幸福感をもたらす新しい10の香り。ハニーロアのフレグランスがリニューアル【マーヴェラス原田の40代本気美容 #421】

蜂蜜を使った化粧品や、ナチュラルな素材にこだわったライフスタイルを提案しているHONEY ROA(ハニーロア)。ポーチにも入る手のひらサイズの人気フレグランスが今月リニューアルします。その数、全10種! 心を幸福で満たしてくれて、優しい気分になれる香りぞろいです。
ハニーロアのホワイトニングラインのトゥエッセンシャル3品

ミツバチの神秘に魅せられて生まれたブランド、ハニーロア。日本女性のデリケートで乾燥しやすい肌質を見つめ続け、自然由来の成分を中心に編み出したハイクオリティなアイテムをリリースしています。

こちらのホワイトニングラインもそのひとつ。敏感肌対応でありながら優れた抗酸化力をもつ7種のハーブ由来のエキス、ビタミンC誘導体などのブライトニング成分に加え、滋養たっぷりで健やかな肌へと導くオーガニックマヌカハニーを配合。3品すべて天然由来原料100%、しかもコスモス認証と医薬部外品の認証を同時取得しているんです。

とくにおすすめしたいのは左の美容液。シミ発生の過程に多角的に働きかけ、今あるシミはもちろん、シミの元にもアプローチ。さらりと軽やかなテクスチャーで真夏でも心地よく使い続けられます。1本使い切るころには肌自体が元気になり、ヘルシーな透明感が宿る肌に出会えそうです。


(写真左から)トゥエッセンシャル ホワイトニングセラム s 30mL ¥7700、同ホワイトニングローション s 150mL ¥5500、同ホワイトニングクリーム s 50g ¥6600/ハニーロア

HONEYROAのフレグランスが10種類になってリニューアル

そして今日の本命はこちら。ハニーロアは、フレグランスも手掛けているんです。明日6月10日(木)に、そのラインアップを一新。装いも新たに全10種の香りがデビューします。

ハニーロアのフレグランスのホワイトフォグは一番人気

今まで最も人気の高かったWhite fogは引き続き展開。ミドルノートにラベンダーやジャスミン、ローズが香るウッディムスキーフローラルは、まるで真新しいシーツにくるまれているような清潔感のある香り。からりと晴れた夏の日に、Tシャツと一緒にまといたくなります。

ハニーロアのフレグランスの新作のブラックティー

ちょっと落ち着いた雰囲気がお好みならば、新作のBlack teaがおすすめ。ユリやバラの中にふわっと紅茶が香り、優しいホワイトムスクに溶け込んでいきます。窓辺で読書、なんていう日にまとえば心が落ち着き、リラックス感満点です。

ハニーロアの新作フレグランスのブレスブルー

私がいちばん印象に残ったのはBreath blue。ミドルノートのティーアコード・フリージア・ジャスミンは艶めかしく至極女っぽいのに、ラストに長く続くのはムスク・シダーウッド・アンバーといったしっかり安定感のある香り。このギャップに心を打ちぬかれました。

ハニーロアのフレグランスはすべて15mL。ほっそり華奢なボトルは手のひらサイズで、持ち歩きに便利なところもポイントです。しかも1本¥2640とお手頃なので、何本かそろえてその日の気分に合わせた香りをまといたいものです。公式サイトにはぴったりの香りに導いてくれる「フレグランス診断」もありますよ。

フレグランス〈オードパルファン〉15mL 全10種 各¥2640/ハニーロア<6月10日(木)発売>

ハニーロアからルームフレグランスも全6種類が新発売

さらに、フレグランスと連動した香りのルームフレグランスも同時発売されるんです。先ほどご紹介した3つのフレグランスを含む、全6種がラインアップ。気に入った香りでそろえるか、それともお部屋の雰囲気に合わせて選ぶか……迷う!

私はお部屋には清潔感のある香りを置きたくて、White Fogをチョイス。ドアを開くたびに幸せにひたっています。インテリアの邪魔をしない、このシンプルなルックスもいいですよね。約2カ月もつそうです。

ルームフレグランス 100mL 全6種 各¥4950/ハニーロア<6月10日(木)発売>

ハニーロアのフレグランスはデイリーに楽しめる香りが充実

蜂蜜を使った化粧品や、ナチュラルな素材にこだわったライフスタイルを提案しているハニーロア。最近も名古屋に10店舗目となるショップをオープンしたそうです。この店舗にはブランド初となるフレグランスバーコーナーも設置しているそうなので、新しい香りと出会いたい方はぜひ。

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking