老け顔の原因・糖化をからめ取る! B.Aだからできたディープ洗顔マスク【マーヴェラス原田の40代本気美容 #430】

明日7月1日発売! 黄ぐすみやたるみの引き金となる糖化に立ち向かってきたポーラのB.A。糖化のもとであるAGEsをからめ取るディープ洗顔マスクで、大人の肌に澄みわたるような透明感とハリを呼び戻そう。
ポーラB.Aの新作の洗顔マスクのディープクリアライザーが発売に

ライフスタイルや環境により、遺伝子スイッチのON/OFFは後天的に切り替わる――遺伝子研究「エピゲノム」に着目し、昨年、第6世代へと進化を遂げたポーラのB.A。今回発売されるディープクリアライザーは、このエピゲノムアプローチと、もうひとつのB.Aの大きな柱・抗糖化をさらに追求して生まれた洗顔マスクです。

POLAのB.Aのディープクリアライザーは糖化を絡めとりオフするエイジングケア洗顔マスク

そもそも糖化とは、糖とタンパク質が結びつくこと。これが最終的には老化を促進する「AGEs」と呼ばれる物質に変化し、肌だけではなく健康面にも大きな影響を及ぼします。このAGEsは褐色で硬く、一度生成されると自然には分解や除去ができず蓄積するのみ(怖っ!)。 しかも血液にも含まれているため、肌へ栄養素を運び、老廃物を回収する大切な血管にもダメージを与えてしまうんだとか。

ポーラはこの事実に着目。未だ役割が解明されておらずジャンクDNAと呼ばれていた98%の遺伝子領域の中から、血管が糖化に打ち勝つ鍵となる「GATA6-AS」を発見したんです。細胞内にこの物質が多いと、血管内皮細胞が糖化の影響を受けにくい状態になることが判明。そんなB.A第6世代のエピゲノムアプローチによって誕生したのが、ディープクリアライザーです。肌が澄み渡り、美のボルテージアップを想起させるようなアートワークが施されたパッケージも美しい!

ポーラのB.Aのディープクリアライザーは硬めのジェルクリーム状のテクスチャー

テクスチャーはちょっと硬めのジェルクリーム。今回の製品のために新たに見いだされた百花王(ボタン)エキスをはじめ、糖化に着目したオリジナル保湿成分YACエキス、ハリや立体感をサポートする各種美容成分がたっぷりと配合されています。こっくり濃密な感触ですが、するりとなめらかにのび広がります。キメの奥まで行き届くような密着感が、実に心地いい。

ポーラのB.Aのディープクリアライザーはマッサージするうちに汚れをからめ取り白くなる

しかも、ふわっと温かくなるんです。硬くごわついた糖化のある角質を柔らかくほぐして、不要な汚れを吸着。と同時に成分をディープに浸透させる密閉感も堪能できます。軽く引き上げるようにしながらマッサージしていると、ジェルが徐々にクリームのように白色に変化。これが、目に見えない汚れを巻き込んだサインなんですって。

使用の目安は週に2〜3回。洗顔後に使ってください。洗い流した後の肌はすっきり、爽やかなシトラスやネロリの香りの余韻で気分まで軽やかに整います。肌はもちもちと弾み、洗顔後のスキンケアをぐいぐいと吸い込んでくれるのが嬉しい! ぜひB.Aのスキンケアラインとご一緒にどうぞ。

ポーラのB.Aのディープクリアライザーは2021年7月1日から発売

黄ぐすみやたるみ・ゴワつきなど、老け見えの要因となる糖化に立ち向かってきたポーラのB.A糖化のもと・AGEsをからめ取る“ディープ洗顔マスク”で、大人の肌に澄みわたるような透明感とハリを。B.A ディープクリアライザーは明日7/1(木)から発売です。ちなみに8月には、またしても画期的なベースメイクが登場しますので、そちらもお楽しみに!

B.A ディープクリアライザー 120g ¥13200/ポーラ<7月1日(木)発売>

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。Instagram:@marvelous.h
イラスト/ユリコフ・カワヒロ

What's New

Read More

Feature

Ranking