニットを合わせた簡単なワンツーコーデも、セージグリーンのパンツならこなれて見える。端正なボトムも辛口になりすぎず、ほどよく女っぽい印象を演出できるのもうれしい。

セージグリーン1_1

グレイッシュなグリーンは合わせやすさもピカイチで、コーデが華やぎつつもベーシックカラー感覚で使いやすい。まずはネイビーのニットとの組み合わせで、清潔感がありつつ周囲と差がつくおしゃれ感を楽しんで。計算されたタックの位置やセンタープレスの入り方で脚長効果の高い一本は、フラット靴でもスタイルよく決まる。

パンツ¥14,300/アンクレイヴ ニット¥16,500/プラージュ 代官山店(プラージュ) スカーフ¥17,600/マニプリ(マニプリ) ピアス¥13,200/UTS PR(フォークバイエヌ) 靴¥75,900/アマン(アンスクリア)


☆VARIATION

セージグリーン1_2

❶共布ベルトがついたセンタープレスパンツ。ややハイウエストの設計で、一度はけばそのスタイルアップ効果にやみつきに。¥36,300/オンワード樫山(ジョゼフ) 
❷レーヨン、ポリエステル、麻を組み合わせた"クリスピーリネン"は春先から夏本番と季節を問わず活躍してくれる。【モデル着用】 

❸ミニマルなデザインだからこそきれいなグリーンがよく映える。カジュアルはもちろん、シャツやジャケットとオンのスタイリングにきかせるのも素敵。¥14,300/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース)




idea 2)シャツブラウスを セージグリーン に!!

着るだけで顔まわりがぱっと華やぐけど、ちょっとスモーキーな色みだから派手な色や柄よりも照れずに着こなしやすい。この春、つい手に取りたくなる存在感!

セージグリーン1_3

100%コットン素材の柔らかな生地と、フレッシュなセージグリーンが好相性。ゆったりとしたサイズ感なので一枚でさらりと着るのはもちろん、Tシャツやタンクトップのはおりとしても使うのもおすすめ。

ブラウス¥27,500/インターリブ(サクラ) パンツ¥25,300/ティッカ(ティッカ) バッグ¥121,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥19,800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥30,800/マリハ 靴¥82,500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)


☆VARIATION

セージグリーン1_4

❹今季トレンドの大胆なフリル襟が印象的な一枚は、甘すぎないセージグリーンとハリ感のある生地で大人に似合う品のある仕上がりに。遊び心のあるカジュアルが楽しみたい人に最適。¥57,200/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 
❺襟のあきがきれいで、ぱっと着るだけでサマになる【モデル着用

❻クラシカルなボウタイとモダンな色みが絶妙にマッチした、洗練されたブラウス。タイの結び方しだいで印象が変わるので、きれいめからカジュアルまで幅広いコーデに合わせやすい。¥30,800/プルミエ アロンディスモン(レキップ)

【Marisol 4月号2021年掲載】撮影/ 田形千紘(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/菊地美香子(TRON) スタイリスト/松村純子 モデル/佐田真由美

What's New

Read More

Feature

Ranking