ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー

5月26日に、シングルとしては4年半ぶりとなる「Emotion」をリリースしたチャン・グンソクさん。子役時代からドラマや映画で活躍してきた彼は、歌手として日本デビューも果たしマルチな才能でファンを魅了してきました。昨年5月に約2年に及ぶ社会服務要員としての服務を終え、アーティストとして再始動!今年3月の配信シングル「Star」が、たちまちLINE MUSICリアルタイムチャートで1位になるなどそのカリスマぶりを発揮。しなやかに、そしてパワーアップして帰ってきた唯一無二のエンターテイナー&伝説のスター、グンソクさんにたっぷりお話をうかがいました!
ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー_1_1
●3年7ヶ月ぶりとなった3月の「Star」に続くシングルリリース、今回の新曲「Emotion」「Mirage」で伝えたかったことは?

ー「Star」は一種の手紙やメッセージのようなものですね。これまで待っていてくれたファンへも、そして会える瞬間を待ち望んでいる僕へも伝えたかった気持ちを表現したくて。だからこそ、デジタルシングルという形を選びました。プロモーション等は一切せずに、チャン・グンソクを待ってくれているすべての方に、音楽という形で僕の思いを込めたメッセージを伝えたかったから。それと比べて、今回のシングルはより攻めた方法で僕の持つ世界観を表現したかったんです。成長し、本当の男にならなければならない、そんな岐路に立たされているチャン・グンソク本来の姿を。実は30歳を過ぎればすべてが変わると思っていたんです。仕事も人間関係も、恋愛も。でも、実際に30歳になってみると、表面的には昨日と何も変わっていないはずなのに、ある時から自然と自分自身が変わっていることに気づきました。「こうならないとダメだ、変わるんだ!」そう無理に変わろうとするのではなくて、時間の流れとともに自然と今の自分が出来ていったんです。だからこそ、今の僕を表現したかった。より正直に、よりセクシーになろうという思いが込められています。また今回、作詞に参加したのも、より正直にセクシーにという思いがあったからだと思います。ただ単に歌うだけの歌手ではなく、自らストーリーを伝えられる、ストーリーテラーになりたいという欲があったんだと思います。

●歌うこと、演じることの面白さ、アーティストとして大切にしていることはどんなことですか?

ーまずひとつめに行動の理由と意味を持つことを大事にしています。僕が今、ここでこれをやっている理由、そしてその理由の裏付けが必要になるんです。ただ単に、今までやってきたからやらなければいけないと思うのではなく、自分が本当に全身全霊で取り組みたいと思える作品を選びたくて。除隊後に作品をまだ選べていない理由でもあるんですが、俳優として久々に活動をするにあたり、のめり込んでしまう程の情熱を注ぎたい、そう思える作品とまだ出会えていないんです。やっぱり俳優と作品って、運命的な何かがあるんじゃないかと思うほど、相性の良いものと出会うのが難しいですね。そう考えると、恋愛面でも運命の人とまだ出会えてないので困っています(笑)僕の運命の人は一体どこにいるんでしょう?

●アーティストとしてどんなことにインスピレーションを得ていますか?

ー生涯をかけてアーティストという職業の中で生きてきましたが、何かからインスピレーションを得て、そこに理由や意味を裏付けるのは難しいんです。僕の性格上、ある瞬間パッと頭に浮かんだことを、そのままキャッチして、さらに真剣に考えこむことがあるんです。例えば、友人とお酒を飲みながら話している時も、僕とは違う職に就いている友人を通じて、別世界を味わってみたり、全く知らないアーティストの曲を聞きながら、こんな世界もあるんだと感じた時は、いつもメモをたくさん取る方ですね。なので、携帯にはあれやこれやとメモがたくさんあります。でも翌日にメモを見返してみると、よく分からないものも多いです。特にお酒を飲んだ次の日は…。

●長い間ファンに愛されてきた唯一無二の存在、カリスマ的存在のグンソクさん。ご自身がアーティストとして、人間として成長したなと感じることはどんなところですか?

ー僕自身、とても強くなっているなと思います。ある時、こんなことがありました。面倒だったり、どこか気がかりな問題をいつも避けてしまったり、個人的な欲望よりも周囲への配慮を優先してしまっていたんです。でも逆に、「自分のために、あるいは自分がやりたいように生きるってどんな気持ちかな?」という自分自身への問いというか…。もちろん、だからと言って自己中心的に正義感もなく考えることとは違いますが、「僕の人生は僕のもので、自分が一番最高だ」という気持ちがより強くなった気がします。もちろん道理として周囲の人への礼儀に反しないことが大前提ですが。約3年間、本当に多くの出来事があったけれど、会えない時間の中で僕は僕なりに、柔らかさもありつつ強くなれたと思っています。

●やってみたい役やジャンルはありますか?最近観て面白いと思った映画やドラマはありますか?

ー王道のラブストーリーをやってみたいです。考えてみたら、20歳の頃に「ファン・ジニ」というドラマに出演して以来、王道のラブストーリーものをやっていない気がします。やはりドSキャラの影響なのか、ラブコメや横柄な役柄を演じることが多くて。ひとつ確かなことは、デビュー30周年を迎え、これまで本当に多くの作品に携わって来ましたが、まだお見せ出来ていない部分がたくさんあるということです。なぜだと思います?それほど、僕自身が絶えず成長しているから。

●最近よく聴くお気に入りの曲やアーティストはいますか?

ージャスティン・ビーバーの曲をよく聞いています。スタイリッシュだし流行ってるから好きなんでしょ?と思われるかもしれませんが、ジャスティン・ビーバーこそ、自分自身の成長を素直に音楽で表現している人だと思うんです。幼い頃にデビューをして、有り余るほどの人気を得たからこそ、責任感ももちろん芽生えただろうし、人間不信に陥ることも多かったんじゃないかと思います。それでも、運命の人と出会って変化していく姿を自分自身で受け入れ、その感情を素直に表現している姿を見ると、本物のアーティストだなと思います。

●韓国のアーティストがアカデミー賞を受賞する快挙、グラミー賞を賑わせるなどグローバルな人気を得ています。その理由はどんなところにあると思いますか?

ー理由はたくさんあると思います。韓流文化やK-POPの成長、文化産業推進力などな
ど…。ただ、僕はシンプルにこう考えたいですね。ストーリーさえあれば、人は興味を示すということ。つまり、多種多様なストーリーがあるからこそ表現方法も多様化する。それだけ韓国人の中に、個々が持つ独特なストーリーがたくさん存在しているんだと思います。だからこそ僕も素敵なストーリーテラーになりたいですね。

●ファンにとって、存在自体が癒しや原動力となっているグンソクさん。ご自身を突き動かす原動力、そして癒しは?癒しアイテムはありますか?コロナ禍のモチベーションの上げ方や気分転換法があれば教えてください。

ー僕のヒーリング方法は本当に単純ですよ。自然を楽しむこと。遠出は出来なくても、玄関前の花壇や植物を見ているだけで心が浄化される気がします。年を取ったからかもしれないですが、自然を前にすると、本来兼ね備えている真面目な部分が見えてくるんです。でも逆に、季節の移り変わりを感じる時には、植物から新しい芽が出ている姿を見て勇気をもらったりもします。最近は庭でネギテク(韓国語でパテク。ネギの価格高騰に伴い、最近韓国ではネギを植えて財テクの代わりにネギテクという単語を使う)をしています。ネギを自分で育てていると愛着が沸いてきて、たまに怖くもなります。食べてしまったらネギが苦しむんじゃないかって。

●私服もいつもおしゃれで知られていますが、最近お気に入りのデザイナーやスタイルは?

ー本当に不思議なことですが、内面に抱く思いが変わってから好みも大幅に変わりました。そのうちのひとつがファッションですね。以前は派手なプリント柄だったり、色々な質感を楽しめる服が好きで果敢に着こなしていたんですが、今はカラーと素材に重きを置いています。その日の気分に合わせてカラーを何種類か合わせて自分を表現するのも面白いし、素材や柄で表現するのも醍醐味ですね。でも今、僕はルイ・ヴィトンのデザイナーを務めるヴァージル・アブローが作った、ものすごく派手なキーポルバッグを持ち歩いています(笑)

●SNSにアップしているYAMECHEFのお料理がいつもとっても美味しそうですが、料理のインスピレーションはどんなところから得るのですか?グンソクさんにとって料理はどんな存在ですか?

ー料理は、色々な食材を試して食べてみることでインスピレーションを受けています。僕が皆さんに知ってほしいのは、材料を前にしたら緊張せずに、自信を持ってやり遂げること。色々と試して、食材の正しい組み合わせさえ理解していれば、それにより生まれるハーモニーがあるんです。失敗したって再挑戦すればいいし、美味しくなかったら残してもいい。ただ、料理を作った時に、楽しいという気持ちを皆さんが感じてくれれば嬉しいです。僕にとって料理は、ただ料理を作って、誰かが美味しく食べてくれる姿を見て感じる楽しさよりも、ただ純粋に、僕の手で何かを造り出せるという部分に、楽しさを感じることだと思います。

●最近ハマっていること、挑戦してみたいことはありますか?

ー本当に趣味と呼べるものは色々とやってきたので、むしろまだやっていないことって何があるかな、とたまに悩むのですが、いまだに答えが見つかっていないので、創作面で何か出来ないかと考えています。例えば、フラワーアレンジメントだったり、絵を描くことにも興味があります。今やっている分野だと作曲にもハマっていますね。趣味でやっているバンドがあるんですが、メンバーたちと集まっている時が一番幸せです。

●日本に来日できることになったら真っ先に行きたいところは?私はソウルに行けたらテソンチプに直行してトガニタン(牛の膝軟骨のスープ)を食べたいです。

ーハハハハ。トガニタンは意外ですね。僕も意外に思われるかもしれませんが、日本に行ったら、真っ先に赤坂にある「一龍」という店のソルロンタンが食べたいです。そこのスープとカクテキ、スユク(ゆで豚)の味が忘れられません。オーナーのおばあさんも元気にしていらっしゃるのか気になりますし。

●マリソルは40歳前後の女性のためのファッション誌ですが、10年後の自分はどんな自分でありたいですか?

ー10年後は、今と同じく大人になりすぎず、何の制限も制約もなしに、やりたいことをやって生きていたらいいですね。もちろん、難しいとは思います。でも責任感のない大人にはなりたくないんです。

●最近お気に入りの香りはありますか?

ーう~ん。難しい質問ですね。君の香りかな…?(笑)

●マリソル読者がまた韓国に旅ができるようになった時、どこをオススメしたいですか?その理由は?

ーソウル消防災難本部の構内食堂。僕が社会服務要員として1年10か月間働いていた場所で、昼ご飯もほぼこの食堂で食べていました。味はもちろんですが、僕が感じていた日常を、多くの方に共感してもらうのも面白そうだなと思います。ちなみに、外部の方も食堂は使用可能で価格もお手頃ですよ。

●グンソクさんが兵役中もチャン・グンソク展に多くのファンが足を運ぶなど、改めて人気の熱量を感じました。なかなか直接ファンのみなさんに会えない状況ですが、最後にマリソル読者のファンのみなさんに一言お願いします!

ー本当に一言で話しますね。待っててくれ。


ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー_1_2
ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー_1_3
<C D収録内容>*初回限定盤A〜C/通常盤 共通 01.Emotion 02.Mirage 03.Star ■初回限定盤A(CD+DVD) UPCH-89448/ 1,980円(税込) <DVD収録内容> 「 Emotion 」 Music Video ■初回限定盤B(CD+DVD) UPCH-89449/ 1,980円(税込) <DVD収録内容> 「 Emotion 」 Music Video Making ■初回限定盤C(CD+BOOK) UPCH-89450/1,980円(税込) 写真収録32Pブックレット ■通常盤(CDのみ) UPCH-80558/1,320円(税込) ■FANCLUB限定盤(CD+GOODS)PRON-5089/3,850円(税込) <CD収録内容>*FANCLUB限定盤 01.Emotion 02.Mirage 03.Star 04.Star(韓国語ver.) 05. Emotion(Instrumental) 06. Mirage(Instrumental) 07.Star(Instrumental) 08.JKS presents HOME RADIO(番外編)
  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー_1_4-1

