さっと足すだけでシンプルコーデが盛り上がるスカーフの使い方

「なんだかコーデがもの足りない?」。そんな時、思った以上にいい仕事をしてくれるのがスカーフ。お出かけ前に一枚足すだけでコーデがおしゃれに華やぐ!

SCARF IDEA①

首もとに三角にたらす

まずは顔まわりを華やかに彩る基本テク。スカーフの色を服のトーンとそろえれば、初心者でも簡単!

スカーフを首もとに三角にたらす
正方形の大判スカーフを三角に二つ折りして、角が下になるよう首に巻くだけ。色がたくさん入ったスカーフより、こんな色数が少ないもののほうが、初心者には合わせやすくおすすめ。モノトーンのシンプルコーデに立体感とメリハリが生まれ、おしゃれ感だけでなく全身のバランスもアップ! 

スカーフ¥29,700/ザ ストア バイ シー 代官山店(トーテム) Tシャツ¥9,680/スローン スカート¥19,800/フレームワーク 自由が丘店(フレームワーク) バッグ¥25,300/イウエン マトフ 横浜店(メゾンエヌアッシュパリ)

SCARF IDEA②

頭に巻く

細長くたたんだスカーフを、ヘッドアクセ代わりにきゅっと巻いて

スカーフを襟もとにちらり
ヘッドアクセ代わりに使って着こなしに華やぎを。細くたたんだスカーフを頭頂部付近で結び、結んだ端の部分をスカーフの下にギュッと押し込んで隠すだけ。

スカーフ¥16,500/サンスペル 表参道店(デイビッド・シュリグリー アンド サンスペル) スウェット¥24,200/アングローバル(イレーヴ) スカート¥35,200/ゲストリスト(アッパーハイツ) ネックレス¥46,200/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥47,300/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)

SCARF IDEA③

襟もとにちらり

"ツヤ"の効果は絶大。クルーネックの首もとからのぞかせるだけで、顔まわりがぐっと華やかに

スカーフを頭に巻く
デニムにニットにメガネ、というボーイッシュな着こなしが、スカーフで首もとに少量のツヤ感を仕込むだけで、ぐっと女っぽいムードに。スカーフとニットを同系色でまとめるとなじみやすく悪目立ちしにくい。

スカーフ¥36,300(トーテム)・ニット¥42,900(シャイナ モート)/ザ ストア バイ シー 代官山店 ジャケット¥42,900/フレームワーク 自由が丘店(フレームワーク) パンツ¥35,200/サザビーリーグ(マザー) メガネ¥19,800/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(A.D.S.R.)

SCARF IDEA④

バッグにつける

顔まわりに巻くのがどうしても苦手、という人は手持ちのバッグにつけるという手段も。華やかな柄が着こなしのアクセントに

スカーフをバッグにつける
少し大きめのスカーフを選んでかごバッグにつければ、中身を隠すフタ代わりにもなって一石二鳥。バッグにつければ顔まわりからの距離が遠くなるので、合わせるのがむずかしい派手な柄のスカーフでも取り入れやすくなるはず。ぜひお試しを。

スカーフ¥25,300/スピック&スパン ルミネ有楽町店(マニプリ) バッグ¥51,700/フレームワーク 自由が丘店(ドラゴン)
【Marisol4月号2021年掲載】撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹(蛯原さん)  ヘア&メイク/菊地美香子 スタイリスト/徳原文子 モデル/竹下玲奈

What's New

Read More

Feature

Ranking