アラフォーは“ニュアンスカラーTシャツ”で品よく。モカTシャツで作る配色上手コーデ

ワンツーコーデが増えてくる初夏に頼れるのは、一枚でこなれた印象を与えてくれるニュアンスカラーTシャツ。同系色、または反対色を合わせるのが上品見えのカギに!

モカTシャツ
濃いめのベージュ~ブラウンの中間のようなモカ色のTシャツは、カジュアルすぎず優しげな印象に。トレンド感もたっぷり。


MOCHA T-Shirt×BROWN PANTS

ゆったりしたドルマンTをブラウンの細身パンツで引き締めて

くすみ系モカT1

七分丈のドルマンTは、袖をくしゅっとたくし上げてニュアンスを。ハイゲージのコットン素材で、肌ざわりも軽やか。

Tシャツ¥14,300/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) パンツ¥20,900/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカーフ¥17,600/マニプリ ネックレス¥12,100/ショールーム セッション(マリア ブラック) ブレスレット¥14,300/プルミエ アロンディスモン(フィリップオーディベール) バッグ¥36,300/ロンハーマン(カタルツィ1910) 靴¥38,500/SHOP Marisol (徳原文子×イル サンダロ オブ カプリ)



赤みブラウンのグラデコーデはスモーキートーンならまとまりよく

くすみ系モカT2

Tシャツはウォッシュをかけたスモーキーブラウンの色みが絶妙。ロールアップされた袖口は、気になる二の腕まわりをカバーしながら着こなしのアクセントにも。ブラウンがかったくすみピンクのタック入りパンツと合わせ、同系色ながらメリハリのきいたグラデーションコーデが完成。

Tシャツ¥15,950/アパルトモン 青山店(アール ジュビリー) パンツ¥24,200/アルアバイル 帽子¥11,000/メゾンドリリス バッグ¥107,800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥48,400/フラッパーズ(ネブローニ)



微光沢が美しいトリュフ色Tシャツ。リネンスカートで素材のコントラストを

※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます

スーピマコットンブレンドに、シルケット加工を施し繊細なツヤと適度なハリを出した一枚。リネンのイエロースカートや、肩がけしたリブニットのドライな質感と合わせることでしなやかさが引き立って。Tシャツは長めの着丈で、すそは前後差のあるラウンドデザイン。パンツにすそアウトして着てもスタイルよく決まる。

Tシャツ¥13,200/ショールームセッション(アダワス) ニット¥39,600・スカート¥39,600/イレーヴ バッグ¥11,000/リフト(ドリフター) 靴¥47,300/プルミエ アロンディスモン(ネブローニ)



ブラウン×カーキのアースカラーはシルエットの緩急をつけ、フェミニン足し

※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます

肩下までなだらかに覆ってくれるアームレットTシャツは、ノースリーブが苦手な人もトライしやすい。引き締め効果のあるブラウンカラーと、コットン×レーヨンの落ち感ある素材のおかげで上半身がすっきりと。ボリュームあるカーキのフレアスカートにインして、女っぷり高く。

Tシャツ¥9,350/カオス丸の内(カオス) スカート¥30,800(ハウント/ハウント代官山)・バッグ¥23,980(ノマディス/ハウント代官山)・靴¥11,000(ティーキーズ/ハウント代官山)/ゲストリスト ネックレス¥44,000/ショールーム セッション(マリハ)
【Marisol 6月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里

What's New

Read More

Feature

Ranking