  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー_1_4-2

  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー_1_5-1

  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー_1_5-2

ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー_1_11
桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 泣ける!イ・ジェフンさんの「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」

    「この人の作品なら何はともあれ観てみよう」と思う俳優のひとりが、「シグナル」のイ・ジェフンさん。彼は映画やドラマでおなじみの演技派俳優ですが、2016年に観た「シグナル」は作品の完成度が衝撃的で、私的ベスト10ドラマのひとつです。先月約2年ぶりに「模範タクシー(原題)」でドラマ復帰したジェフンさん。Netflixオリジナル作品「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」は、ファン待望の彼の最新ドラマでもあります。5月14日に配信スタートしたこの作品は、ジェフンさんと、「愛の不時着」のタン・ジュンサンさんの共演でも話題。「悪霊狩猟団カウンターズ」も痛快だったし、極上エンターテイメント「ヴィンチェンツォ」に心奪われ、全員が怪しいサスペンスの極み「ロースクール」もだいぶ面白くハマっていますが、派手さはなくとも温かい涙を誘う系のこんなドラマも必須です!!

    韓流NEWS

    2021年5月17日

  • 顔の天才、チャウヌさん(ASTRO)が語る「女神降臨」!

    次から次へと、手に余るほど麗しい俳優を世に送り出す韓流ドラマ。いま、最も注目されている美男ツートップは、完璧なスタイルで27歳には見えない童顔、声も魅力的なソン・ガンさんと、顔の天才と言われる、アイドルグループASTROの多才なチャウヌさん。二人とも漫画から飛び出てきたようなイケメンで、とくにチャウヌさんは、「推しは推し、チャウヌはチャウヌ」(韓国語でチェチェチャチャ)という新造語があるほど、誰もが認める圧倒的存在。そんな彼の、演技ドル(演技もできるアイドル)としての話題の最新ヒット作ドラマ「女神降臨(原題)」が日本でも始まります!

    韓流NEWS

    2021年4月19日

  • ソン・ジュンギさんの怪演が話題!「ヴィンチェンツォ」の沼にハマる

    「愛の不時着」「梨泰院クラス」に続くNetflixのヒットドラマとなっているのがソン・ジュンギさん主演の「ヴィンチェンツォ」。ドラマ好きの間では、2019年の名作「熱血司祭」の脚本家パク・ジェボム作家と、美しい映像とていねいな演出が印象的だった「王になった男」のキム・ヒウォン監督、制作がスタジオドラゴン、韓国放映が良作ドラマで知られるケーブル局tvNというだけで心待ちにしていた作品です。Netflixの人気ランキングトップにも輝き、韓国でも話題沸騰中。裏切り、どんでん返し、何でもありでときにじんわりさせられ、そしてテンポよくサイダーのように痛快、爆笑を誘うウィットに富んだセリフがそこここにちりばめられた、韓国ドラマの真骨頂。存分に楽しめます!

    韓流NEWS

    2021年4月13日

  • アカデミー賞候補!穏やかな余韻の残る『ミナリ』

    ウィットに富んだ台詞に笑え、そこここでじんわり泣ける、決して派手なドラマではないけれど、私好みど真ん中だった最近のドラマ「(知っていることはあまりないけれど)家族です(原題)」。「恋愛ワードを検索してください:WWW」の監督、主人公を演じるのが演技派ハン・イェリさんというだけでも魅力的で、虜に。そして、いま話題のアメリカ映画『ミナリ』でも、このイェリさんの演技に世界の注目が集まってます。『ミナリ』はゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞、世界で78冠を記録。4月に予定されているアカデミー賞にも、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚本賞、作曲賞にノミネートされています。この映画もまた、”家族”を描いた温かな作品。彼女は、音楽を担当したエミール・モッセリ作の「Rain Song」も歌っていて、これがまた印象的。穏やかな余韻を残し、とっても素敵です。イェリさんのコメントとともに、日本で3月19日に公開される映画『ミナリ』を紹介します!

    韓流NEWS

    2021年3月19日

  • SHINee is back !!華麗なるカムバック、ここからが新たな始まり

    2008年のデビュー以来、K-POP界を牽引してきたSHINeeの7枚目となるフルアルバム『Don’t Call Me』が2月22日に発売され話題となっています。2018年9月のフルアルバムからほぼ2年6ヶ月ぶりとなったファン待望の新譜で、進化し続ける王道カリスマK-POPアーティストの風格を披露!SHINeeらしさ炸裂で、リリースとともにiTunesトップアルバムチャートでは世界45カ国で1位に輝き、華麗なる復活ぶりはまばゆいばかり。多彩な9曲を収録したアルバム、是非聴いてみてください!

    韓流NEWS

    2021年3月1日

  • 社会派医療捜査ドラマ「ドクター探偵」に抜擢、日韓で活躍する藤井美菜さんインタビュー

    久しぶりに胸を打たれ、一気観したドラマ「ドクター探偵」。ドキュメンタリーで知られるパク・ジュンウ監督が初演出、脚本は職業環境医学科の専門医ソン・ユンヒ作家が担当、「現実よりもリアル」と言われた、実話ベースの痛快な社会派医療捜査ものです。産業災害、人為的な環境災害、職業病などにスポットを当てた斬新なこのドラマは、2019 SBS演技大賞では、パク・ジニさんが最優秀演技賞、イ・ギウさん、パク・ジヨンさんが優秀演技賞にノミネート。パク・ジニさんの娘ソリンを演じたチェ・ユリちゃんも子役演技賞に、チョン・ガンヒさんが新人賞にノミネートと健闘。大賞は、こちらも大好きなドラマ「熱血司祭」のキム・ナムギルさんが受賞しましたが、パク・ジニさんにも何がしかの賞をとって欲しかった作品です。ポン・テギュさん、「サイコだけど大丈夫」のクァク・ドンヨンさんら俳優陣の演技も真に迫り、どっぷりハマって一気に観終わってしまったほど。ドラマの軸となるUDC(未確認疾患センター)分析チームのチーム長ソク・ジニ役に、「ハルとアオのお弁当箱」、映画『潤一』など日本をはじめ韓国、台湾でも”女神のように美しい”と崇められ活躍中の藤井美菜さんが抜擢されたことも話題となりました。美菜さんは、化学分析学を専攻後、日本から韓国にやって来た天才肌のジニを魅力的に演じ、フレッシュな存在感を放っています。そんなチャーミングな彼女にお話をうかがいました!

    韓流NEWS

    2021年2月23日

  • N.Flyingのジェヒョンさんが、日本のドラマ「君と世界が終わる日に」で魅力を発揮!

    韓国の人気ツインボーカルバンドN.Flyingのドラマー、キム・ジェヒョンさん。彼が日本に長期滞在し、1月17日から放映中の日本テレビとHulu共同製作ドラマ「君と世界が終わる日に」に出演、話題となっています。世界中でヒット作が続く、噛まれたら終わりのゾンビサバイバルドラマに、竹内涼真さん、中条あやみさん、飯豊まりえさんら豪華キャストと肩を並べてユン・ミンジュン役を熱演中です!仲良しのメンバーたちと離れ、初めての一人暮らしにも慣れたそうで、やる気満々のジェヒョンさんがインタビューに、流暢な日本語で答えてくれました。ジェヒョンさんが竹内涼真さんを、涼真ヒョン(お兄さん)と呼ぶので、他のキャストもそれにならったり仲睦まじい撮影現場のようです。

    韓流NEWS

    2021年2月1日

  • 韓流・行く年来る年、知っておきたいドラマ、本、アーティスト!

    2020年は、なんと流行語大賞に「愛の不時着」がノミネート、2021年新年が明けるやいなや主役のふたり、ヒョンビンさん&ソン・イェジンさんが交際を認めるニュースが舞い込み、視聴ランキングを逆走し1位に返り咲き、「愛の不時着展」も開催中です。また、このコラムで、韓国での放映終了直後の2018年10月にインタビューしたパク・ソジュンさんの「キム秘書はいったい、なぜ?」も、「梨泰院クラス」の大ヒットで人気が再燃。おうち時間が増えたことも手伝い第4次韓流ブームと言われています。そんな2020年を振り返りつつ、これから注目していただきたい作品やアーティストにスポットを当てたいと思います!

    韓流NEWS

    2021年1月21日

Read More

Feature

Ranking