自分を開放するためデジタルデトックスがてらTシャツ姿で自然の中へ【2021/5/29コーデ】

柔らかなライトピンクのTシャツには汚れが目立ちにくいグレーで甘さを調節
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
ソロキャンプするために山ごと買った元カレに招待されたので、興味津々の居候君とともに車で現地へ。大きめバッグにジャンパーやら着替えの服をがんがん詰め込み、Tシャツ&スニーカーのラフな格好でいざ出発。ピンクTシャツと反対色のグレースカートとの配色でさりげなくモダンな印象に。脇に縫い目のないシームレス仕様なので、タイトスカートと合わせても着心地よく、自然の中の心地よさと相まってのんびりリラックスできそう。それにしても居候君、元カレになついてるなぁ。
Tシャツ¥8,250/オーラリー スカート¥36,300/イレーヴ サングラス¥41,800/アイヴァン東京ギャラリー(アイヴァン) ストール¥29,700/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥71,500/アルファ PR(アエタ) 靴¥22,000/ノヴェスタ ジャパン オフィス(ノヴェスタ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

▼「スニーカー」を使った関連記事もチェック

What's New

Read More

Feature

Ranking