美女組さんの「贅沢おひとり様時間の過ごし方」【美女組通信 Vol.13】

ソロ活が推奨される今、美女組たちはどんなおひとり様時間を過ごしているのだろうか? 家で、外で、それぞれの贅沢時間

今月のお題 : 
「贅沢おひとり様時間の過ごし方」

 ホテルでのティータイムは自分へのご褒美時間  

美女組No.161 愛さん

美女組No.161 愛さん

美女組通信13_1

ふだんはコーヒーチェーンを利用することが多いのですが、月に一度くらいインターコンチネンタルホテル大阪にある「STRESSED」でプチ贅沢なお茶時間を楽しみます。お気に入りはTWG Tea社のフレンチアールグレイティーと季節のフルーツタルト。大きな窓からは美しい庭園が見え、ゆったりと優雅な気分に。仕事を頑張っている自分へのご褒美です。


 花やグリーンのお世話で自然を感じるひと時 

美女組 No.166 machikoさん

美女組 No.166 machikoさん

美女組通信13_2

慌しい一日の中で、花やグリーンのお世話をする時が大切なひとり時間です。花の水を毎日替えたり、鉢を日光に当たるよう動かしたりすると植物の生命力を感じますし、グリーンのまわりもきれいに保とうというマインドになるので、家もきれいになって一石二鳥(笑)。次はハーブを育ててフレッシュハーブティーを楽しみたいです。


 皇居が見えるレストランでひとり「昼泡」 

美女組 No.194 Akinoさん

美女組 No.194 Akinoさん

美女組通信13_3

仕事が一段落した時や商談が決まった時など、いいことがあった時には新丸ビルにあるオーストラリアレストラン「Wattle Tokyo」で「昼泡」するのがお気に入りです。自分を祝うために行くランチなのでスタートは必ずスパークリングから、コース料理でゆっくりと過ごします。窓から皇居が望め、サービスもよいので贅沢な時間が過ごせます。



 朝の凛とした空気の中で訪問する美術館 

美女組 No.200 Yumiさん

美女組 No.200 Yumiさん

美女組通信13_4

美術館や建築とカフェめぐりが好きで、今は密を避けて土日の朝一番にふらりとめぐっています。展示や建物、庭園をゆっくりと見学できて発見も多く、澄んだ空気の中、気持ちがリフレッシュされます。都内で一番よく行くのが根津美術館。静かで本格的な日本庭園があり、四季折々の自然の中で心を落ち着かせることができるので気に入っています。



 フレッシュハーブでブレンドティー作り 

美女組 No.102 yuccoさん

美女組 No.102 yuccoさん

美女組通信13_5

ベランダで栽培しているハーブでブレンドティーを作るのが贅沢時間。コロナ禍の今は植物療法士としてアロマ教室を開けませんが、初心に返って自分のためにハーブやアロマを使おう! と楽しんでいます。作用だけで組み合わせて激マズになることもありますが、それもひとつの体験として、講習ができるようになったら笑い話にしたいです。



 両親の想い出がつまったロレックス 

美女組 No.092 めるもさん

美女組 No.092 めるもさん

美女組通信13_6

自宅のソファでコーヒーとスイーツとともに本を読むのが 至福のひと時です。精神科医Tomy先生やヒーラーyuji氏の 本は心が軽くなる言葉の数々で人間関係のストレスやもや もやがすっきりしました。お気に入りの著者の全著作を大 人買いして一気読みするのも楽しみのひとつ。本を通して 著者を身近に感じる瞬間が幸せで贅沢に感じます。



▼Marisol美女組とは… ?

情報感度の高い公式読者ブロガー。ファッションや美容、グルメ、旅など毎日を楽しむアラフォーのリアルなライフスタイルをMarisol ONLINEにて発信中

▶新着記事もチェック!

【Marisol6月号2021年掲載】取材・文 / 江良洋子(arex)

What's New

Read More

Feature

Ranking