昨年の日本デビュー5周年アニバーサリーイヤーの勢いより、 さらに加速するCNBLUE、シングル「SHAKE」リリース!

2017年5月10日
 11枚目のシングル「SHAKE 」を5月10日にリリースするCNBLUE。夏を連れて来る軽快なダンスチューンは、一度聴いたら口ずさみたくなるハッピーな曲だ。この新譜のプロモーションで来日した彼らが、真摯に、流暢な日本語でインタビューに応えてくれた。彼らは、チャートを賑わし、ライブチケットも即完売の実力派ミュージシャンであると同時に、「三銃士」、「オレのことスキでしょ。」、「棚ぼたのあなた」、「愛しのソヨン」、「シンデレラと4人の騎士」、「紳士の品格」、「相続者たち」、「オレンジマーマレード」、「タンタラ」、「美男<イケメン>ですね」など話題のドラマに出演し続ける役者の顔も持つ。そんな唯一無二の魅力を持つCNBLUE。今年もワールドワイドに、精力的に活動中だ。

●ニューシングル「SHAKE」には、何かイメージソースがあるのですか?
ー「SHAKE」は、イメージソースがあったというより、曲を作りながら、自然に湧いて来て作った曲で、ライブで絶対に楽しめる曲。気合いを入れたり、元気にしてくれるチューン。(ヨンファ)
聴くと楽しい曲だから、ダンスも入れてもっと楽しく魅せるために、ライブでもファンのみなさんに、一緒にダンスして欲しいです。(ミニョク)

●昨年の日本メジャーデビュー5周年の総まとめライブも、セットリストも良くて、かなり盛り上がりましたが、今年のライブはどんな感じになりますか?
ー5月のツアー「シェイクシェイク」は、明るい曲の雰囲気に合うライブになるんじゃないかな、と思います。「Upside down」と「Leftside right」というコンセプトがあるんです。詳しいことはまだ秘密ですが、喜んでもらえると思います。
昨年、ソロコンサートも盛況、追加公演も好評だったジョンヒョンに、
「ソロコンサートも良かったです」と伝えると、目を輝かせ「またやりたいです!」と。(ほかのメンバーがソロ曲を歌ってひやかす。微笑ましい!)

●国内外の気になるアーティストはいますか?
ーコールドプレイ、ジェイムス・ベイ、SEKAI NO OWARI。
SEKAI NO OWARIは、ソウルで歌番組ミュージックカウントダウンのMCをしたときにゲストで来て、4年前にも音楽番組で会ったことがあったから、挨拶したかったんです。ステージもとてもよかった。(ジョンシン)

●最近観て良かったドラマや映画はありますか?
ー「シング・ストリート 未来へのうた」。日本の石原さとみと山Pの「5→9~私に恋したお坊さん~」を再放送で見て面白かった。(ヨンファ)
必ず見たいと思っているのが、「君の名は。」です。(ジョンシン)

●皆さんドラマでも活躍なさってますが、演技は音楽活動にどう作用しますか?
ーどちらも、何かを表現するという意味で同じで、演技することで、表現力がより繊細になりますね。(ミニョク)
とくにライブのときに生きる、表現力がつくと思います。(ヨンファ)
音楽とか演技とか全部経験だから、いろんな経験をすることが、どちらにも上手く作用すると思います。(ジョンシン)
ジョンシンと同じく、経験することが大切だと思ってます。音楽も演技も好きでやっているので楽しんでやっています。(ジョンヒョン)

●日本に来た時に必ず食べるものや、買って帰るものはありますか?
ー日本で、おいしくないものを探す方が難しいですよね!(全員で)
「響」とか日本酒とかお酒を買って帰ったこともあります。(ヨンファ、ミニョク)
ファッションのレアアイテムとか探したりします。(ジョンシン)

●最近ハマっていることは?
ーこのエッグタルトにハマった~。これすごくおいしいですね!!(一同差し入れのタルトをぺろり、ジョンシンさんは特に気に入った模様)僕はファッションにハマってます。古着とか、ストリートファションに興味があるから、日本でもそういう店に行ってみたいです。いちばん好きなデザイナーは、エディ・スリマン。(ジョンシン)(さすが、ファッショニスタ。)
僕の好きなブランドはアンダーアーマー。アンダーアーマーが男らしいでしょ、いちばん楽だし。笑(ヨンファ)
釣り。いろんなところに行きます。済州島にもたくさん通ってます。(ジョンヒョン)
ちょっとまえからハマってるのは、ゴルフ。(ミニョク)(ベストスコアは100前後!すごい!ぜんぜん上手くないと謙遜する。)

●忙しいスケジュールのなか、ストレス解消法はありますか?
ー運動します。(ヨンファ、ミニョク)
釣りです。(ジョンヒョン)
僕はまだストレス解消法模索中なんです。(ジョンシン)

●マリソル読者が韓国を旅するなら、どこがお勧めですか?
ー最近両親と兄と済州島に遊びに行ったのですが、そこで食べたモクサル(済州島の黒豚)とオギョプサルがおいしかったです!(ジョンシン)
済州島の豚肉がいちばんおいしい店は、ソウルにありますよ。(ミニョク)
それは言ってみれば、大阪で食べたたこ焼きより、東京で食べたたこ焼きのほうが美味しく感じたみたいなことですね(笑)。釜山がいいですよ。ソウルにあるものはなんでもあるし、魚貝も肉もなんでもおいしいですから。(ヨンファ)(さすが釜山男子!ちなみに旅好きライターとしても、ソウル、釜山、済州島はお勧めです!)

●最後に、ファンへの一言をお願いします。
ーツアーがあるのでたくさん来て下さい!(ヨンファ)
いろんな機会を作るので、新譜プロモーションでもみなさんに会いたいと思います。(ジョンシン)
ミニアルバム、スプリングライブツアーまでたくさん会いましょう!(ミニョク)いつも応援してくれてありがとうございます。春ツアーでたくさん遊びましょう!(ジョンヒョン)
撮影/山下みどり
CNBLUE SPRING LIVE 2017 ~ Shake! Shake! ~

2017.05.17(水) 開場 17:30 / 開演 18:30
東京 日本武道館 (DAY1 Upside down)

2017.05.18(木) 開場 17:30 / 開演 18:30
東京 日本武道館 (DAY2 Leftside right)

2017.06.17(土) 開場 16:00 / 開演 17:00
愛知 日本ガイシホール (DAY1 Upside down)

2017.06.18(日) 開場 16:00 / 開演 17:00
愛知 日本ガイシホール (DAY2 Leftside right)

2017.06.21(水) 開場 17:30 / 開演 18:30
大阪 大阪城ホール (DAY1 Upside down)

2017.06.22(木) 開場 17:30 / 開演 18:30
大阪 大阪城ホール (DAY2 Leftside right)

全席指定席:9,500円(税込)
※未就学児童入場不可。小学生以上有料。
※入場時の身分証・会員証の確認予定はございません。
※FC先行にてご購入のチケットはピクチャーチケットを予定しております。


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 「猟奇的な彼女」で役者としても活躍、イ・ジョンシンさん(CNBLUE)の魅力

      CNBLUEのベーシストとして人気のイ・ジョンシンさん。「いとしのソヨン」などヒット作ドラマでも頭角をあらわしてきた俳優でもある。最新作、時代劇ラブコメ「猟奇的な彼女」では、ヒロインに心を寄せる、王の忠臣、凄腕剣士の従事官役を見事に演じ、役者の幅を広げた。そんなジョンシンさんのこの作品、そして演技に対する思い、魅力とは?

    韓流NEWS

    2018年2月8日

  • ミュージカル『マイ・バケットリスト』のテウンさん(SNUPER)インタビュー

     ヒューマン・コメディ・バディミュージカル『マイ・バケットリスト』。不良少年カングと余命宣告を受けたヘギの物語です。2014年からソウルで上演されて来たこのヒットミュージカルが、昨年日本に上陸し話題に。今年も2月にキャストを変えて、初めて日本語版で上演されます!ヘギ役のSNUPERのリーダー、テウンさんが「まだまだです」と謙遜しながらも流暢な日本語でインタビューに応じてくれました。初顔合わせとなるCROSS GENEのキム・ヨンソクのさんとの二人芝居、どんな化学反応が起き、新たな魅力を放つ作品になるのか楽しみです。

    韓流NEWS

    2018年2月1日

  • いつも温かい気持ちにさせられる パク・ボゴムさんの格別なファンイベント

     昨年2月に行われた初めてのファンミーティングも、おもてなし精神たっぷりの、優しい人柄が伝わるイベントで5千人を迎え大盛況でしたが、10ヶ月ぶりとなったクリスマスイブ、日本公式ファンクラブ発足記念ファンミーティング<Christmas Eve>では、その倍のファンを魅了したパク・ボゴムさん。地上波で「雲が描いた月明り」が放映されたことも手伝って、より多くのファンが集まりました。  

    韓流NEWS

    2018年1月23日

  • 「明日、キミと」の演技派俳優、イ・ジェフンさんインタビュー

    「シグナル」で注目を浴びた演技派俳優イ・ジェフンさん。続く作品に、このラブコメを選択したことも話題に。彼の最終目標は、”イジェフンはいい俳優だから、彼が出た作品は気になる”と言われること、だそう。私にとっては、とっくの昔からジェフンさんは、まさにそんな俳優です。映画もドラマも欠かさず観てます!ちなみに彼は、バラエティ番組で天然ぶりを発揮したためか、インドア派が一緒に過ごしたい俳優ナンバーワンでもあるそう。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 「明日、キミと」で新たな魅力を発揮、シン・ミナさんインタビュー

    デビュー当時から変わらない、モデル出身のスタイルの良さと、可憐さで人気のシン・ミナさん。美人女優代表のひとりのミナさんが、ナイーブな主人公を演じ、新しい魅力を見せてくれたのが、タイムトラベル・ファンタジーラブコメ「明日(あす)、キミと」。彼女にとっても、大切な作品となったそうです。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 大ヒットドラマ「愛の迷宮-トンネル-」のチェ・ジニョクさんインタビュー

    3年ぶりの主演ドラマ「愛の迷宮-トンネル-」が、放送局視聴率歴代1位となったチェ・ジニョクさん。3年ぶりの公式来日となったファンイベント直前にインタビューに応じてくれた。「九家の書〜千年に一度の恋〜」、「相続者たち」、「エマージェンシーカップル」、「運命のように君を愛してる」、「傲慢と偏見」などで確実にファンの心をつかんできたスター、ジニョクさんと彼の最新作の魅力に迫る!

    韓流NEWS

    2018年1月5日

  • 注目の俳優4人組”One O One”来日インタビュー

    One O Oneは、同じ事務所のクァク・シヤン、クォン・ドギュンさん、ソン・ウォンソクさん、アン・ヒョソプさんの4人からなる若手俳優プロジェクトグループ。「ああ、私の幽霊様」で注目、ユ・アインさんとの「シカゴ・タイプライター」でも難しい役どころを好演、脚光を浴びたシヤンさん、ちょうどわたしが観終わったばかりのホームドラマ「お父さんが変」に兄弟役で出演し、お茶の間の幅広い視聴者から支持されたウォンソクさんとヒョソプさん(ちなみにこのドラマでも人気女優イ・ユリさんの怪演ー怖くないんですけど笑ーが爽快でした)、「20世紀少年少女」にも出演したドギュンさん。皆とても仲よさそうで、本当の兄弟のような和気あいあいとした雰囲気。全員186~188cmと長身の、優しい紳士たちでした。この日はウォンソクさんのお誕生日だったので、バースデーケーキを差し入れると、勉強しているという日本語でお礼まで。今後の活躍にも注目の4人です!

    韓流NEWS

    2017年12月26日

  • 日本で初ワンマンライブを開催する実力派女性シンガー、LEE HI(イ・ハイ)さんインタビュー

     2012年、韓国SBS-TVオーディション番組「K-POPスターシーズン1」で、16歳とは思えないソウルフルな歌唱力を披露し、準優勝。怪物新人としてデビューし、チャートを席巻してきたLEE HI(イ・ハイ)さん。満を辞しての日本進出を記念し、1月にはコンサートツアーも開催予定です。ドラマ「麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」のOST「My Love」も記憶に新しい実力派女性シンガーの彼女が来日。インタビューで、この天賦の才の持ち主に会ってみると、本当に可愛らしくてお人形のよう!その可愛らしいルックスとは裏腹の、パワフルな歌声をぜひライブで体感して!!(日本語も勉強中のようで、きれいな日本語もときどき披露してくれました)

    韓流NEWS

    2017年12月19日

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords