40代の春の足元トレンドを総まとめ! おしゃれで歩きやすい、アラフォーのための春シューズ|40代ファッション

ラテ色パンプス、モダンフラット、スポサンetc., 春のトレンド靴のなかから、アラフォーのおしゃれを格上げしてくれるものを厳選! 一番使える春パンプスから、おしゃれプロの春の足元事情までまとめてお届けします。



①コーデの旬度がUP! 一番使える「春シューズ」

少しずつ外出の機会が増え、おしゃれに前向きな今こそ新たに手にするなら、“気分もアガる”1足がいい。快適かつどんな日常も素敵に見せてくれるトレンド靴の最新から、アラフォー世代にぴったりのシューズをピックアップ!

 

Q.この春、一番使える靴が知りたい

白より品よく女っぽい〝ラテ色〞が大本命!



RECOMMEND①

春らしい淡色のワントーン服になじみやすい

RECOMMEND① 春らしい淡色のワントーン服になじみやすい

今季一番のトレンドでもある"ラテ色"は、オフ白やアイボリー、エクリュといったまろやかな白を総称するカラー。黄みがあるぶん真っ白よりも柔らかく、優しい印象に仕上がるので、淡いトーンの服とも相性抜群。

靴(4.5)¥80,300/ジミー  チュウ ジャケット¥85,800/マディソンブルー ニット¥30,800/カオス横浜(カオス) スカート¥31,900/インターリブ(サクラ) ピアス¥26,400・バングル¥83,600/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ネックレス¥19,800/マリハ バッグ¥97,900/ドゥロワー 六本木店(ワンドラー)



RECOMMEND②

大人カジュアルの〝抜け感”にちょうどいい

RECOMMEND② 大人カジュアルの〝抜け感”にちょうどいい
抜け感づくりに欠かせない白い靴。カジュアルなスリッパ型でも幼く見えないのは、ラテ色の品のよさがあってこそ。

靴(1.3)¥23,100/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) パーカ¥31,900/ロンハーマン Tシャツ¥19,800/トヨダトレーディング プレスルーム(チルコロ1901) パンツ¥60,500/エストネーション サングラス¥37,400/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥20,900/プリュイ トウキョウ(プリュイ) ブレスレット¥19,800/ストローラーPR(リューク) バッグ¥93,500/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ)



RECOMMEND③

足先が長く見えて、スタイルアップできる

RECOMMEND③ 足先が長く見えて、スタイルアップできる

ほんのりと黄みがかった白は、肌色になじみやすく、甲とつながるように足先をシュッと長く見せてくれる効果も。膝下スカート+ぺたんこというむずかしいバランスも色が解決!

靴(1.7)¥10,780/ルタロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン) ジャケット¥31,570/アテニア カットソー(キャミソールつき)¥7,989/プラステ スカート¥26,400/アストラット 新宿店(アストラット) ピアス¥13,200/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(クレド) リング(左手)¥26,400/ココシュニック バッグ¥217,800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

ラテ色パンプス

❶ステッチ入りのスクエアトゥも注目のトレンド。履き口がVカットになっているので、足が華奢に見える効果も。( 2 )¥30,800/デュプレックス(カルチェグラム) 
❷上品なアイボリー&シボ感のおかげで、手ごろなプライスとは思えないほどの高級感が。(1.7)¥10,780/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン)  
❸歩きやすい機能派パンプスに定評のあるロックポート。エレガントな型押しを着こなしのアクセントに。( 4 月下旬ごろ入荷予定)( 4 )¥18,700/ロックポート ジャパンお客様窓口(ロックポート)  
❹旬の色だからこそデザインはシンプルに徹しても。ふかふかのインソールで足当たりもソフト。( 2 )¥14,850/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 

ラテ色パンプス

❺きれいめなローファーとカジュアルなスリッパのおしゃれなハイブリッド。靴下を合わせればまた表情が変わり、幅広いシーズンに活躍。(1.3)¥23,100/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) 

❻甲深デザインが特徴的なスペルタのバレエシューズ。軽く柔らかな素材で、一日ノンストレス。( 1 )¥27,500/フラッパーズ(スペルタ) 
❼ゴムつきのバックストラップ&太ヒールで安定感が抜群。(4.5)¥80,300/ジミー チュウ

※( )内の数値はヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)

【Marisol4月号2021年】撮影/森脇裕介(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/阪井まどか 牧野紗弥 取材・文/伊藤真知 



②この春選ぶべきはこれ! トレンドデザインの「ぺたんこシューズ」



Q.ほぼ毎日ぺたんこ派。今、買い替えるなら?

A.大人世代に使いやすい春トレンドはこの4つ!



トレンド①

横高フラット

サイドが高く甲も深めで、包み込まれるような履き心地。爪先を覆っても痛くない、柔らかな革もポイント。

横高フラット

①グレーよりも柄が目立ちにくいブラウンなら通勤にも使いやすい。( 1 )¥20,900/オデット エオディール 新宿店(オデット エ オディール)【モデル着用】
②素足で楽しむこれからの季節は、レザーの柔らかさも決め手に。( 1 )¥16,500/ダニエラアンドジェマ 
③カジュアルなぺたんこだからこそ挑戦しやすいマスタード色。甲のシャーリングで女性らしさがアップ。( 1 )¥12,100/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス) 
④フォルムとしては幼く見えそうな白も、アーモンドトゥで大人顔に。(1.5)¥33,000/TOMORROWLAND(トゥモローランド) 
⑤淡色の服ともなじむ絶妙なブルーグレー。( 1 )¥20,680/プルミエ アロンディスモン(アデュー トリステス)


リラックスで可愛げのある形を辛口なパイソンで都会的に

リラックスで可愛げのある形を辛口なパイソンで都会的に

甲に深く切り込んだVカットも、丸みのある横高フォルムにキレのよさをプラス。艶パンツなどボトムにも女っぽさを意識して、大人のバランスに。

靴( 1 )¥20,900/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) ニット¥39,600・パンツ¥28,600/ロンハーマン ストール¥29,700/デミルクス ビームス 新宿(アソースメレ) ピアス¥44,000/UTSPR(ルフェール) リング¥38,500/RHC  ロンハーマン(サンズ サンズ) バッグ¥73,700/TOMORROWLAND(エレメ)


 

トレンド③

太編みサンダル

太めのレザーを編み込んだアッパーで涼しく快適。ボリューミーでも軽やかに見える明るめのナチュラルカラーが買い。

太編みサンダル

①ふっくらとした質感で癒される履き心地。( 2 )¥20,900/アマン(マウロ・デ・バーリ) 
②ポインテッドトゥ&アンクルストラップが美脚を約束。後ろジップで足入れもしやすい。
(2.5)¥19,800/アバハウスインターナショナル オンラインストア(オゥ バニスター)  
③柔らかなシープレザーのおかげで、"甲深は苦手"という外反母趾のかたからも好評。(1.8)¥22,000/ダニエラアンドジェマ 
④アンクルストラップはボタンで着脱可。(3.5)¥17,600/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン) 
⑤メンズライクな"グルカサンダル"も注目のトレンド。その代表格ともいえる逸品は、つくりの美しさも存在感も別格。( 2 )¥41,800/ドレステリア 新宿店(パラブーツ)



トレンド③
女っぽスリッパ

リボンやレース、型押しレザーなど素材もディテールもエレガントに進化。トゥも細身で、楽ちんでも女っぽく。

女っぽスリッパ

①甘すぎないリーフ柄のレースが大人好み。浅めのカットと細幅のシルエットでレディな足もとを演出。( 1 )¥10,450/ル タロン 渋谷パルコ店(ル タロン) 
② 広めのワイズ&甲にも高さがあり、足をすっぽりと包んでくれるので、本物のスリッパのようにストレスフリー。ダイヤ柄のカットワークで見た目は華奢に。(1.5)¥26,400/銀座かねまつ6 丁目本店(銀座かねまつ) 
③ 重厚感のあるブラウンの型押しはオールシーズン大活躍。波形にカットされたソールがさりげなく可愛い。( 1 )¥58,300/フラッパーズ(ネブローニ) 
④パープル×白のギンガムチェックが新鮮。コットン素材で履き心地も軽やか。( 1 )¥29,700/RHC ロンハーマン(ピッピシック) 
⑤ こんな大きなリボンが違和感なく楽しめるのも、ラフに履けるスリッパ型だからこそ。( 2 )¥15,400/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)



トレンド④

大人スポサン

レザーストラップで完全に街履きへと生まれ変わった今季のスポサン。リッチ感を後押しする黒ベースが狙いめ。

大人スポサン
①2本のベルトや足首のストラップがしっかりとホールド。潔いモノトーンで洗練された印象に。( 3 )¥49,500/モールド(チノ) 
②淡いカラーのおかげで、幅広のアッパーでもゴツさとは無縁。安定感も申しぶんなし。( 3 )¥49,500/ザ・グランドインク(ロランス) 
③ 上品なカーキのレザー×スポーティな厚底ソールのミックス感がおしゃれ。サクサク歩ける軽さも魅力。( 5 月中旬入荷予定)( 5 )¥22,000/銀座かねまつ6 丁目本店(銀座かねまつ) 
④ 人気セレクトショップのドゥロワーが、スポサンの名手スイコックとコラボ。斬新なビジュー使いで、こなれた印象だけでなく華やかさも手に入る。(4.2)¥42,900/ドゥロワー 六本木店(スイコック フォー ドゥロワー)【モデル着用】


さりげなく目をひくビジューでメンズとは違う黒の楽しみ方を

さりげなく目をひくビジューでメンズとは違う黒の楽しみ方を
レザーベルトも相まってスポサンらしからぬ上質感が。足首の見えるスカートで、 そのインパクトを前面に。

靴(4.2)¥42,900/ドゥロワー 六本木店(スイコック  フォー ドゥロワー) シャツ¥18,700/ドレステリア 新宿店(ドレステリア) スカート¥97,900/エブールギンザシックス(ebure) サングラス¥39,600/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥39,600/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥20,680/ショールーム セッション(ヤーキ)


※( )内の数値はヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)
【Marisol4月号2021年】撮影/森脇裕介(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/阪井まどか 牧野紗弥 取材・文/伊藤真知 



③アラフォーのデニムスタイルの鮮度を上げる「春靴」3選

ハンサムに、フェミニンに……。同じデニムでも、足元に何を合わせるかで全身イメージがぐっと変化。鉄板デニムで印象を今どきに刷新してくれる、春めきシューズをピックアップ。



☆デニムはこの一本をはき回し!

☆デニムはこの一本をはき回し!
デニムパンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ  シンゾーン)



#1 モダンフラット
キレ味のいい女っぽさが手に入る

#1 モダンフラット キレ味のいい女っぽさが手に入る
【モデル着用】❶今年注目の甲深のU字カッティングで、一気に脱コンサバ。オフ白だからコーデの抜け感づくりに最適。パンプス¥52,000/アマン(ペリーコ)
❷アシンメトリーなカッティングが独特。型押しに黒パイピングでソリッドさが加速。パンプス¥38,000/エストネーション(ロランス) 
❸アーモンドカッティングがポイント。スモーキーな色みも今っぽい。パンプス¥13,500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 
❹サテン素材とスクエアトゥが目をひく。甘すぎないグリーンも大人好み。パンプス¥13,000/ダニエラアンドジェマ(ダニエラアンドジェマ)
モダンフラットシューズ×デニムのコーディネート
テーパードデニム×甘ブラウスなら、バレエシューズよりも締まるポインテッドトゥパンプスがベスト。エッジのきいたカッティングを選び、ほどよくモード感を足して。

パンプス¥52,000/アマン(ペリーコ) デニムパンツ/同じ ブラウス¥32,000/ミュラー オブ ヨシオクボ(ミュラー オブ  ヨシオクボ) カゴバッグ¥8,000/プラージュ 代官山店(バリ ワークスタット) イヤカフ¥23,000/エテ(エテ) リング(人さし指)¥15,000(シンパシー  オブ ソウル スタイル)・リング(薬指)¥17,000(プラウ)/フラッパーズ


#2 かっちり男靴
大人の女性に必要な知性と端正さを足す

#2 かっちり男靴 大人の女性に必要な知性と端正さを足す
【モデル着用】❶ベーシックさが引き立つ赤みのあるブラウン。使い込むほどに味が出てくるのも楽しみ。ローファー¥63,000/パラブーツ青山店(パラブーツ) 
❷やや細身のブラックなら、よりすっきりとした印象に。白ステッチもアクセントに。ローファー¥49,000/デミルクス ビームス 新宿(エーティーピー  アトリエ) 
❸黒とベージュのバイカラーにビットまでついた華やかな一足。ローファー¥27,000/フラッパーズ(カステラーノ) 
❹ホワイト寄りのベージュなら印象を明るくしてくれる。ローファー¥20,500/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(カミナンド)
かっちり男靴×デニムのコーディネート
ストライプシャツにトレンチコートを合わせたトラッドベーシックには、足元もローファーでテイストをそろえて。カジュアルなデニムコーデも即クラスアップ。

デニムパンツ/同じ ローファー¥63,000/パラブーツ青山店(パラブーツ) トレンチコート¥23,000/アンクレイヴ ストライプシャツ¥24,000/エストネーション(エストネーション) バッグ¥49,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ  キアリーニ) ノットリング¥10,000/エテ(エテ) ブレスレット¥49,000/ストローラーPR(リューク)


#3 軽やか春ブーツ

ほどよいボリュームで全体バランスが向上する

#3 軽やか春ブーツ ほどよいボリュームで全体バランスが向上する
【モデル着用】❶メンズライクなウイングチップが本格仕様。ブーツ¥135,000/ジェイエムウエストン
❷レディライクなポインテッド。ダークブラウンの色みもエレガント。ブーツ¥19,000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) 
❸人気のチェルシーもホワイトなら新鮮。ブーツ¥24,000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン) 
❹パテントのブラックがアクセントにも。ブーツ¥57,000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ)
春ブーツ×デニムのコーディネート

ふんわりシルエットのティアードワンピースとデニムをレイヤードする時は、上半身にボリュームが偏りすぎないように、ブーツで重心を下げてバランスを。

デニムパンツ/同じ ブーツ¥135,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) ワンピース¥65,000/サザビーリーグ(マーレット) バッグ¥45,000/アマン(ア ヴァケーション) イヤカフ¥20,000/ストローラーPR(リューク) ネックレス¥28,000/デミルクス ビームス 新宿(モダン ウィーヴィング) バングル¥30,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)

【Marisol3月号2021年】撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 取材・文/塚田有紀子



④マリソル人気エディターの春の足元事情|おしゃれプロ

■どんなボトムスとも合う! AKTEのストラップサンダル

エディター・伊藤真知さん

エディター・伊藤真知さん

大学卒業後、出版社勤務。その後フリーのエディター&ライターとして女性誌や広告などを中心に活躍。2019年には「『ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ』の法則」(講談社)を出版し話題に。身長155㎝。

“これはお値段以上だった!”と太鼓判を押せる、最近のヒットアイテムをご紹介したいと思います。

「AKTE」のダブルストラップサンダル ¥13,750

「AKTE」のダブルストラップサンダル ¥13,750
これはMarisol5月号の「小さいさんの次世代パンツ」企画を担当したときに出会ったのですが、スタイリストさんとコーディネートを考えていたときにあまりにもどのボトムにも似合うので、“全カット、この一足でコト足りるのでは……?”と思ってしまったほどの名品。
「AKTE」のダブルストラップサンダル ¥13,750
ヒールは7cmですが、太めなので思ったより高く感じません。甲のストラップも2本あるので安定感もバッチリ。今やめったにヒールは履かなくなりましたが、本来どちらかというと足もとは“色っぽい”ほうが好みの私としては、この線の華奢さにもグッときました。
サンダルコーデ
▲迷いに迷って、誌面では黒のハーフパンツに合わせましたが、もちろん普通のパンツにも。きれい色にもいいし、スカートも合うし……う~ん、恐るべし。
コート/UNIQLO 
ニット/H BEAUTY&YOUTH 
デニム/MOUSSY 
時計/CHANEL 
バッグ/ORSETTO 
靴/AKTE

■ アラフォーの春先の足もと問題を解決する、秘策はこの2つ!

エディター・三尋木奈保さん

エディター・三尋木奈保さん

きちんと感と清潔感のある、女らしいベーシックスタイルが圧倒的な人気を誇るエディター。雑誌を中心に、ブランドとのコラボなどでも活躍。著書「マイ ベーシックノート」(小学館)がシリーズ累計18万部のベストセラーに。

おしゃれ心としては春めきたいけど、婦人の体に春先の寒さはこたえる……泣

 

私も足もとが寒いと頭痛になりがちなタイプ。

本当は春ニットに春トレンチ、足もとは冬のタイツに冬のブーツってバランスがこの時季ちょうどいいんですけどね~。

  

3月後半なのに黒タイツに黒ブーツだと、都心に出かけるときはちょっと気まずい……。

いや、だれも見ていないかもしれないけれど、自分的に気分が上がらないですよね……。

  

というわけで、私がこの時季よく使う手は、

白靴+ライトグレーのタイツ」!

白靴+ライトグレーのタイツ 三尋木奈保
靴/ジョセフ チーニー 
タイツ/グンゼ 
コート/セリーヌ 
トップス/マルティニーク 
スカート/AK+1 
バッグ/ボッテガ ヴェネタ
足もとが白っぽいと、それだけで一気に全身が春めくのです♡
【ジョセフ チーニー】のレースアップシューズ

こちらはイギリスの【ジョセフ チーニー】のレースアップシューズ。

ウイングチップのクラシカルなレザーシューズで、なおかつ「白」というのがこの時季使えるのです。

  

白のバレエシューズだと隙間から風が入って寒いし、白のヒールパンプスはエレガンテすぎて今っぽくないし、やっぱり寒い。

  

が、「レースアップの白レザー」は、「春っぽさ」がありながら、「寒々しくもない」という都合のよい立ち位置なんですよね。

  

程よくかっちり、量感もあるのでロングコートとのバランスもいいし、

辛口でマニッシュなデザインが、私の好きなフェミニンスカートをカリッと引き締めてくれる効果も。

  

春先は、「白のおやじ靴」、おすすめです!

  

トレンドに左右されないクラシカルなアイテムなので、一足手に入れておけば毎年長く使えるはず。

白靴+ライトグレーのタイツ
で、この白靴にはライトグレーのタイツを合わせるのが私の好み♡
 
ここで黒タイツを合わせてしまうと、せっかくの白靴の春っぽさが台無しになってしまうので要注意です。
 
今日履いているグレータイツは数年前に買った【グンゼ】の「一綾」というラインのもの。
(今サイトを見たらこの色は販売されていないようでした、、ごめんなさい!)
 
以前にご紹介した【ファルケ】や【ブルーフォレ】にも同じトーンのライトグレーのタイツが定番で扱いがありますよ。
 
ライトグレーでメランジのニュアンスのあるもの、あんまり厚手でないコットンベースのタイツが、白靴に似合うと思います!

そしてもうひとつ、最近私がよくやるのが、

黒のロングスカートに黒レギンスを「こっそり」仕込むスタイル。

  

あくまでも「こっそり」、のテイです()

黒のロングスカートに黒レギンスを「こっそり」仕込む
スカート/マルティニーク 
靴/デイト
このように、颯爽と春らしく、素足のように見せかけておいて……
黒のロングスカートに黒レギンスを「こっそり」仕込む
よく見るとレギンスを履いているという姑息な手段(笑)
 
最近はスカート丈が長くなったから、レギンスを仕込んでいても下からよーく見ないとわかりません(笑)。
(レギンスが足首に落ちてたまらないように、随時すこーし上に上げたりして調整w)
 
黒スカートに黒レギンス、足もとはスニーカーがおすすめです。
万が一レギンスがちらっと見えても、この組み合わせならそんなにヘンじゃないような。
そして厚底のハイテクスニーカーって、かなりあったかいんですよね。
足首が見えていても、ハイテク+レギンスなら全然寒くない!
 
先日もこの組み合わせで仕事へ行ったら、
「えー、みっひーもう素足なんだ、若い!! 寒くないの?」と言われて
「レギンス履いているんだよ~~」と得意げにスカートをめくって見せるという(笑)。
 
そんなこんなで、おしゃれと寒さの攻防をしている間に、すぐに暑い季節がやってくるんですよね~~。
 
寒さもあと少し!
みなさま健やかにお過ごしくださいね。

■ソックス×春靴のコーディネート

エディター・ライター 坪田あさみさん

エディター・ライター 坪田あさみさん

大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんライフスタイル情報も発信。東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店「サンダウナー 東京オムレツ」も経営する。
私が愛用するのが「おしゃれソックス」です。
 防寒重視なものではなく、おしゃれアイテムとして履く繊細で薄手のもの。カジュアル過ぎず、スニーカーと合わせるよりも、パンプスやバレエシューズと合わせる方がバランスのよいものが好きです。

 中でも特にお気に入りなのが1937年創業のイギリスの老舗ソックスブランド「パンセレラ」のもの。

私の場合は、ソックスが必要以上に目立つのが嫌なので「靴と馴染む」「全体の着こなしと馴染む」「脚と馴染むこと」の3つを重視して色を選びます。よって購入したのはこの3色。
ソックス/Pantherella
▲私がショールームで購入した春夏ソックス3色。くすみブルーやラベンダーも素敵で欲しかったのですが足元が目立ってしまいそうで諦めました。白や黒は定番として使いやすいのはもちろんですが、カラー系はやはり馴染ませ系が便利かと思います。結果、遊びのないセレクトになってしまいました(笑)。
ソックス/Pantherella


春先に重宝する大人のソックスコーディネートがこちら

  

 この3色のソックスをタイプの違う靴と合わせて着用してみましたので以下ご紹介します。

 

 まず冬から引き続き人気のゴツめシューズとのコーディネート。トッズのゴツめローファーは春夏のリネンボトムと合わせたくてブラウンを購入。よって靴と馴染むブラウンのソックスを合わせました。

ソックス/Pantherella 靴/TOD'S ブルゾン/ATON Tシャツ/UNIQLO スカート/Chaos バッグ/A VACATION
ソックス/Pantherella 
靴/TOD'S 
ブルゾン/ATON 
Tシャツ/UNIQLO 
スカート/Chaos 
バッグ/A VACATION

ポインテッドトゥの黒フラットパンプスには、白ソックスをチョイス(黒でもよいと思います)。靴のサイドがメッシュになっていますが薄手ソックスだから透けて見えても全く違和感がありません。
ソックス/Pantherella 靴/ZARA ジャケット/HYKE Tシャツ/UNIQLO スカート/Chaos バッグ/OAD NEW YORK
ソックス/Pantherella 
靴/ZARA 
ジャケット/HYKE 
Tシャツ/UNIQLO 
スカート/Chaos 
バッグ/OAD NEW YORK

レオパード柄のスウェードフラットには、ベージュのソックスを。デニムと合わせてもパンセレラのソックスなら決して子供っぽく見えません。
ソックス/Pantherella 靴/CALZAIUOLI FIORENTINI トップス/MADISON BLUE デニム/GOLDEN GOOSE バッグ/ebagos
ソックス/Pantherella 
靴/CALZAIUOLI FIORENTINI 
トップス/MADISON BLUE 
デニム/GOLDEN GOOSE 
バッグ/ebagos

今回はパンセレラのリブソックスをご紹介しましたが、リブタイプは少したるむので(そのたるみが可愛くて好きなのですが)、ピタッとフィットさせて履きたい時はリブなしタイプを着用します。こちらはサードマガジンのロゴソックス。アキレス腱部分にブランドロゴが刺しゅうされていてめちゃくちゃ可愛い。パンプスやサンダルと合わせてもすっきりきれいめに履けるのでこちらもお気に入り。
ソックス/THIRD MAGAZINE 靴/HEADING SOUTH スカート/MADISON BLUE バッグ/A VACATION
ソックス/THIRD MAGAZINE 
靴/HEADING SOUTH 
スカート/MADISON BLUE 
バッグ/A VACATION
いかがでしたでしょうか? ソックスがあるだけで足元の間延び感が解消されるし、コンサバな靴もカジュアダウンできます。何よりソックスを1枚履いているだけで暖かさが全く違います(ここ重要)!
 いち早く春夏の靴をおろしたい時は、ぜひソックスを取り入れてみてくださいね。

▼あわせて読みたい記事

What's New

Read More

Feature

Ranking