春爛漫な花柄パンツで気持ちを満たしつつ、くすみピンクでなじませて【2021/4/9コーデ】

可愛い柄パンツとニットを、くすんだ色みの同系色でなじませるのが大人っぽさの秘密
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
居候することになった15コ下の同期君はおばあちゃんっこだったらしく、我が家の和室がかなりお気に入りのご様子。しかも動画編集だけでなく家事も得意だったようで料理係を担ってくれることに。世話を焼くはずが焼かれることになるなんて! そんな日は、きっと私の祖母も好きだったであろうヴィンテージのような風合いの花柄ワイドパンツに手を出してみる。咲き誇る花柄パンツには、同系色のベージュニットを合わせて全身をあいまいなワントーンでコーディネート。そうすることで柄パンツの存在感が浮かず、さりげなく落ち着いた大人っぽい雰囲気にまとまる。
パンツ¥39,600/ロンハーマン ニット¥36,300/サザビーリーグ(デミリー) ストール¥30,250/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(アソース メレ) バッグ¥39,600/アマン(ペリーコ) 靴¥75,900/ザ ストア バイ シー 代官山店(ネブローニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

▼「花柄」を使ったコーデの関連記事もチェック

What's New

Read More

Feature

Ranking