昨年の日本デビュー5周年アニバーサリーイヤーの勢いより、 さらに加速するCNBLUE、シングル「SHAKE」リリース!

2017年5月10日
 11枚目のシングル「SHAKE 」を5月10日にリリースするCNBLUE。夏を連れて来る軽快なダンスチューンは、一度聴いたら口ずさみたくなるハッピーな曲だ。この新譜のプロモーションで来日した彼らが、真摯に、流暢な日本語でインタビューに応えてくれた。彼らは、チャートを賑わし、ライブチケットも即完売の実力派ミュージシャンであると同時に、「三銃士」、「オレのことスキでしょ。」、「棚ぼたのあなた」、「愛しのソヨン」、「シンデレラと4人の騎士」、「紳士の品格」、「相続者たち」、「オレンジマーマレード」、「タンタラ」、「美男<イケメン>ですね」など話題のドラマに出演し続ける役者の顔も持つ。そんな唯一無二の魅力を持つCNBLUE。今年もワールドワイドに、精力的に活動中だ。

●ニューシングル「SHAKE」には、何かイメージソースがあるのですか?
ー「SHAKE」は、イメージソースがあったというより、曲を作りながら、自然に湧いて来て作った曲で、ライブで絶対に楽しめる曲。気合いを入れたり、元気にしてくれるチューン。(ヨンファ)
聴くと楽しい曲だから、ダンスも入れてもっと楽しく魅せるために、ライブでもファンのみなさんに、一緒にダンスして欲しいです。(ミニョク)

●昨年の日本メジャーデビュー5周年の総まとめライブも、セットリストも良くて、かなり盛り上がりましたが、今年のライブはどんな感じになりますか?
ー5月のツアー「シェイクシェイク」は、明るい曲の雰囲気に合うライブになるんじゃないかな、と思います。「Upside down」と「Leftside right」というコンセプトがあるんです。詳しいことはまだ秘密ですが、喜んでもらえると思います。
昨年、ソロコンサートも盛況、追加公演も好評だったジョンヒョンに、
「ソロコンサートも良かったです」と伝えると、目を輝かせ「またやりたいです!」と。(ほかのメンバーがソロ曲を歌ってひやかす。微笑ましい!)

●国内外の気になるアーティストはいますか?
ーコールドプレイ、ジェイムス・ベイ、SEKAI NO OWARI。
SEKAI NO OWARIは、ソウルで歌番組ミュージックカウントダウンのMCをしたときにゲストで来て、4年前にも音楽番組で会ったことがあったから、挨拶したかったんです。ステージもとてもよかった。(ジョンシン)

●最近観て良かったドラマや映画はありますか?
ー「シング・ストリート 未来へのうた」。日本の石原さとみと山Pの「5→9~私に恋したお坊さん~」を再放送で見て面白かった。(ヨンファ)
必ず見たいと思っているのが、「君の名は。」です。(ジョンシン)

●皆さんドラマでも活躍なさってますが、演技は音楽活動にどう作用しますか?
ーどちらも、何かを表現するという意味で同じで、演技することで、表現力がより繊細になりますね。(ミニョク)
とくにライブのときに生きる、表現力がつくと思います。(ヨンファ)
音楽とか演技とか全部経験だから、いろんな経験をすることが、どちらにも上手く作用すると思います。(ジョンシン)
ジョンシンと同じく、経験することが大切だと思ってます。音楽も演技も好きでやっているので楽しんでやっています。(ジョンヒョン)

●日本に来た時に必ず食べるものや、買って帰るものはありますか?
ー日本で、おいしくないものを探す方が難しいですよね!(全員で)
「響」とか日本酒とかお酒を買って帰ったこともあります。(ヨンファ、ミニョク)
ファッションのレアアイテムとか探したりします。(ジョンシン)

●最近ハマっていることは?
ーこのエッグタルトにハマった~。これすごくおいしいですね!!(一同差し入れのタルトをぺろり、ジョンシンさんは特に気に入った模様)僕はファッションにハマってます。古着とか、ストリートファションに興味があるから、日本でもそういう店に行ってみたいです。いちばん好きなデザイナーは、エディ・スリマン。(ジョンシン)(さすが、ファッショニスタ。)
僕の好きなブランドはアンダーアーマー。アンダーアーマーが男らしいでしょ、いちばん楽だし。笑(ヨンファ)
釣り。いろんなところに行きます。済州島にもたくさん通ってます。(ジョンヒョン)
ちょっとまえからハマってるのは、ゴルフ。(ミニョク)(ベストスコアは100前後!すごい!ぜんぜん上手くないと謙遜する。)

●忙しいスケジュールのなか、ストレス解消法はありますか?
ー運動します。(ヨンファ、ミニョク)
釣りです。(ジョンヒョン)
僕はまだストレス解消法模索中なんです。(ジョンシン)

●マリソル読者が韓国を旅するなら、どこがお勧めですか?
ー最近両親と兄と済州島に遊びに行ったのですが、そこで食べたモクサル(済州島の黒豚)とオギョプサルがおいしかったです!(ジョンシン)
済州島の豚肉がいちばんおいしい店は、ソウルにありますよ。(ミニョク)
それは言ってみれば、大阪で食べたたこ焼きより、東京で食べたたこ焼きのほうが美味しく感じたみたいなことですね(笑)。釜山がいいですよ。ソウルにあるものはなんでもあるし、魚貝も肉もなんでもおいしいですから。(ヨンファ)(さすが釜山男子!ちなみに旅好きライターとしても、ソウル、釜山、済州島はお勧めです!)

●最後に、ファンへの一言をお願いします。
ーツアーがあるのでたくさん来て下さい!(ヨンファ)
いろんな機会を作るので、新譜プロモーションでもみなさんに会いたいと思います。(ジョンシン)
ミニアルバム、スプリングライブツアーまでたくさん会いましょう!(ミニョク)いつも応援してくれてありがとうございます。春ツアーでたくさん遊びましょう!(ジョンヒョン)
撮影/山下みどり
CNBLUE SPRING LIVE 2017 ~ Shake! Shake! ~

2017.05.17(水) 開場 17:30 / 開演 18:30
東京 日本武道館 (DAY1 Upside down)

2017.05.18(木) 開場 17:30 / 開演 18:30
東京 日本武道館 (DAY2 Leftside right)

2017.06.17(土) 開場 16:00 / 開演 17:00
愛知 日本ガイシホール (DAY1 Upside down)

2017.06.18(日) 開場 16:00 / 開演 17:00
愛知 日本ガイシホール (DAY2 Leftside right)

2017.06.21(水) 開場 17:30 / 開演 18:30
大阪 大阪城ホール (DAY1 Upside down)

2017.06.22(木) 開場 17:30 / 開演 18:30
大阪 大阪城ホール (DAY2 Leftside right)

全席指定席:9,500円(税込)
※未就学児童入場不可。小学生以上有料。
※入場時の身分証・会員証の確認予定はございません。
※FC先行にてご購入のチケットはピクチャーチケットを予定しております。


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • T2U(from:Block B)、ユグォンさん&テイルさんインタビュー

    個性豊かな7人7色の魅力で人気のアーティスト、Block B(ブロック ビー)。楽曲が好きでコンサートやイベントにも何度か足を運んでいますが、毎回彼らの才能に圧倒されます。スペシャルユニット、T2U(トゥーユー)のツアーで来日した美声で知られるテイルさんと日本語が堪能なユグォン(ユグ)さんにインタビュー!6月20日発売されるデビュー7周年記念の日本オリジナル・ベストアルバム「Block B THE BEST」のお話も伺いました!T2Uの新曲、ソロ曲も含むこのアルバムは、Block Bの軌跡を音、映像、写真で楽しめる超豪華版で、入門編としてもマスト!ぜひ聴いて、観て下さい!!

    韓流NEWS

    2018年6月15日

  • 鼓膜彼氏ソン・シギョンさん、気概を見せる

     韓流ドラマが好きならきっと耳にしたことのある、心奪われるOST(挿入歌)の数々でも知られる国民的歌手ソン・シギョンさん。バラードの皇帝、鼓膜彼氏の異名を持ち、作詞作曲も、そしてスマートで機知に富む人柄から、芸能大賞やゴールデンディスク賞授賞式、バラエティ番組のMCとしても活躍中。そんな彼が日本活動にも本腰を入れ、その気概を高めています。7月には新譜もリリース予定、日本語も堪能で、気さくで面白いシギョンさんにお話を伺いました。

    韓流NEWS

    2018年6月1日

  • 社会現象となったアイドル、Wanna One旋風!

    2017年に放映され韓国で社会現象を巻き起こしたサバイバル番組「PRODUCE 101 シーズン2」。101人の中から”国民プロデューサー”による人気投票で選ばれたメンバーで昨年8月にデビューしたのが、11人組のWanna One(ワナワン)です。2018年12月までの期間限定のプロジェクトアイドルグループというのもユニーク。デビュー3週間で各チャートを席巻、15冠を達成。モンスター級のアイドルとして注目を浴び続けています。そんな彼らが初めてのファンイベントのため来日。5,000人のファンが駆けつけ、会場は熱気に包まれました!楽曲もつい口ずさんでしまうものばかりなので、ぜひ聴いて、観て!

