美女組No.132 はるか
No.132 はるか
ひとり遊びが得意な会社員。韓国料理を求めて新大久保に出没しています。
身長:167cm
My favorites:趣味 = バレエ、旅行、食べ歩き、ダイエット 好き = 猫、タイ料理、マカオ 得意 = 韓国語

今だけ送料無料!元祖ザッハトルテをウィーンからお取り寄せ

全世界送料無料という超太っ腹キャンペーンに乗って、本場の味を堪能しました。
海外旅行なんて夢のまた夢になってしまったゴールデンウィーク。
みなさまいかがおすごしでしょうか?
「世界に行けないなら
世界を来させればいいじゃない。
ところで今ならウィーンのホテル・ザッハーが
送料無料キャンペーンを実施中よ」
と、わたしの中のマリー・アントワネットが囁くので、
遠くオーストリアはウィーンより
「オリジナル・ザッハトルテ」のお取り寄せにチャレンジしました。
ホテルザッハー ウィーン ザッハー ザッハトルテ ザッハートルテ
いつかウィーンのホテル・ザッハーで食べたザッハトルテ。
世界中至るところにザッハトルテはありますが、
ホテル・ザッハーこそ、元祖中の元祖。

1832年に、当時のオーストリア宰相メッテルニヒに
晩さん会のためのデザート作りを命じられた厨房にて
若干16歳の見習いだったフランツ・ザッハーが開発したケーキが、その始まりといわれています。

その後、いろいろあって(割愛)、
ザッハー vs. デメルの「どっちが元祖だ裁判(7年間続いたので別名「甘い七年戦争」)が起こるのですが、
これに勝ったのがザッハー。
その結果、世界中どこでも誰でも「ザッハトルテ」を売ることはできても
“元祖”を意味する「オリジナル・ザッハトルテ」を名乗れるのは、
唯一ホテル・ザッハーのみとなりました。
ホテルザッハー ウィーン ザッハー ザッハトルテ ザッハートルテ
ウイーンの中心地に立つ高級ホテル・ザッハー。ホテル内スパにはチョコレートエステがあるそうです!ちょっと気になる。
という曰くもあって、一度は食べたい“本物の”ザッハトルテなのですが、
広く海外展開しているデメルとは異なり、
ホテル・ザッハーのザッハトルテは基本的にオーストリアに行くか
高い送料を払ってホテルから直接通販で取り寄せるかしか、食べる方法が無いんです。

なので、日本で食べることははなから諦めていたのですが
なんと今だけ、60ユーロ以上の購入で
全世界送料無料キャンペーン中なんですのよー!!
(マリー・アントワネット再登場)

日本はもちろんのこと、地球の裏側(オーストリアからだと南太平洋あたり?)でも
送料無料で送ってくれるそうです。
すごい太っ腹企画!!
というわけで、公式オンラインショップをポチッとな↓
(なんかもう、オンラインショップなのに気品がすごいから
とりあえず見てほしい。さすが芸術の都ウィーン。)
ホテルザッハー ウィーン ザッハー ザッハトルテ ザッハートルテ
ザッハトルテは3サイズ展開。
いちばん大きいものでも60ユーロに満たないので
わたしはコーヒー豆を一緒に買いました。
紅茶やホットチョコ、マグネットやレシピ本、マスコットなども売ってます。
  • ホテルザッハー ウィーン ザッハー ザッハトルテ ザッハートルテ

    缶も美しいコーヒー豆。

  • ホテルザッハー ウィーン ザッハー ザッハトルテ ザッハートルテ

    傘が素敵でしばらく悩んだ。

  • ホテルザッハー ウィーン ザッハー ザッハトルテ ザッハートルテ

    ザッハトルテ型のマグネット可愛い。

注文から到着までにかかった日数はわずか4日間!
月曜と木曜の週2日しか発送作業してないそうなので
注文のタイミングもありますが、
最長でも7日~10日くらいで到着するみたいです。
ホテルザッハー ウィーン ザッハー ザッハトルテ ザッハートルテ
木箱で登場。すでに気品の高さに負けそうになってる。そしてケーキとは思えないほど重たい。
ホテルザッハー ウィーン ザッハー ザッハトルテ ザッハートルテ
じゃじゃーん!開けた瞬間、チョコレートとアンズジャムの香りが部屋中に充満します。
実は甘い物があまり得意でないわたくし。
ザッハトルテを食べるときは、本場と同様
無糖ホイップクリームが欠かせません。
ザッハトルテとクリームの割合が1:1くらいが
甘さが和らいでちょうどよい。
ホテルザッハー ウィーン ザッハー ザッハトルテ ザッハートルテ
スポンジは甘さ控えめですが、グラサージュが砂糖たっぷりで激甘!でもこのガッチリコーティングのおかげで、まったく崩れずに日本までやってきてくれました。
クリームをたっぷりのせて口に入れると
まずチョコレートのほろ苦さを感じ、
一拍置いてアンズジャムの爽やかな甘酸っぱさが
舌を刺激します。
それだけだと、なんというか、露骨な味なのですが
ここでホイップクリームが全体をまったりとまとめてくれるのです。
う~ん、これぞ三位一体。
濃いめに淹れた熱々のブラックコーヒーが
合うの合わねえのって。
そして、オーストリア・ドイツあたりの焼き菓子は
熟成による味の変化も、楽しみの一つなのだそう。

我がザッハトルテもこの例に漏れず、
一日一日ごとに生地やジャムが落ち着いてきて
味が深まっていきます。
最初はアンズジャムのやや尖った酸味を感じたのですが、
到着から一週間が経った今朝食べてみると
酸味はだいぶ抜け、芳醇さが増してました。
(ちなみに賞味期限は製造後18日間)
ホテルザッハー ウィーン ザッハー ザッハトルテ ザッハートルテ
60ユーロ=約8000円なので
ホールケーキとしては少し高めですが
ケーキにあるまじき重さと密度なので
むしろお得な気がします。

なんていったって送料無料で
ホテル・ザッハーのザッハトルテが入手できるのは
たぶんこれが最初で最後のチャンス。

6月8日までの期間限定なので、
ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか?

What's New

Read More

Feature

Ranking