「洋服のネットショッピングで失敗しないコツ」お買い物賢者が徹底解説!|アラフォーとECとの上手な付き合い方まとめ

ネットショッピングを有効活用してるエディター2人がECとの上手な付き合い方をレクチャー! いまチェックすべき注目ネットショップも丸わかりです。



①ネットショップでいい買い物がしたいなら返品交換を厭うべからず!

ショッピングに行く機会が減って急速にネットショッピングの必要性が高まった昨年。だけど「まだ苦手意識がある」「ハードルが高い」というアラフォーも多数。どうしたらいい?



☆教えてくれたは…

ときめき至上主義者 発田美穂さん

ときめき至上主義者 発田美穂さん

さまざまなアイテムに貪欲に挑戦するファッションアディクトなエディター。自分のときめき&直感に従い買い物するのがモットー

<最近のECショップは返品交換はあたりまえ、さらに消費者に負担の少ない方法が選択されているので"買う"ではなく"取り寄せる"くらいの気持ちで付き合っています。それでも手続きが面倒に思うかたがいるかもしれませんがそれ以上に「ひとりでじっくり考えられる」「手持ちの服といろいろ合わせて何パターンも試着できる」といった通販ならではのメリットのほうがもはや大きい! 返品交換は慣れも大きいので、まず一歩踏み出してみることをおすすめします>



発田さんのMYRULE!

「いい買い物がしたいなら、返品交換を厭いとうべからず!」


1.まずは 信頼できるブランドで 主役を狙う!

「立ち上がりは好きなブランドで大物を狙います。"ネットショッピングはプチプラ限定"というかたもいますが、値は張っても生地や縫製に信頼のおけるブランドこそ失敗は少ないので買う価値があります!」

Drawer

例えば…
Drawer 
https://store.united-arrows.co.jp/shop/drw/ 
「華やかだったり、目新しかったり、挑戦的なデザインもこのブランドなら大人に似合う品格がある。そして仕立てがいいので『届いたらイメージと違った』ということがありません」

<DMも届くよう設定して、新商品が入荷すると早めにチェックします!(発田さん)>

Shinzone

例えば…
Shinzone 
https://www.shinzone.com/
「こちらはスタンダードなデザインをベースにしていること、さらに生地選びなどにもこだわりがあるので安心して購入できる。すでに愛用しているパンツの進化系は試着せずに購入することも」

 

2.〝足りないもの〞は『ZARA』でチェックを!

「愛用者が多い『ZARA』は返品交換のしやすさも含めて、使いやすさはピカイチ。シーズン中ごろのトレンドアイテムの補充や、“気になるけれどうまく着こなせる自信がない”、アイテムにトライする時も頼りにしています」

<アプリも優秀でこちらも愛用中。移動時など常に閲覧状態です(笑)>

ZARA

例えば…
ZARA 
https://www.zara.com/jp 
「返品がラクなので、気になるアイテムは2~3サイズお取り寄せすることが多いです。アイテム数が多いので、お店に行くよりもネットで探すほうが欲しいアイテムも見つけやすい」

☆実店舗よりも通販で購入する利点があります!

実店舗では誰かが試着したサンプルを購入しなければいけない場合もあるけど、ネット通販なら基本的に倉庫から新品が届くので状態がいい。これは通販ならではのメリットです。




3.コスパ高な EC限定ブランド も忘れずに

「最近急増しているEC発ブランドは、ベーシック服から購入することが多いです。トレンド色の強い服を買うよりも失敗が少なく、定番だからこそブランドの"基本のテイストやクオリティ"がわかります」

N.O.R.C

例えば…

N.O.R.C
norc.jp
「大人の女性のための気のきいたベーシックが豊富なブランド。一番着倒す定番アイテムは高すぎず、だけど安っぽく見えないこのブランドに頼ることが多いです。ニットは色違いで2枚買い!」


☆ほかにもこんなブランドが狙い目!

このほか注目しているのが『ETRÉ TOKYO』『カーサフライン』。ファーストコンタクトはどうしても手に取りたい! というかた向けにこの2 つのショップは実店舗もあります。


■こんな失敗しました… !

返品交換があたりまえの時代ですがまれに"返品交換不可"のアイテムもあるので注意。ほかのアイテムはOKなのにたまたま購入したアイテムだけが返品不可だった……なんて経験があるので購入の際にはぜひキャンセル規約などを詳しくチェックすることをおすすめします!



②徹底的な比較検討こそ、ネットショップ上手への近道!


☆教えてくれたは…

慎重&熟考主義者 塚田有紀子さん

慎重&熟考主義者 塚田有紀子さん

半年以上カートに商品を入れたまま悩むこともあるという超慎重派。自信をもって購入できるまで比較検討を続けている

<個人的にネットショッピングが好きな理由はとにかく比較検討がしやすいところ! 試着はできないですがSNSを駆使して自分の体形に近いそのアイテムの愛用者を探して参考にしたり、よりお得なプライスでゲットできるサイトを探したり、アイデアしだいではウインドーショッピングよりもいい買い物ができると思います。同じブランドの同じアイテムでもサイトによって写真や情報が変わる場合もあるので、可能なら2~ 3サイト比較するといいと思います>



塚田さんのMYRULE!

「徹底的な比較検討こそ、E C上手への近道になる!」


1. 海外通販サイト で好きなブランドの新作を一気見

「インポートブランドはセレクトショップより、百貨店より、海外通販サイトが最もバリエも在庫も豊富! 国内ブランドより立ち上がりも早いので最初にチェックします」

SSENSE

例えば…
SSENSE 
https://www.ssense.com/ja-jp

「日本からでも返品送料無料の期間があったり、限定カラーや限定セールなども豊富で、利用する機会が増加中のサイト。国内対応のカスタマーケアもあるので安心して利用することができます」

<人気ブランドからも『SSENSE』限定カラーも優秀なので要注目(塚田さん)>

海外通販サイトも使いやすく進化中!

『SSENSE』『MATCHESFASHION』『Farfech』など大手の海外通販サイトは日本から返品しやすいサービスが充実しているので利用しない手はない! 国内に事務局を設置しているサイトも多く、英語が苦手な人も安心。




2. セレクトショップ周遊 でトレンドを調査しよう

「『このアイテムさっきも見た』とか『このブランドを扱っているお店が多いな』とかそのシーズンのトレンド傾向がつかみやすい! 欲しいものがなくてもセレクトショップのECサイトは見る価値あり」

<洋服はもちろんですが、アクセサリーなど小物も充実している!>

HAUNT

例えば…
HAUNT 
https://shop.haunt-tokyo.com/

「アラフォーに親しみやすいトレンドをセレクトしてくれているショップ。マリソルおなじみのかたがたが登場するコラムも含めて、サイト全体がすっきりと見やすいのも好きなポイントです」

H BEAUTY&YOUTH
例えば…
H BEAUTY&YOUTH
https://store.united-arrows.co.jp/shop/hby/
「セレクトショップの中でも"ユナイテッドアローズ系列"は見やすく、欲しいアイテムの検索もしやすい。なかでもこのショップが自分の好きなアイテムが多くて愛用しています」

 


3. 実はアパレルも狙い目 なこのサイトもチェック

「日用品の買い足しに利用しているかたが多いと思いますが、洋服も探すと掘り出し物が見つかります。特に『ノース・フェイス』などのアウトドア系ブランドはほかよりも安く買うことができる場合もあります」

Amazon

例えば…

Amazon
www.amazon.co.jp/ 
「説明不要のメガショッピングサイト。最近トレンドのアウトドア系ブランドは公式サイトよりもオフ率が高い場合もあり、『Amazon』で購入する機会が多いです。同じアイテムで比較しやすいのもいい!」

<どんな通販サイトより早く届くのもやっぱり魅力的!>

クチコミ欄のコメント数が多いのもポイント

通常ファッションサイトはレビューもコメントも少ない場合が多いですが、Amazonは辛口なコメントもたくさん書き込まれているので、商品の質を見極めやすいのもポイントです


■こんな失敗しました… !

ずっと狙っていたアイテムがラスト1 点になっていたので思いきって購入したら翌日もラスト1 点の状態……。インポートアイテムなどはそのサイトで売り切れてもほかの在庫がある場合もあるので、"ラス1マジック"に踊らされて買い物しないように注意しましょう。

【Marisol3月号2021年掲載】

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking