“ぼっち”生活が快適すぎて、人と関わりたいと思わなくなってきた【40代のエロスとヘルス 神崎恵×小田切ヒロ 大人のカウンセリング室】

長引くコロナ禍ならではの相談に、神崎さんの答えは?

神崎恵さんと小田切ヒロさんのおふたりが、毎号交代で読者のお悩みに答える「大人のカウンセリング室」。鋭くパワフルに、そして愛をもって、あなたの抱える問題、解決しちゃいます!

回答者はこの人! 神崎 恵さん

回答者はこの人! 神崎 恵さん

美容家。アトリエ「mnuit」主宰。大人ならではの美しさはアラフォーの憧れ。最新刊の『神崎CARE』(ワニブックス)が話題を集めるほか、『服が似合う顔が欲しい』(大和書房)など著書多数

お悩み:「〝ぼっち〞生活が快適すぎて怖いです」

昨年の春、緊急事態宣言が出たあたりから、会社がほぼ在宅体制となり、今も週に一度くらいしか出社していません。それもあって、友人などと外食する機会も極端に減りました。独身でひとり暮らしなので、最初のうちは変わってしまった生活ペースに戸惑ったり、慣れない自炊に四苦八苦したり、友人や同僚と会えなくて寂しく思ったりもしました。でも、最近は、職場での煩わしい人間関係もなく、遊んでいても終電を気にする必要もない、「ひとりの部屋でマイペースに過ごす毎日」が案外快適になってきてしまって、週一の出社・買い出し以外はあまり外に出る気にもなりません。それどころか、友人たちから、家飲みやオンライン飲みなどに誘われても全然気が乗らず。もともとの私はどちらかといえば寂しがりやで、社交的な性格だったと思うのですが、この1年の〝快適ぼっち生活〞にすっかり慣れたせいか、人ともそこまで交わりたいとも思いません。とはいうものの、こんな家籠り生活が一生続くわけではないし、私も(コロナで婚活も中断中ですが)いつかはお相手を見つけて、家庭を持ちたいと思っているので、あまり〝ぼっち生活〞が板につくのもよくないとわかっていて。マインドチェンジをするには、どうしたらいいでしょうか?
(42歳・会社員(企業広報)・未婚・子供なし)



■神崎恵さんの回答:ひとりが快適なら、今はぼっち生活をとことん楽しむ

 無理にマインドチェンジしなくたって、大丈夫ですよ! このかたは、寂しがりやで社交的な性格だったそうですが、人といることに少し疲れていたのかもしれません。今の生活が寂しくて仕方ないのだったら、要S・O・Sだけど、快適ならそのままでいいと思います。

 私も家で仕事をすることが多くなって、外に出る時には、いつも以上に気力が必要です。でも、世の中の空気が変わったら、行動も変わるし、自然に外に出るようになるはず。だから無理に“ぼっち生活”を遠ざける必要はないのでは。これまで頑張ってきたのですから、こういう時期があってもOKです。

 いつかは家庭を持ちたいのに、と心配していますが、それはどの程度本気で結婚したいと思っているかによるのかも。とはいえ、よく「恋愛していないと幸せじゃない。愛のあるセックスをして満たされていないとキレイになれない」なんて言われますけど、それには疑問。恋愛やセックスがすべてではないし、パートナーがいない人はキレイになる資格がないの? と思ってしまいます。何で満たされるかは自分単位でいいし、パートナーがいなくても、ほかにひとりで楽しいことがあるのなら、ひとりを楽しめばいい。

 また、パートナーがいない人には、2通りあります。いないことに慣れている人と、もともとひとりが心地いい人と。ひとりが心地いい理由は、人に気を遣うのが苦手だったり、誰かに家に入られるのがイヤだったり。どちらにしても、スタンスは人それぞれなのに、コロナ前の世間には「こうあるべき」と雑音が多かったように思います。だからこのかたも、今はひと休み。雑音に惑わされずに生活してみて。

 実は私も“ひとり”大好き。焼肉も、フレンチも、映画も、なんでもひとりでできちゃいます。自分のリズムで食べたり見たりするのって最高! 映画だって人と感想を言い合わなくていいですしね。大人になると、どうしても誰かとかかわることが多くなって、自分のペースでいられなくなります。だからこそ、たまにひとりでいるのがうれしかったりします。

 ただし、人に会わないでいると、肌、体……といろんなところがゆるんでくるのも事実。ゆるまないようにする方法を生活の中にプラスして、楽しみながら肌や体を育てていけたら! 年末年始やお盆後の顔って、ゆるんでいますよね。と考えると、人に見られていなくても、「見られている」と思うことは大事。そこは自意識過剰くらいでちょうどいい。そしてひとりでいても、清潔感だけは失わないようにしたいですね。

 こんなに長く家にいる生活が続いたことはないのだから、さまざまな感情がわいてきてあたりまえ。今はひとりを満喫する。時がきたらまた、誰かに会いたい、こんな服を着たいといった外へのベクトルが動いて、再出発できるはずです。

■美の処方箋:しまりのない体を楽しみながら引き締める

〜 シスレーのボディケア乳液 〜

「ボディ乳液でお手入れする習慣をつけて、 今月の処方箋体のゆるみをすっきりと」。脂肪細胞を分解し、蓄積を防ぎ、引き締まったシルエットに導く乳液。また肌質も整え、なめらかに。ベタつかず、浸透性のいいジェル質感も気持ちいい。
【用法】
1日2回
シスレーのボディケア乳液
インテンシブ コントアリング フォー ボディ 200㎖¥23,100/シスレージャパン
【Mariol5月号2021年掲載】撮影/八木 淳(SIGNO/人物) 取材・文/入江信子 構成/原 千乃

What's New

Read More

Feature

Ranking