コクーン歌舞伎『夏祭浪花鑑』(なつまつりなにわかがみ)に出演!! 歌舞伎俳優・中村七之助さんインタビュー

5月に渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演されるコクーン歌舞伎第十七弾『夏祭浪花鑑』に、兄の勘九郎さんとともに出演する中村七之助さん。合同取材会で、舞台への思いを語りました。
コクーン歌舞伎第十七弾『夏祭浪花鑑』に出演する中村七之助さん

■『夏祭浪花鑑』は父との思い出がつまった作品

  

 古典歌舞伎とは違うアプローチと斬新な演出で、毎回大人気のコクーン歌舞伎。1994年に、七之助さんの父・十八世中村勘三郎丈と、演出家の串田和美氏とがタッグを組んで誕生したもので、今年5月に上演されるのは、その第十七弾『夏祭浪花鑑』。大坂の下町を舞台に、義理と人情に生きる男たちとその妻の生き様を描いた人気演目です。コクーン歌舞伎では何度も上演されてきたほか、平成中村座としてはニューヨーク公演、ヨーロッパ公演でも成功を収めてきた本作に、中村勘九郎さん、中村七之助さん、尾上松也さんほか、新しいキャストで挑みます。

  

  

「『夏祭浪花鑑』という作品は、主人公の団七九郎兵衛が祭りの最中に義理の父親を斬るなどショッキングな場面もありますし、悲劇的なお芝居なんですけれど、その反面、とても華やかで熱気がある舞台です。これまで出演したときのことを思い出すと、みんなが笑顔で、毎日がそれこそお祭りだったという思い出があります」。

  

何より「父との思い出がいっぱいつまった作品」と言います。

  

2004年には、平成中村座のニューヨーク公演でも『夏祭浪花鑑』をやりました。平成中村座がリンカーンセンターの広場に立ったときの父の横顔は忘れられないですね。そして『ニューヨークタイムズ』に絶賛の劇評が載りまして、みんなで喜んでみんなで泣いて。帰ってきてから大阪の松竹座で凱旋公演をしましたが、毎日がお祭りみたいでした。あとにも先にもあんなフェスティバルみたいな気持ちで、1か月演った公演はないですね。終演後にはみんなが街に繰り出していて、どこかの店に行けば、かならず誰かいるという感じで()。本当にすごかったです」。

  

201011月、大阪平成中村座で、最後に勘三郎さんが団七を演ったときも、思い出深いそう。

  

「その前月の10月は大阪平成中村座で『封印切』に出ていて、父は忠兵衛を、僕は遊女・梅川をやらせていただいていました。あんなにがっつりの恋人役というのは初めてで、毎日、二人でタクシーに乗って劇場に向かっていました。そして翌月が『法界坊』と『夏祭浪花鑑』。じつは『法界坊』は、うちの祖父が床にゴザを敷いて寝てたくらい疲れるそうです。疲れないように見える演目なんですけれど、本当に疲れるんですって。そんな『法界坊』と『夏祭浪花鑑』の両方を同じ日にやるというは、相当な体力が必要だったと思います。ただ、舞台に立っているときの父は、疲れている様子も見せず、客席も大盛り上がりでそれもすごいなと思いました」。

 

中村七之助さん

■お梶は、ちゃんと生きているように演じたい

 

  そんな思い入れのある『夏祭浪花鑑』。今回は、これまで勘三郎さんが演じてきた主人公の団七九郎兵衛を兄の勘九郎さんが、七之助さんはその妻・お梶を勤めます。

  

「今回、僕は初めてお梶を演じますが、正直、『僕がお梶か!』って感じです。父が団七を演じていたときは、いつも(中村)扇雀さんがお梶だったので、扇雀さんのイメージしかないんですよ。扇雀さんのお梶は、まさに『そこにいる』という感じで、芝居なのか現実なのかわからないんですよね。お梶というお役は、その存在感がバチッと出ていると、団七との関係性もよくわかるし、悲劇性も増して、いい芝居につながるお役。だから、僕も扇雀さんのように、ちゃんと生きているように見えるといいなと思います」。

  

上演されるシアターコクーンは、打ちっぱなしのコンクリートやグリーンの客席など、歌舞伎の小屋とは、まったく違う異空間。そこで1から原作を読み解き、新しいアプローチで古典歌舞伎に挑むのは、楽しみでもあり、難しさもあり。

  

2014年の『三人吉三』のときは、本当に苦しかった。黙阿弥の作品で、下座音楽をとって、七五調のセリフのまんま、節をなくすという演出で、ゲネプロの前まで何もできてなかったんです。とくにそのとき初参加だったマッティ(尾上松也)は、初日の挨拶のときに涙ぐんでいて、本当に辛かったんだろうなって思いました。僕たちは、まだ何度かコクーンに出ていて雰囲気もわかっていましたが、マッティはゼロからだったので。でも、あの涙を見たとき、僕たちの代には、この涙があって、『やっとスタートに立てたな』と思いました。

  

今回もこれまでの演出のインパクトが強いので、どう変えるのか不安はあります。とくにコロナ禍ということもあり奇抜な演出は難しい。だから今回、肝となるのは、根っこのところから台本を掘り下げて、感情がどのように移り変わっていくのか、もう一度考えていくことじゃないかと思います。特別な演出より、ハートのほうで勝負したいと。笹野高史さんなど、昔からずっと出演している人もいますので、演出の串田さんを中心に、みんなで、もう1回、頭を柔らかくして、ひとつひとつ話し合いながら新しいものを作っていきたいです」。

  

  

令和に生まれ変わる『夏祭浪花鑑』。きっとまた新鮮な刺激を私たちに届けてくれるに違いありません。

中村七之助さん
コクーン歌舞伎 夏祭り浪浪花鑑

<演目紹介>

  

串田和美 演出・美術

渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾

『夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)』

 

■日程:202156日(木)~30日(日)

 昼の部 午後1時~/午後2時~

 夜の部 午後5時~/午後6時~

 【休演】13日(木)、24日(月)

 

■劇場:Bumkamuraシアターコクーン  

 

団七九郎兵衛 中村 勘九郎

団七女房お梶 中村 七之助

一寸徳兵衛/徳兵衛女房お辰 尾上 松也

玉島磯之丞 中村 虎之介

団七伜市松 中村 長三郎

傾城琴浦/役人左膳 中村 鶴松

三婦女房おつぎ 中村 歌女之丞

三河屋義平次 笹野 高史

釣船三婦 片岡 亀蔵

  

▶詳細・チケット販売

 

写真/富田 恵 ヘア&メイク/宮藤 誠(Feliz Hair) スタイリスト/寺田 邦子 取材・文/佐藤 裕美
 
衣裳協力/NEWYORKER・BERKLEY/ともに株式会社ダイドーフォワード

What's New

  • 眼福、社会派、癒し系。話題の最新ドラマや映画が大豊作!!

    6月も話題作が続々登場して嬉しい限り!百想芸術大賞で作品賞に輝いた「怪物」は、主演のシン・ハギュンさんが、「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギさんや「サイコだけど大丈夫」のキム・スヒョンさん、「悪の花」のイ・ジュンギさん、「ペントハウス」のオム・ギジュンさんという錚々たる候補者を抑えて最優秀主演男優賞も受賞したのにも納得の話題作です。また、じんわり泣けて私好みの「賢い医師生活」シーズン2も始まるなど、韓国ドラマ、韓国映画の快進撃はこの夏も続きます!!

    韓流NEWS

    2021年6月15日

  • 山田裕貴「お芝居の仕事の醍醐味は、たくさんの人生を生きること」【マリソル ・オム】

    『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』が6月18日より公開予定。出演作を重ねるたびにまったく違う顔を見せ、イメージを更新し続ける俳優、山田裕貴さん。お芝居への熱い思いとともに、年齢を重ねることへの思いを語ってくれた

    注目男子インタビュー

    2021年6月12日

  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー

    5月26日に、シングルとしては4年半ぶりとなる「Emotion」をリリースしたチャン・グンソクさん。子役時代からドラマや映画で活躍してきた彼は、歌手として日本デビューも果たしマルチな才能でファンを魅了してきました。昨年5月に約2年に及ぶ社会服務要員としての服務を終え、アーティストとして再始動!今年3月の配信シングル「Star」が、たちまちLINE MUSICリアルタイムチャートで1位になるなどそのカリスマぶりを発揮。しなやかに、そしてパワーアップして帰ってきた唯一無二のエンターテイナー&伝説のスター、グンソクさんにたっぷりお話をうかがいました!

    韓流NEWS

    2021年5月28日

  • マウントしてくる友人と、どう付き合う?【40代お悩み相談】

    「高校時代の友人が、人が変わったよう…」という相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答!

    みうらじゅん×辛酸なめ子 お悩み相談

    2021年5月21日

  • 泣ける!イ・ジェフンさんの「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」

    「この人の作品なら何はともあれ観てみよう」と思う俳優のひとりが、「シグナル」のイ・ジェフンさん。彼は映画やドラマでおなじみの演技派俳優ですが、2016年に観た「シグナル」は作品の完成度が衝撃的で、私的ベスト10ドラマのひとつです。先月約2年ぶりに「模範タクシー(原題)」でドラマ復帰したジェフンさん。Netflixオリジナル作品「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」は、ファン待望の彼の最新ドラマでもあります。5月14日に配信スタートしたこの作品は、ジェフンさんと、「愛の不時着」のタン・ジュンサンさんの共演でも話題。「悪霊狩猟団カウンターズ」も痛快だったし、極上エンターテイメント「ヴィンチェンツォ」に心奪われ、全員が怪しいサスペンスの極み「ロースクール」もだいぶ面白くハマっていますが、派手さはなくとも温かい涙を誘う系のこんなドラマも必須です!!

    韓流NEWS

    2021年5月17日

  • 中村蒼の"密かな楽しみ"って? ドラマ『ネメシス』の魅力も語る!

    話題のドラマ『ネメシス』(日本テレビ系・毎週日曜22時30分)に刑事・四万十勇次役で出演中の中村蒼さん。”じわじわハマる”と人気上昇中の今回のキャラクターやドラマの見どころ、さらに30歳という節目を迎えた彼の”これから”について聞きました。

    カルチャー

    2021年5月1日

  • 入社して15年。仕事に飽きてしまいました【40代お悩み相談】

    「飽きながらもやりたい仕事が見つからない」という相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答!

    みうらじゅん×辛酸なめ子 お悩み相談

    2021年4月28日

  • 成田凌×若葉竜也 「青春の退屈でキラキラした時間がにじみ出ていた」【マリソル ・オム】

    映画『くれなずめ』(近日公開予定)で共演しているふたり。劇中で演じた同級生のようなざっくばらんな男子トークからは、ふたりの気取りのない素顔が見えてくるよう。

    注目男子インタビュー

    2021年4月27日

Read More

Feature

Ranking