ひんやり心地いい「冷やし美容」をはじめよう!

蒸し暑い今の季節はどうしてもスキンケアがおろそかになりがち。ひんやり心地いい「冷やし美容」なら、お手入れが面倒でなくなるばかりか、夏のエイジングケアにいいことずくめ。急場しのぎというよりは、積極的に「冷やす」ケア、始めたい!
ひんやり心地いい「冷やし美容」をはじめよう!_1_1

教えてくれたのは・・・


小林ひろ美さん
こばやし・ひろみ●美容家。美・ファイン研究所主宰。実践的な美ワザをメディアで伝授。大人の肌に効くと評判

●ダラけている血管に喝!うるおい「入れ上手」な肌に

「夏の肌は熱がこもりやすく、それが原因で微弱な炎症を起こしがち。その結果が毛穴の開きっぱなし、赤み、かゆみとなって表れるのです。微弱な炎症を起こした肌は、うるおいを保つ力が落ち、インナー乾燥状態に。加えて汗、皮脂が肌表面のpHバランスを乱し、ベタつく肌は〝ハエ取り紙〟状態。ホコリや汚れ、汚染物質を吸着してしまうので、肌荒れは加速。ゴワついたり、くすんだりします。
 汗、皮脂を出す一方で、うるおいを入れ込むのがうまくいかない〝入れベタ〟な夏肌に、突破口を開くのが冷やしコスメ。熱ごもりした肌を一時的に冷やすことで血流を正常に整え、微弱炎症を鎮静。その結果ターンオーバーが促進され、くすんでいた肌に透明感が生まれて、ゴワつき解消へ。また毛穴がキュッと引き締まるので、肌がなめらかになり、メイクのもちもアップします。
 なにより、冷やし美容は心地よく、うるおいやエイジングケア成分がしっかりと届き、〝入れベタ〟を返上。夏の間に肌落ちする〝夏老け〟も防止できます。メイク直しでも冷やし美容を取り入れれば、午後4時ごろの〝魔のくすみタイム〟に透明肌が復活します」

●冷やし美容にはこんなメリットが!

1)ダレて広がった毛穴がキュッと引き締まる

2)透明感が復活し、午後もお疲れ顔にならない

3)血流が促され、肌のハリ・弾力アップ


●教えてひろ美さん! 冷やし美容のウソとホント

Q:汗を止めたい! どこを冷やせばいいですか?

A:うなじやわきの下など太い血管の通り道を冷やして

キンキンの保冷剤は硬く、肌の曲線に沿いづらいので、少し溶けた状態で利用するのがベスト。朝のメイク前に毛穴を引き締めるなら、スキンケアを始める前に出しておきましょう。ガーゼハンカチなどでくるめば冷えすぎ、肌へのくっつきを防止できます。

Q:キンキンに冷えた保冷剤を当てても大丈夫?

A:前もって出しておき、柔らかめで使いましょう

キンキンの保冷剤は硬く、肌の曲線に沿いづらいので、少し溶けた状態で利用するのがベスト。朝のメイク前に毛穴を引き締めるなら、スキンケアを始める前に出しておきましょう。ガーゼハンカチなどでくるめば冷えすぎ、肌へのくっつきを防止できます。

Q:末端冷え性ですが顔を冷やしても大丈夫?

A:冷やし美容は短時間で行うのがコツ

顔に触れた時、ほてって熱いようなら、スキンケアやメイクの冷やし美容をやってみる価値あり。ただし冷やしすぎに注意。手足が冷えやすい人は10秒を目安に短めに切り上げて。冷やし美容は、めぐりに弾みをつけるのが目的。冷やした後ホットタオルを当てるなど、冷と温を繰り返すのもおすすめです。
ひんやり心地いい「冷やし美容」をはじめよう!_1_2
ひんやり心地いい「冷やし美容」をはじめよう!_1_4

What's New

Read More

Feature

Ranking