体をボディタオルで洗う人のための「正しい体の洗い方」

2017年5月12日
ボディタオルで洗うなら手の届かないところなど洗い残し防止にタオルを活用するのが、賢い選択!

☆教えてくれたのは・・・

●ミノン製品企画担当 鹿島 結さん
第一三共ヘルスケアの商品戦略部で、ミノンのボディケア、スキンケアの製品企画を担当。体の正しい洗い方を日夜研究
「皮脂の多い背中の中央など、なで洗いだと手が届きにくい部分にボディタオルは便利。なで洗いと併用するのもおすすめです。ボディタオルだと、ボディソープがしっかり泡立つので、ソープをそのまま体になすりつけるなどして不要な刺激を与えることもないですし、肘、膝、かかとなどの古い角質がたまりやすい部分もしっかり洗え、ゴマージュなどを使わなくてもツルツルの状態を保てます」(鹿島さん)

■大人はボディタオルをこう使え!

①タオルを旋回するとふわふわの泡立ちに
ぬらしたボディタオルにボディソープを取り出したら、タオルの端を持ち、こすり合わせるように円を描くとよく泡立つ
②洗いはじめは体の中央ゾーンから
泡立ったタオルを最初に置く部分は、汚れがよく取れるので、汗・皮脂の分泌が多い胸の中央、背中の中央から洗い始めて
③こすらず、タオルをすべらせて洗う
タオルの凹凸がサポートしてくれるので、こすらなくても不要な汚れが落ちる。乾燥しやすい部分は特に優しく
④肘やくるぶしまわりはやや摩擦をかけて
古い角質がたまりやすい部分はていねいに。ボディタオルで人さし指と中指をくるんで洗うと、骨のまわりもしっかり洗える

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords