一枚で着られて“ひとクセ”足せる!スカート派に今、“ロンT”がいい理由

今季、ステディブランドから続々登場しているロングTシャツ。袖をまくるだけでこなれ感が出て、一枚で決まりやすいのが人気の理由。スカート派、パンツ派、それぞれのベストチョイスをスタイリストが解説!

スカート派:スタイリスト松村純子さんのベストは…


ロエフのニュアンスグレーロンT

スカート派のロンT1

☆POINT!

・ゆるシルエットを作るドロップショルダー
・袖口に向かって細くなるデザイン
・インしても体のラインを拾わない広めの身幅

「どんなスカートも受け止めてくれる、くすんだニュアンスグレーにひと目惚れ。太めのリブ襟や広めの身幅などメンズっぽさがあるので、インしてもコンサバになりすぎず、ゆるっとした今どきバランスがかないます。さらっと柔らかな生地感も気持ちいい」。
Tシャツ¥14,300/ロエフ 六本木店(ロエフ)



スカートにINするならゆるめのロンTで抜け感を出すのがカギ

スカート派のロンT2

「Tシャツ×スカートのコーディネートがこざっぱりしすぎるな、という時はロンTにチェンジするとうまくいきます。肩落ちシルエットを選び、袖をくしゅっとまくるだけで今どきのゆるやかなニュアンスが。形はメンズっぽく、素材や色はきれいめに。これがスカート派の鉄則」。
Tシャツ/右と同じ スカート/コエル バッグ/メゾン マルジェラ 靴/チャーチ



☆こちらもオススメ!

アダム エ ロぺのベージュロンT

スカート派のロンT3

「まろやかなクリームベージュはトレンド感もあり、合わせやすい。大胆なドロップショルダーで、着ると体が泳ぐ絶妙なシルエット」。Tシャツ¥9,680/ジュンカスタマーセンター(アダム エ ロペ)



エレンディークの白ロンT

スカート派のロンT4

「ロンTに初挑戦するなら、日本ブランドのオリジナルがおすすめ。エレンディークのこちらは、袖口が細めで、たくし上げても落ちづらいのもうれしい」。Tシャツ¥15,950/エレンディーク

【Marisol 6月号2021年掲載】撮影/目黒智子(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) スタイリスト・モデル/松村純子 池田メグミ

What's New

Read More

Feature

Ranking