こなれ感のあるかっこよさ、最高潮!「ジャケパン」をうんと素敵に着る方法

ジャケットとパンツを同素材セットアップで着るという特別感。真面目に堅苦しくならず、きちんと"今の気分"で着こなすための4つの簡単なコツをピックアップ。

idea 01

ロゴTシャツをインに着てみる

ロゴTシャツ×ジャケパンコーデ
ジャケパン=きちんと感をくずすためには、カジュアルなインナーを合わせるのが近道。あえて白地ではない、シックな色使いのロゴTシャツをインして、大人仕様の遊び心をトッピング。マニッシュな仕立てのセットアップに適度なゆるさが加わる。

ジャケット¥69,300・パンツ¥36,300/エブールギンザシックス(ebure) ロゴTシャツ¥8,800/ゲストリスト(アッパーハイツ) バッグ¥25,300/デ・プレ(デ・プレ) ローファー¥47,300/アパルトモン 青山店(ブレンタ) チェーンネックレス¥45,100/ストローラーPR(リューク) イヤカフ¥17,600・シェルリング¥39,600/UTS PR(ルフェール)

idea 02

サンダルで足もとをはずしてみる

ジャケパン×サンダルコーデ
ジャケパンの印象をコントロールするうえで、重要な役割を果たすのが足もと。パンプスできちんと感を表現する日もあるけれど、時には旬のミュールを合わせて抜け感を。スタイリングの鮮度はもちろん、女性らしさもアップ。

ジャケット¥92,400・パンツ¥46,200/カオス表参道(カオス) ノースリーブブラウス¥19,800/インターリブ(サクラ) ショルダーバッグ¥37,400/エスケーパーズオンライン(へリュー) サンダル¥44,000/ザ・グランドインク(ロランス) ピアス¥26,400/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ネックレス¥44,000/マリハ

idea 03

シルバーのアクセサリーをたっぷりと

ジャケパン×シルバーアクセサリーコーデ
アクセミニマム時代を経て、今また"盛り"が気分に。ボリューム感で勝負せず、軽やかでモダンなデザインをたくさん、が正解。

ジャケット¥29,700・パンツ¥17,600/ピーチ(ミューニック) プルオーバー¥19,800/カオス表参道(カオス) バッグ¥49,500/ヴァジックジャパン(ヴァジック) チェーンネックレス¥58,300/プライマル(プライマル) イヤカフ(下)¥5,500/ボウルズ(ハイク) イヤカフ(上)¥13,200・2連リング(左手)¥46,200・細リング(右手)¥29,700/マリハ バングル¥59,400/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)

idea 04

フェミニンなブラウスで甘さを足す

フェミニンブラウス×ジャケパンコーデ
マニッシュにキレよくジャケパンを着こなすだけでなく、ぜひ取り入れたいのがトレンドの"極甘ブラウス"をインナーにプラスするテクニック。フリルのスタンドカラーやヴィンテージライクなムードを辛口のジャケパンがほどよく中和し、大人にちょうどいい可愛さに着地する。

ジャケット¥49,500・共布ベルトつきセンタープレスワイドパンツ¥39,600/エストネーション(エストネーション) ブラウス¥23,100/カデュネ プレスルーム(カデュネ) バッグ¥217,800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥62,700・リング¥85,800/マリハ
【Marisol5月号2021年掲載】撮影/酒井貴生(aosora) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 取材・文/発田美穂

What's New

Read More

Feature

Ranking