    韓流NEWS

    2018年5月14日

  • 映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ビョン・ソンヒョン監督に聞く

     37歳という若手、才能溢れる『名もなき野良犬の輪舞』のビョン・ソンヒョン監督。彼の商業映画での2作目となるこの作品に出演した、ソル・ギョング、「ミセンー未生ー」のイム・シワン、キム・ヒウォン(「ゴハン行こうよ2」)ホ・ジュノ(「仮面の王 イ・ソン」)といった錚々たる演技派俳優も一目置く存在です。国内外で高く評価された映画で、フィルムノワールと聞くと、暗くて重いイメージですが、この作品は、美しく、ときに笑えて爽快、心にしみる人間ドラマでもあります。先入観なしに多くの人に観てもらいたい!フィルムノワールのイメージとはまったく異なる、シャイで静かな語り口の監督にお話を伺いました!

    韓流NEWS

    2018年5月1日

  • KCON 2018に行ってみました!

     KCONとは、K-POPのみならず、ドラマ、ビューティ、食品や観光なども網羅した、多様な韓国カルチャーを体験できるコンベンション。2012年にカリフォルニアで初開催、日本でも2015年から年々親しまれてきていて、今年で4度目の開催だそう。母娘で楽しむ姿も見受けられ、活気に満ちた幕張メッセ、4月13日から3日間開催の初日に初参戦!盛りだくさんの内容でその人気に納得、目から鱗でした。今年はなんと3日間に68,000人が足を運び、記録更新の盛況ぶりだったそうです。

    韓流NEWS

    2018年4月17日

  • 最旬アイドルTRCNGが日本デビュー!10問100答!

     東京ガールズコレクションの大トリをBLACKPINKが飾るなど、女子中高生の間で大人気のKPOPアイドルたち。最近はKPOPだけでなく、母娘で韓流ドラマを楽しんでいたり、ドラマや映画のファン層も広がっているようです。日本のドラマや映画が韓国でリメイクされたり、「記憶」や「シグナル」のように韓国のドラマが日本でリメイクされたりで、オリジナルに興味を持ってもらえると嬉しいなと思っています。第三次韓流ブームとも言われるKPOP、日本デビューラッシュのアイドルのなかでも、昨年10月に韓国でデビューしたB.A.Pの弟グループTRCNGが、日本でも4月4日にデビュー・シングルを発売、話題となっています。全員2000年&2001年生まれ、子役出身のメンバーも3人いて元気いっぱい。全員がボーカル・ラップ・ダンスをこなす実力派でこれからの活躍が楽しみな若者たちです!!来日オフショットと10問100答とともに紹介いたします!

    韓流NEWS

    2018年4月4日

  • 「マッド・ドック」でブレイク!若手俳優ウ・ドファンさんに注目!

    最近、注目されている4人の若手俳優のひとり、ウ・ドファンさん。彼の最新ヒットドラマ「マッド・ドック(原題)」が日本初放映!!この作品で2017年KBS演技大賞では新人賞を受賞。ドファンさんは映画『MASTER マスター』、ドラマ「君を守りたい〜SAVE ME〜」にも出演しています。俳優の父の影響で役者の道を選んだ、目玉焼きをこよなく愛する青年です。ちなみに他の実力派注目株には「師任堂(サイムダン)、色の日記」「浪漫ドクター キム・サブ」「愛の温度(原題)」のヤン・セジョンさん、「あなたが眠っている間に」「賢い監房生活(日本題:刑務所のルールブック)」のチョン・ヘインさん、「ゴー・バック夫婦(原題)」のチャン・ギヨンさんなどが名を連ねます。どの作品もお勧めなのでぜひ!

    韓流NEWS

    2018年3月23日

  • イ・ミンギさんのキュンとくる「この人生は初めてだから」

    ファン待望!イ・ミンギさんの5年ぶりの主演ドラマ「この人生は初めてだから(原題)」。待ってましたの王道ラブコメで、ゲラゲラ笑えて、時にじんわり泣けるいい作品です。ミンギさんは猫を愛し、他人に興味のない静かな独身主義者を、「お父さんが変(原題)」で人気急上昇のチャーミングなチョン・ソミンさんが脚本家志望のヒロインを演じています。他にも「被告人」のキム・ミンソクさん、「テバク」のキム・ガウンさん、「推理の女王」のパク・ビョンウンさん、映画『ハッピーログイン』のイ・ソムさんなど豪華キャスト!アドリブたっぷりの楽しそうな撮影風景が目に浮かぶ作品です。

    韓流NEWS

    2018年3月14日

Feature

Ranking