昨年の日本デビュー5周年アニバーサリーイヤーの勢いより、 さらに加速するCNBLUE、シングル「SHAKE」リリース!

2017年5月10日
 11枚目のシングル「SHAKE 」を5月10日にリリースするCNBLUE。夏を連れて来る軽快なダンスチューンは、一度聴いたら口ずさみたくなるハッピーな曲だ。この新譜のプロモーションで来日した彼らが、真摯に、流暢な日本語でインタビューに応えてくれた。彼らは、チャートを賑わし、ライブチケットも即完売の実力派ミュージシャンであると同時に、「三銃士」、「オレのことスキでしょ。」、「棚ぼたのあなた」、「愛しのソヨン」、「シンデレラと4人の騎士」、「紳士の品格」、「相続者たち」、「オレンジマーマレード」、「タンタラ」、「美男<イケメン>ですね」など話題のドラマに出演し続ける役者の顔も持つ。そんな唯一無二の魅力を持つCNBLUE。今年もワールドワイドに、精力的に活動中だ。

●ニューシングル「SHAKE」には、何かイメージソースがあるのですか?
ー「SHAKE」は、イメージソースがあったというより、曲を作りながら、自然に湧いて来て作った曲で、ライブで絶対に楽しめる曲。気合いを入れたり、元気にしてくれるチューン。(ヨンファ)
聴くと楽しい曲だから、ダンスも入れてもっと楽しく魅せるために、ライブでもファンのみなさんに、一緒にダンスして欲しいです。(ミニョク)

●昨年の日本メジャーデビュー5周年の総まとめライブも、セットリストも良くて、かなり盛り上がりましたが、今年のライブはどんな感じになりますか?
ー5月のツアー「シェイクシェイク」は、明るい曲の雰囲気に合うライブになるんじゃないかな、と思います。「Upside down」と「Leftside right」というコンセプトがあるんです。詳しいことはまだ秘密ですが、喜んでもらえると思います。
昨年、ソロコンサートも盛況、追加公演も好評だったジョンヒョンに、
「ソロコンサートも良かったです」と伝えると、目を輝かせ「またやりたいです!」と。(ほかのメンバーがソロ曲を歌ってひやかす。微笑ましい!)

●国内外の気になるアーティストはいますか?
ーコールドプレイ、ジェイムス・ベイ、SEKAI NO OWARI。
SEKAI NO OWARIは、ソウルで歌番組ミュージックカウントダウンのMCをしたときにゲストで来て、4年前にも音楽番組で会ったことがあったから、挨拶したかったんです。ステージもとてもよかった。(ジョンシン)

●最近観て良かったドラマや映画はありますか?
ー「シング・ストリート 未来へのうた」。日本の石原さとみと山Pの「5→9~私に恋したお坊さん~」を再放送で見て面白かった。(ヨンファ)
必ず見たいと思っているのが、「君の名は。」です。(ジョンシン)

●皆さんドラマでも活躍なさってますが、演技は音楽活動にどう作用しますか?
ーどちらも、何かを表現するという意味で同じで、演技することで、表現力がより繊細になりますね。(ミニョク)
とくにライブのときに生きる、表現力がつくと思います。(ヨンファ)
音楽とか演技とか全部経験だから、いろんな経験をすることが、どちらにも上手く作用すると思います。(ジョンシン)
ジョンシンと同じく、経験することが大切だと思ってます。音楽も演技も好きでやっているので楽しんでやっています。(ジョンヒョン)

●日本に来た時に必ず食べるものや、買って帰るものはありますか?
ー日本で、おいしくないものを探す方が難しいですよね!(全員で)
「響」とか日本酒とかお酒を買って帰ったこともあります。(ヨンファ、ミニョク)
ファッションのレアアイテムとか探したりします。(ジョンシン)

●最近ハマっていることは?
ーこのエッグタルトにハマった~。これすごくおいしいですね!!(一同差し入れのタルトをぺろり、ジョンシンさんは特に気に入った模様)僕はファッションにハマってます。古着とか、ストリートファションに興味があるから、日本でもそういう店に行ってみたいです。いちばん好きなデザイナーは、エディ・スリマン。(ジョンシン)(さすが、ファッショニスタ。)
僕の好きなブランドはアンダーアーマー。アンダーアーマーが男らしいでしょ、いちばん楽だし。笑(ヨンファ)
釣り。いろんなところに行きます。済州島にもたくさん通ってます。(ジョンヒョン)
ちょっとまえからハマってるのは、ゴルフ。(ミニョク)(ベストスコアは100前後!すごい!ぜんぜん上手くないと謙遜する。)

●忙しいスケジュールのなか、ストレス解消法はありますか?
ー運動します。(ヨンファ、ミニョク)
釣りです。(ジョンヒョン)
僕はまだストレス解消法模索中なんです。(ジョンシン)

●マリソル読者が韓国を旅するなら、どこがお勧めですか?
ー最近両親と兄と済州島に遊びに行ったのですが、そこで食べたモクサル(済州島の黒豚)とオギョプサルがおいしかったです!(ジョンシン)
済州島の豚肉がいちばんおいしい店は、ソウルにありますよ。(ミニョク)
それは言ってみれば、大阪で食べたたこ焼きより、東京で食べたたこ焼きのほうが美味しく感じたみたいなことですね(笑)。釜山がいいですよ。ソウルにあるものはなんでもあるし、魚貝も肉もなんでもおいしいですから。(ヨンファ)(さすが釜山男子!ちなみに旅好きライターとしても、ソウル、釜山、済州島はお勧めです!)

●最後に、ファンへの一言をお願いします。
ーツアーがあるのでたくさん来て下さい!(ヨンファ)
いろんな機会を作るので、新譜プロモーションでもみなさんに会いたいと思います。(ジョンシン)
ミニアルバム、スプリングライブツアーまでたくさん会いましょう!(ミニョク)いつも応援してくれてありがとうございます。春ツアーでたくさん遊びましょう!(ジョンヒョン)
撮影/山下みどり
CNBLUE SPRING LIVE 2017 ~ Shake! Shake! ~

2017.05.17(水) 開場 17:30 / 開演 18:30
東京 日本武道館 (DAY1 Upside down)

2017.05.18(木) 開場 17:30 / 開演 18:30
東京 日本武道館 (DAY2 Leftside right)

2017.06.17(土) 開場 16:00 / 開演 17:00
愛知 日本ガイシホール (DAY1 Upside down)

2017.06.18(日) 開場 16:00 / 開演 17:00
愛知 日本ガイシホール (DAY2 Leftside right)

2017.06.21(水) 開場 17:30 / 開演 18:30
大阪 大阪城ホール (DAY1 Upside down)

2017.06.22(木) 開場 17:30 / 開演 18:30
大阪 大阪城ホール (DAY2 Leftside right)

全席指定席:9,500円(税込)
※未就学児童入場不可。小学生以上有料。
※入場時の身分証・会員証の確認予定はございません。
※FC先行にてご購入のチケットはピクチャーチケットを予定しております。


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • ドラマ「ハベクの新婦」で好演のコンミョン(5urprise)さんインタビュー

    2015年11月の5urprise の日本CDデビュー時にも、インタビューに応じてくれたコンミョンさん。その後、ドラマ「華政(ファジョン)」、「タンタラ〜キミを感じてる」、「おひとりさま〜一人酒男女〜」などに立て続けに出演。ドラマだけでなく、バラエティ、MCなど多忙を極めている。そんなコンミョンさんが自由奔放な神役に挑んだ、最新作ドラマ「ハベクの新婦」が日本でも初放映中だ。次回作「ピョンヒョクの愛」も、「また、オヘヨン」の監督の注目作。ちなみに、弟のドヨンさんもアイドルグループNCT127で活躍中。「ハベクの新婦」撮影直前の、東京でのファンイベントでも、「最近ドヨンは忙しい」と勉強中の日本語で繰り返し話し、笑いを誘っていた。12月に5urpriseでの来日も決定している。

    すきあらば韓流

    2017年10月13日

  • 映画『あなた、そこにいてくれますか』でも注目のピョン・ヨハンさんインタビュー

    ドラマ「ミセン-未生-」や「六龍が飛ぶ」でも、その圧倒的な存在感で知名度を上げた俳優ピョン・ヨハンさん。彼の出演する待望の映画『あなた、そこにいてくれますか』が10月14日(土)より公開となる。韓国で『ラ・ラ・ランド』超えした大ヒット作だ。ヨハンさんが、この映画はもちろん、次回作の予定まで、語ってくれた。温かく、懐かしく、考えさせられるすてきな映画なので、ぜひ映画館に足を運んで!

    すきあらば韓流

    2017年10月4日

  • アイドルから人気俳優へ。 パク・ヒョンシクさんファンイベントで来日!

     2010年K-POPグループZE:A(ゼア)のボーカル担当としてデビュー、最近は俳優としても活躍中のパク・ヒョンシクさんが、8月末に、ファンイベント「2017 PARK HYUNG SIK FANMEETING IN JAPAN 夏の日、僕らの一歩 」で、約1年ぶりに来日。ソウルでのイベントに続き、大盛況だった。

    すきあらば韓流

    2017年9月26日

  • チャンソンさん(2PM)らが初挑戦!ミュージカル「ALTAR BOYZ」

    2005年にNYのオフ・ブロードウェイで上演されて以来、韓国や日本でも公演を重ね、愛されて来たミュージカル「ALTAR BOYZ」。チャンソンさんらが、ミュージカルに初挑戦して話題に!

    すきあらば韓流

    2017年9月4日

  • 次元を超えた面白さ!「秘密の森」、サスペンスの沼にハマる

    またもや、ハマってしまった。毎話終わり場面に「えええええっ!」と声を上げてしまうほど、止まらなくなる全16話のサスペンスドラマ。「映画より映画」と称賛されるなど、いま最も話題の大ヒットドラマが、この「秘密の森」だ。

    すきあらば韓流

    2017年8月2日

  • ”演技の化身”チョ・ジョンソクさん、 3年5ヶ月ぶりに来日ファンイベント開催!

     このコラムで、映画『あの日、兄貴が灯した光』インタビューにも真摯に応えてくれ、その優しい人柄が伝わったチョ・ジョンソクさん。久しぶりのファンイベントは、初のアジアツアー!最終日の東京公演のパファーマンスと熱気はさすがのひとこと!!

    すきあらば韓流

    2017年7月25日

  • 「太陽の末裔」から「被告人」まで、 ヒット作が続くキム・ミンソクさんの素顔

     「美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート」で2012年にドラマデビュー。ソンソンカップル結婚のきっかけとなった「太陽の末裔」でブレイク、日本で放映中の話題作「被告人(原題)」でも存在感を発揮しているキム・ミンソクさんが、単独初ファンイベントで来日。素顔のミンソクさんとは?

    すきあらば韓流

    2017年7月12日

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords